Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この1枚シリーズ

『スティーヴン・スティルス&マナサス』往年のライブ 入手

もう随分前に注文していたスティーヴン・スティルス&マナサス(Stephen Stills & Manassas)の1973年のライブ盤が到着しました。注文したのも忘れていました。 マナサスについては以前にも書きました。1970年、スティルスはCSN&Y解散の後、ソロを経て…

この人の、この1枚 『ウォレント(Warrant)/Cherry Pie』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はウォレント(Warrant)です。成功したLAメタルバンドの一つです。 結成は1984年、ロサンゼルスと古く、メンバーチェンジが続き、1987年にようやくメンバーが固まりました。 エリック・ターナー(Erik …

この人の、この1枚 『ウィグワム(Wig Wam)/Wig Wamania』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はウィグワム(Wig Wam)です。 ウィグワムと言ってもあのフィンランドのプログレ・バンドとは違います。こちらはノルウェーのヘヴィメタ・バンドでした。 2001年の結成です。ノルウェーの国民的バンドです…

この人の、この1枚 『パンゲア(Pangea)/The First』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はパンゲア(Pangea)です。 これもCD棚奥深く眠っていたアルバムです。 パンゲアはデンマークのバンドですが、いわゆる北欧メタルとは明らかに違っています。ハードなロックンロールバンドです。 1983年…

この人の、この1枚 『ファントム(Phantom)/Cyberchrist』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はファントム(Phantom)です。 CD棚の奥深くから出て来ました。買った記憶もあまり定かではありません。 彼らについての詳しい内容もよくわかりませんが、解説によると1987年、ニューヨークでの結成です…

ザ・サベージから「ルビーの指環」へ 『寺尾 聡』

グループサウンズの時代、フォークロック的なバンドで人気を博したザ・サベージに寺尾 聡は在籍していました。 サベージはグループサウンズと言ってもカレッジ・ポップスのバンドのような感じでした。確かテレビ番組の「勝ち抜きエレキ合戦」で優勝したと思…

この人の、この1枚 『伊集加代/リヴィング・スキャット・エレガンス』

もう、随分と前になりますが、昔の映画音楽をまとめて聴きたくなり、随分とCDを探したのですが、新しい映画なども入っていたりして収録曲に満足できるようなものがありませんでした。 そういう中で伊集 加代という人のアルバムで『リヴィング・スキャット…

この人の、この1枚 『シャドウ・ギャラリー(Shadow Gallery)/Carved in Stone』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」は先に紹介した、マジェランと同じ「Magna Carta」レーベルからデビューしたアメリカン・プログレ・メタルバンド、シャドウ・ギャラリー(Shadow Gallery)です。 1984年、ペンシルベニア州で結成されまし…

この人の、この1枚 『小島麻由美/真夜中のパーティ』

もう、20年くらい前のことでしょうか。ディスク・ユニオンでレコード漁りをしていると、聴きなれない日本人の女性ヴォーカルが聞こえてきました。思わず、レコード探しの手を止めてしまいました。 その何とも言えないブルージーな、気だるい歌い方、そのく…

この人の、この1枚 『マジェラン(Magellan)/Impending Ascension』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はアメリカン・プログレ・メタルバンドのマジェラン(Magellan)です。 イングヴェイ・マルムスティーンなどを世に送り出したマイク・ヴァ―ニーが1989年に設立したプログレッシブ・ロック系のレーベル、「M…

聴き比べ『朝日のあたる家(The House of the Rising Sun)』

「朝日のあたる家」と言えば、私などは真っ先にアニマルズ(The Animals)の「The House of the Rising Sun」が頭に浮かびます。ヴォーカルのエリック・バードン(Eric Burdon)の迫力ある声が何とも言えません。その後、ボブ・ディラン(Bob Dylan)を聴くように…

この人の、この1枚 『プレイング・マンティス(Praying Mantis)/A Cry for the New World』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はNWOBHMを代表するバンド、プレイング・マンティス(Praying Mantis)です。 イギリスでは珍しく叙情派バンドで、本国よりもむしろ日本で人気が高かったと思います。 結成は1974年のロンドンでティノ・ト…

ボブ・ディラン(Bob Dylan)へのトリビュートは

最近トリビュートアルバムの記事を書く機会が多くなっていて、様々書いてきましたが、他に誰か忘れていないかな、と思っていたら肝心な人を忘れていることに気がつきました。随分古い話ですが、1992年にボブ・ディラン(Bob Dylan)のデビュー30周年を記…

この人の、この1枚 『ロイヤル・ハント(Royal Hunt)/Moving Target』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はまたしてもデンマークのバンド、ロイヤル・ハント(Royal Hunt)です。遅ればせながらの登場です。 このバンドはヘヴィメタでもネオクラシカルなバンドです。北欧のバンドの中でもお気に入りのバンドです。 …

イーグルス(Eagles) 7枚組は果たして?

イーグルス(Eagles)のTV/FM用のライヴ音源が一挙に7枚組CDボックスとして、2017年に発売されました。しばらく迷っていましたが買ってしまいました。 これらの音源はこれまでも単発で発売されていたものもあり、それらの評判は音質が悪いということで…

ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)『Irish Tour '74』完全盤 凄いぞ!

2014年、とんでもないニュースが私の元に飛び込んできました。ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)のあのライヴの名盤『Irish Tour '74』の完全盤が出るというのです。しかも7CD+1DVDです。迷わずゲットしました。このツアーが行われて40周年…

この人の、この1枚 『プリティ・メイズ(Pretty Maids)/Sin-Decade』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はデンマークを代表するHR/HMバンド、プリティ・メイズ(Pretty Maids)です。今頃になっての登場です。他のデンマークのバンドはいくつか書いていましたが、大御所のプリティ・メイズとロイヤル・ハントが…

レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)よ、永遠に!『One More For The Fans』

レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)のライヴアルバムの最高傑作と言われる『ワン・モア・フロム・ザ・ロード(One More from the Road)』が録音されたアトランタのフォックス・シアターの解体に反対するキャンペーンに多くのアーティストが結集しました…

この人の、この1枚 『D.A.D/No Fuel Left for the Pilgrims』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はD.A.Dです。以前は『Disneyland After Dark』と名乗っていましたが、ディズニーランドからクレームが付きD.A.Dに改名しました。 デンマークはコペンハーゲン出身のバンドです。デンマークと言えばロイヤル…

アリゲーター創立20周年コレクション(Alligator Records 20th Anniversary Collection)

今やブルースレーベルの老舗となたアリゲーター・レコード。設立は1971年ですから、ブルースのレーベルとしては新しい方です。しかし、その後チェスをはじめ多くの老舗ブルースレーベルが消滅していきました。その中で生き残っている数少ないレーベルの…

この人の、この1枚 『モントローズ(Montrose)/Paper Money』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はモントローズ(Montrose)です。 しかし、このモントローズがデビューした頃はまだヘヴィメタルなどという言葉はなかったはずです。まさにヘヴィメタの元祖とでもいうようなバンドです。 結成は1973年の…

この人の、この1枚 『ジャンクヤード(Junkyard)/Junkyard』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はジャンクヤード(Junkyard)です。 1987年、ロサンゼルスでの結成です。 メンバーは デヴィッド・ローチ(David Roach,vo) クリス・ゲイツ(Chris Gates,g) パトリック・ムジンゴ(Patric Muzingo,ds) クレ…

ニール・ヤング(Neil Young)に捧ぐ『Borrowed Tune』

カナダのミュージシャン達によるニール・ヤング(Neil Young)に捧げるアルバムが1994年にリリースされました。カナダの大先輩にあたるニールに対して敬意を表したものかもしれません。 当時、ほとんどが知らないミュージシャンでした。知っていたのは5組…

この人の、この1枚 『ロック・シティ・エンジェルス(Rock City Angels)/Young Man' Blues』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はロック・シティ・エンジェルス(Rock City Angels)です。 このバンドについては詳しいことはわかりません。昔、レコード漁りをしていた時にたまたま買った中の1枚だったと思います。 後で調べて分かったこ…

この人の、この1枚 『サージン(Surgin')/When Midnight Comes』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はサージン(Surgin')です。 若かりし頃のジョン・ボン・ジョヴィとレスト(The Rest)で一緒だったギタリストのジャック・ポンティが1984年にニュージャージーで結成したバンドです。 メンバーは ジャック…

この人の、この1枚 『デンジャラス・トイズ(Dangerous Toys)/Dangerous Toys』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はデンジャラス・トイズ(Dangerous Toys)です。 デンジャラス・トイズはテキサス州オースティンで1987年に結成されました。 ウォッチタワーにいたジェイソン・マクマスター(Jason McMaster,vo)が誘われて…

シェルビー・リン(Shelby Lynne)とアリソン・ムーラー(Allison Moorer)

先日ちょっと書いたように2017年にシェルビー・リン(Shelby Lynne)とアリソン・ムーラー(Allison Moorer)の姉妹による初のオフィシャル・アルバムがリリースされました。今日それを紹介します。大変な過去を背負った二人の素晴らしいアルバムです。 lyny…

この人の、この1枚 『トリクスター(Trixter)/Hear!』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はトリクスター(Trixter)です。 トリクスターは1983年、ニュージャージーでの結成です。 メンバーは入れ替わりがありましたが、ファーストアルバムが発表される1990年の時のメンバーは ピーター・ロ…

『キム・シモンズ(Kim Simmonds)/Struck By Lightning』入手

先日、久しぶりにサヴォイ・ブラウン(Savoy Brown)のアルバムを入手したことを書きましたが、調子に乗ってキム・シモンズ(Kim Simmonds)の2004年リリースの3枚目のソロアルバムを買ってしまいました。ソロアルバムを買うのも久しぶりです。 lynyrdburit…

この人の、この1枚 『シェルビー・リン(Shelby Lynne)/Just A lIttle Lovin'』

先日、アリソン・ムーラー(Allison Moorer)の記事を書いていて、ふと、そういえばアリソンのお姉さんの記事は書いたっけかな、と調べてみたら、案の定書いていませんでした。すっかり書いたつもりになっていました。完璧に認知症予備軍です。 ということで、…