Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この1枚シリーズ

『プロコル・ハルム(Procol Harum)』の最新作 入手

プロコル・ハルム(Procol Harum)のスタジオアルバムがなんと14年ぶりに発表されました。と、言っても2017年ですからそんなに新しくはありませんが、最近はなかなか新譜に手を出せないでいるので、これでも早い方です。プロコル・ハルムは1枚逃さず買…

この人の、この1枚 『ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)/炎の饗宴(Through the Fire)』

今日の「懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)です。 この1枚と言っても、この1枚しかありません。 その名の通り、 サミー・ヘイガー(Sammy Hager,vo) ニール・ショーン(Neal Schon,g) ケニー・ア…

この人の、この1枚 『シルヴァー・マウンテン(Silver Mountain)/Shakin' Brains』

「今日の懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はシルヴァー・マウンテン(Silver Mountain)です。 シルヴァー・マウンテンはスウェーデンのバンドです。結成は1978年でした。ヨナス・ハンソン(Jonas Hansson,g,vo)を中心に結成されました。ペア・スタ…

この人の、この1枚 『ライオン(Lion)/Trouble In Angel City』

今日の「懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はライオン(Lion)です。 ライオンは元タイタン(Tytan)のカル・スワン((Kal Swan,vo)とローン・スター(Lone Star)のトニー・スミス(Tony Smith,g)がアレックス・キャンベル(Alex Campbell,b)とスティーラー(St…

ビートルズのライバルだった?、デイヴ・クラーク・ファイヴ & 大スターの訃報

昨日のゾンビーズで思い出した、懐かしいバンドを。 「ビコーズ」の大ヒットで日本でも有名になった、ブリティッシュ・インヴェンションを代表するバンド、デイヴ・クラーク・ファイヴ(Dave Clark Five、以下DC5)はロンドン北部のトッテナムで1962年にデ…

まだやっていたのか!『ゾンビーズ(The Zombies)』

「懐メタ」をちょっとお休みして。 街中を歩いていると、どこからか聞き覚えのある曲が流れてきました。そうですゾンビーズ(The Zombies)の「ふたりのシーズン」です。これは懐かしい。高校生の頃、ラジオから毎日のように流れてきた曲です。 ふと、そういえ…

この人の、この1枚 『キング・コブラ(King Cobra)/Thrill Of A Lifetime』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ」、略して「懐メタ」はキング・コブラ(King Cobra)です。 キング・コブラはヴァニラ・ファッジ、カクタス、ベック・ボガード&アピスなど多くのハードロック・バンドで活躍したドラマー、カーマイン・アピスが1983…

この人の、この1枚 『スティーラー(Steeler)/Steeler』

「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ」(いつの間にかシリーズになっています)、今日はスティーラー(Steeler)です。 インギー(イングヴェイ・マルムスティーン:Yngwie Malmsteen,g)がアメリカに渡って、初めて参加したバンドがスティーラーでした。いわゆるスー…

この人の、この1枚 『ディオ(Dio)/Holy Diver』

懐かしのヘヴィメタ。今日はディオ(Dio)です。ディオはご存じレインボー(Rainbow)やブラック・サバス(Black Sabbath)のヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオ(Ronnie James Dio)が同じくブラック・サバスを辞めたヴィニー・アピス(Vinny Appice,ds)と…

この人の、この1枚 『ファストウェイ(Fastway)/Fastway』

またしても懐かしいヘヴィメタを書きたいと思います。ファストウェイ(Fastway)です。 ファストウェイは1983年、イングランドで結成されました。元モーターヘッド(Motorhead)のギタリスト、エディ・クラーク(" Fast " Eddie Clarke,g)と元UFOのピート・ウ…

この人の、この1枚 『ヴィクセン(Vixen)/Rev It Up』

久しぶりにヘヴィメタです。それもかなり昔のアルバムです。女性版ボン・ジョヴィといわれたヴィクセン(Vixen)です。ひょんなことから思い出しました。 ヴィクセンと言えば美人揃いの4人組です。音楽面よりもその容姿が話題にもなりました。 結成は古く19…

『ケブ・モ(Keb 'Mo')/The Reflection』入手

ディスク・ユニオンでレコード漁りをしていたら、なんと珍しや、ケブ・モ(Keb Mo)のCDを見つけました。それも格安です。こんなことは滅多にありません。即買いでした。ケブ・モの通算10枚目のスタジオアルバムになります。2011年のリリースでタイト…

『ケニー・ウェイン・シェファード(Kenny Wayne Shepherd)/Goin' Home』入手

ケニー・ウェイン・シェファード(Kenny Wayne Shepherd)の8枚目のアルバム『Goin' Home』を入手したので紹介します。 01.Palace of the King (feat:Rebirth Brass Band) 02.Everything Gonna Be Alright 03.I Love the Life I Live (feat:Joe Walsh / Kim W…

『ミーナ(Meena)』のサード・アルバムを入手

以前、デビューアルバムを紹介したオーストリア出身の女性ブルース・シンガーミーナ(Meena)のサード・アルバムをようやく入手しましたので紹介します。セカンド・アルバムは飛び越しました。サード・アルバムからは『Meena Cryle & The Chris Fillmore Band…

『デイヴ・ホール(Dave Hole)/Short Fuse Blues』入手

今まで何度か紹介してきたデイヴ・ホール(Dave Hole)のファースト・アルバムを格安で入手できたので紹介します。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com アルバムタイトルは『Short Fuse Blues』です。元…

『ロバート・クレイ(Robert Cray)/Some Rainy Morning』入手

以前紹介したロバート・クレイ(Robert Cray)の未購入だったアルバムを入手しましたので紹介します。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1995年のリリースで10枚目のアルバムになります。 タイトルは『Some Rainy Morning』です。 01.Moan 02.I'll Go On 03…

ジャズの香り、『ベン・シドラン(Ben Sidran)/I Lead A Life』

スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスとの交流で知られたベン・シドラン(Ben Sidran)です。 ベン・シドランは1943年、ウィスコンシン州のラシーンで育ちました。ウィスコンシン大学に進学し、スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスと知り合い、The …

『ケイティ・メルア(Katie Melua)/Pictures』入手

以前ファーストアルバムを紹介したジョージア出身のシンガーケイティ・メルア(Katie Melua)のサードアルバムをブックオフで格安にて入手しました。 lynyrdburitto.hatenablog.com アルバムタイトルは『Pictures』です。2007年のリリースです。 01.Mary P…

『バーシア(Basia) 』再び

ブックオフでCD漁りをしていたら、以前紹介したことのあるバーシア(Basia)の未入手のCDが例によって100円コーナーに出されていました。ジャケットを見て即買いでした。彼女のアルバムはすべて100円コーナーで手に入れました。余程日本でも売れたの…

ウェストコーストのそよ風『ダン・フォーゲルバーグ(Dan Fogelberg)/Souvenirs』

アメリカのシンガー・ソングライター 、ダン・フォーゲルバーグ(Dan Fogelberg)は1951年、イリノイ州ピオリアの出身で、両親は共に音楽家。小さい時から音楽に親しみ、クラシック・ピアノを習っていました。やがてポピュラー音楽にも興味を持ち、高校時…

この人の、この1枚 『ジミー・バフェット(Jimmy Buffett)/Changes in Latitudes, Changes in Attitudes』

日本ではあまり知られていませんが、本国アメリカではミュージシャンとしてだけではなく、ビジネスマン、俳優、作家としても有名なジミー・バフェット(Jimmy Buffett)です。 彼は1946年生まれのミシシッピ州パスカグーラ出身です。大学では歴史学を学び…

一発屋、ディック・セント・ニクラウス(Dick St.Nicklaus)の『マジック』

1979年か80年頃頃だったでしょうか。関西からある一人のシンガーの曲が売れ始めました。ラジオからは始終流れ始め、街中でも色々な店で聴かれるようになりました。確かにいい曲でした。AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)人気が盛り上がっている…

プレスリーに感謝!『トニー・ジョー・ホワイト(Tony Joe White)』

1970年、私が高校生の頃、エルヴィス・プレスリーの復活映画『エルヴィス・オン・ステージ』を観ました。 lynyrdburitto.hatenablog.com その映画の中でプレスリーが歌っていた「ポーク・サラダ・アニー」という曲が歌も振りもカッコよくて、魅入られて…

キング・クリムゾンの落し物『マクドナルド&ジャイルズ(McDonald & Giles)』

キング・クリムゾン(King Crimson)の創設メンバーだったマイケル・ジャイルズ(Michael Giles,ds)とイアン・マクドナルド(Ian McDonald,key)は世紀の傑作『クリムゾン・キングの宮殿(In the Court of the Crimson King)』を発表後、脱退を表明します。理由は…

この人の、この1枚 『ポーセット・ダート・バンド(Pousette-Dart Band)/3』

ポーセット・ダート・バンド(Pousette-Dart Band、以下PDB)はアメリカのフォークロック・バンドです。 1973年の結成で、ジョン・ポーセット・ダート(Jon Pousette-Dart,g,vo)、ジョン・トロイ(John Troy,b,vo)、ジョン・カーティス(John Curtis,g,mandol…

この人の、この1枚 『ローワン・ブラザース(Rowan Brothers)/ Rowan Brothers』

ローワン・ブラザース(Rowan Brothers)はクリスとロリンの兄弟が1970年代 の初め頃にサンフランシスコでデュオとして活動を始めたのがスタートでした。その頃グレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアに認められ、デッドのライブに出演させてもらいデビ…

この人の、この1枚 『オージー・メイヤーズ(Augie Meyers)/ You Ain't Rollin' Your Roll Rite』

ダグ・サム(Doug Sahm)の盟友、オージー・メイヤーズ(Augie Meyers)です。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1940年、テキサス州サンアントニオ生まれのオージーは、祖父母に育てられピアノを習わされました。1950年代には地元のバンドに加わり、ダグ・…

この人の、この1枚 『スワンプウォーター(Swampwater)/ Swampwater』

リンダ・ロンシュタッド(Lind Ronstadt)がストーン・ポニーズ(Stone Poneys)から独立し、ソロになって最初に付いたバックバンドがスワンプウォーター(Swampwater)でした。 その時のメンバーは ギブ・ギルボー(Gib Guilbeau,vo,g,fiddle) ジョン・べランド(Jo…

イギリスのボブ・ディラン『ドノヴァン(Donovan)/メロー・イエロー(Mellow Yellow)』

イギリスのボブ・ディランと呼ばれた男、ドノヴァン(Donovan)は1946年、スコットランドのグラスゴー出身です。 イギリスのフォークソングを愛する両親の影響で14歳からギターを始め、その後旅行をしながら友人のジプシー・デイヴと歌い始めました。 1…

葡萄から極上ワインへ『Fine Wine』

サンフランシスコの最高峰バンド、モビー・グレイプ(Moby Grape)が1969年に解散してから7年後、嬉しいニュースが入ってきました。 lynyrdburitto.hatenablog.com モビー・グレイプの中心メンバー、ジェリー・ミラー(Jerry Miller,g,vo)とボブ・モズレー…