Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ロック

『プロコル・ハルム(Procol Harum)』の最新作 入手

プロコル・ハルム(Procol Harum)のスタジオアルバムがなんと14年ぶりに発表されました。と、言っても2017年ですからそんなに新しくはありませんが、最近はなかなか新譜に手を出せないでいるので、これでも早い方です。プロコル・ハルムは1枚逃さず買…

この人の、この1枚 『ヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)/炎の饗宴(Through the Fire)』

今日の「懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はヘイガー、ショーン、アーロンソン、シュリーヴ(HSAS)です。 この1枚と言っても、この1枚しかありません。 その名の通り、 サミー・ヘイガー(Sammy Hager,vo) ニール・ショーン(Neal Schon,g) ケニー・ア…

この人の、この1枚 『シルヴァー・マウンテン(Silver Mountain)/Shakin' Brains』

「今日の懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はシルヴァー・マウンテン(Silver Mountain)です。 シルヴァー・マウンテンはスウェーデンのバンドです。結成は1978年でした。ヨナス・ハンソン(Jonas Hansson,g,vo)を中心に結成されました。ペア・スタ…

この人の、この1枚 『ライオン(Lion)/Trouble In Angel City』

今日の「懐かしのヘヴィメタ(懐メタ)・シリーズ」はライオン(Lion)です。 ライオンは元タイタン(Tytan)のカル・スワン((Kal Swan,vo)とローン・スター(Lone Star)のトニー・スミス(Tony Smith,g)がアレックス・キャンベル(Alex Campbell,b)とスティーラー(St…

ビートルズのライバルだった?、デイヴ・クラーク・ファイヴ & 大スターの訃報

昨日のゾンビーズで思い出した、懐かしいバンドを。 「ビコーズ」の大ヒットで日本でも有名になった、ブリティッシュ・インヴェンションを代表するバンド、デイヴ・クラーク・ファイヴ(Dave Clark Five、以下DC5)はロンドン北部のトッテナムで1962年にデ…

まだやっていたのか!『ゾンビーズ(The Zombies)』

「懐メタ」をちょっとお休みして。 街中を歩いていると、どこからか聞き覚えのある曲が流れてきました。そうですゾンビーズ(The Zombies)の「ふたりのシーズン」です。これは懐かしい。高校生の頃、ラジオから毎日のように流れてきた曲です。 ふと、そういえ…

この人の、この1枚 『キング・コブラ(King Cobra)/Thrill Of A Lifetime』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ」、略して「懐メタ」はキング・コブラ(King Cobra)です。 キング・コブラはヴァニラ・ファッジ、カクタス、ベック・ボガード&アピスなど多くのハードロック・バンドで活躍したドラマー、カーマイン・アピスが1983…

この人の、この1枚 『スティーラー(Steeler)/Steeler』

「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ」(いつの間にかシリーズになっています)、今日はスティーラー(Steeler)です。 インギー(イングヴェイ・マルムスティーン:Yngwie Malmsteen,g)がアメリカに渡って、初めて参加したバンドがスティーラーでした。いわゆるスー…

この人の、この1枚 『ディオ(Dio)/Holy Diver』

懐かしのヘヴィメタ。今日はディオ(Dio)です。ディオはご存じレインボー(Rainbow)やブラック・サバス(Black Sabbath)のヴォーカリスト、ロニー・ジェイムス・ディオ(Ronnie James Dio)が同じくブラック・サバスを辞めたヴィニー・アピス(Vinny Appice,ds)と…

この人の、この1枚 『ファストウェイ(Fastway)/Fastway』

またしても懐かしいヘヴィメタを書きたいと思います。ファストウェイ(Fastway)です。 ファストウェイは1983年、イングランドで結成されました。元モーターヘッド(Motorhead)のギタリスト、エディ・クラーク(" Fast " Eddie Clarke,g)と元UFOのピート・ウ…

この人の、この1枚 『ヴィクセン(Vixen)/Rev It Up』

久しぶりにヘヴィメタです。それもかなり昔のアルバムです。女性版ボン・ジョヴィといわれたヴィクセン(Vixen)です。ひょんなことから思い出しました。 ヴィクセンと言えば美人揃いの4人組です。音楽面よりもその容姿が話題にもなりました。 結成は古く19…

『ケブ・モ(Keb 'Mo')/The Reflection』入手

ディスク・ユニオンでレコード漁りをしていたら、なんと珍しや、ケブ・モ(Keb Mo)のCDを見つけました。それも格安です。こんなことは滅多にありません。即買いでした。ケブ・モの通算10枚目のスタジオアルバムになります。2011年のリリースでタイト…

『ケニー・ウェイン・シェファード(Kenny Wayne Shepherd)/Goin' Home』入手

ケニー・ウェイン・シェファード(Kenny Wayne Shepherd)の8枚目のアルバム『Goin' Home』を入手したので紹介します。 01.Palace of the King (feat:Rebirth Brass Band) 02.Everything Gonna Be Alright 03.I Love the Life I Live (feat:Joe Walsh / Kim W…

『ミーナ(Meena)』のサード・アルバムを入手

以前、デビューアルバムを紹介したオーストリア出身の女性ブルース・シンガーミーナ(Meena)のサード・アルバムをようやく入手しましたので紹介します。セカンド・アルバムは飛び越しました。サード・アルバムからは『Meena Cryle & The Chris Fillmore Band…

『デイヴ・ホール(Dave Hole)/Short Fuse Blues』入手

今まで何度か紹介してきたデイヴ・ホール(Dave Hole)のファースト・アルバムを格安で入手できたので紹介します。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com アルバムタイトルは『Short Fuse Blues』です。元…

『ロバート・クレイ(Robert Cray)/Some Rainy Morning』入手

以前紹介したロバート・クレイ(Robert Cray)の未購入だったアルバムを入手しましたので紹介します。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1995年のリリースで10枚目のアルバムになります。 タイトルは『Some Rainy Morning』です。 01.Moan 02.I'll Go On 03…

サンディ・デニー(Sandy Denny)とフォザリンゲイ(Fotheringay)

新しい時代の幕開けです。「令和」時代の最初の記事は、これまた敬愛するサンディ・デニーを取り上げます。彼女については以前にも書いていますが、今日は別な一面を見てみたいと思います。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1969年、フェアポート・コンヴ…

S.ウィンウッド(Steve Winwood)とE.クラプトン(Eric Clapton)

平成最後の記事は敬愛するスティーヴ・ウィンウッドとエリック・クラプトンしましょう。彼らについてはこれまでにも何度か記事にしています。その彼らの接点について書いてみたいと思います。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com ly…

ジャズの香り、『ベン・シドラン(Ben Sidran)/I Lead A Life』

スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスとの交流で知られたベン・シドラン(Ben Sidran)です。 ベン・シドランは1943年、ウィスコンシン州のラシーンで育ちました。ウィスコンシン大学に進学し、スティーヴ・ミラーやボズ・スキャッグスと知り合い、The …

『ケイティ・メルア(Katie Melua)/Pictures』入手

以前ファーストアルバムを紹介したジョージア出身のシンガーケイティ・メルア(Katie Melua)のサードアルバムをブックオフで格安にて入手しました。 lynyrdburitto.hatenablog.com アルバムタイトルは『Pictures』です。2007年のリリースです。 01.Mary P…

プロコル・ハルムを背負い続けた男『ゲイリー・ブルッカー(Gary Brooker)』

ロビン・トロワー、マシュー・フィッシャーと書いてきて、肝心なリーダーであるゲイリー・ブルッカー(Gary Brooker)のことを書いていませんでした。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com プロコル・ハルムの前身であるパラマウンツ(t…

「青い影」からの旅立ち~『マシュー・フィッシャー(Matthew Fisher)』

プロコル・ハルムの「青い影」が大ヒットしてから、約3年後、プロコル・ハルムのサードアルバム『A Salty Dog』をリリース後にオルガニストのマシュー・フィッシャー(Matthew Fisher)はバンドを去ります。ファーストアルバム『Procol Harum』の「青い影」の…

ウェストコーストのそよ風『ダン・フォーゲルバーグ(Dan Fogelberg)/Souvenirs』

アメリカのシンガー・ソングライター 、ダン・フォーゲルバーグ(Dan Fogelberg)は1951年、イリノイ州ピオリアの出身で、両親は共に音楽家。小さい時から音楽に親しみ、クラシック・ピアノを習っていました。やがてポピュラー音楽にも興味を持ち、高校時…

この人の、この1枚 『カーラ・ボノフ(Karla Bonoff)/Karla Bonoff』

アメリカ西海岸の女性シンガー・ソングライター、カーラ・ボノフ(Karla Bonoff)は1951年、南カリフォルニアサンタモニカで生まれました。両親ともユダヤ人で、小さい頃から音楽に親しんでいました。 1968年頃、当時ストーン・ポニーズで活躍していた…

『クリムゾン・タイド(Crimson Tide)』ってなんだっけ?

例によってレコード棚を物色していたらクリムゾン・タイド(Crimson Tide)なるバンドのレコードが2枚出て来ました。 はて、これはなんだっけ?と、いろいろ思い出してみましたが、買った経緯も良く思い出せません。年代は1978年と1979年です。 中身…

この人の、この1枚 『ジミー・バフェット(Jimmy Buffett)/Changes in Latitudes, Changes in Attitudes』

日本ではあまり知られていませんが、本国アメリカではミュージシャンとしてだけではなく、ビジネスマン、俳優、作家としても有名なジミー・バフェット(Jimmy Buffett)です。 彼は1946年生まれのミシシッピ州パスカグーラ出身です。大学では歴史学を学び…

一発屋、ディック・セント・ニクラウス(Dick St.Nicklaus)の『マジック』

1979年か80年頃頃だったでしょうか。関西からある一人のシンガーの曲が売れ始めました。ラジオからは始終流れ始め、街中でも色々な店で聴かれるようになりました。確かにいい曲でした。AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)人気が盛り上がっている…

溢れる愛『ニコレット・ラーソン(Nicolette Larson)』

多くのミュージシャンに愛されながらも、1997年、45歳の若さで亡くなったニコレット・ラーソン(Nicolette Larson)。誰もが彼女の死を悼みました。 ニコレットは1952年、モンタナ州ヘレナで生まれ、カンザスシティで育ちました。1975年頃から歌…

プレスリーに感謝!『トニー・ジョー・ホワイト(Tony Joe White)』

1970年、私が高校生の頃、エルヴィス・プレスリーの復活映画『エルヴィス・オン・ステージ』を観ました。 lynyrdburitto.hatenablog.com その映画の中でプレスリーが歌っていた「ポーク・サラダ・アニー」という曲が歌も振りもカッコよくて、魅入られて…

映画『フェスティバル・エクスプレス』を観る

昨日のキネ旬シアターは『フェスティバル・エクスプレス』でした。 フェスティバル・エクスプレス [Blu-ray] 出版社/メーカー: キングレコード 発売日: 2017/02/08 メディア: Blu-ray この商品を含むブログを見る 監督:ボブ・スミートン 出演者:下記 制作…