Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ロック

不幸に見舞われたバンド 『バッドフィンガー(Badfinger)/ No Dice』

どうにも不運、不幸が付きまとうバンド、バッドフィンガー(Badfinger)です。 バッドフィンガーの前身、アイヴィーズ(The Iveys)は1961年の結成で当時のバンド名はパンサーズ (The Panthers)でした。1968年にバンド名をアイヴィーズに変更して活動中…

『ピーター・グリーン(Peter Green)』に捧ぐ! ②

昨日に引き続きピーター・グリーンのトリビュート・アルバムのDisk 2を紹介します。 DISK 2 01. Oh Well - Billy Sheehan 02. Rattlesnake Shake - Vince Converse / Innes Sibun 03. Fleetwood Mac - Larry Mitchell / Stuart Hamm / Jonathan Mover 04. Wa…

『ピーター・グリーン(Peter Green)』に捧ぐ! ①

1960年代、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)でエリック・クラプトン脱退後のギタリストとしてクラプトンと並ぶほどの評価を得、さらにブルースロックバンド、フリートウッド・マック(Freetwood Mac)の創…

『ジョン・シポリナ(John Cipollina)』のその後は?

その後は?、といっても何のその後なのでしょう。 一応、クイックシルバー・メッセンジャー・サービス(Quicksilver Messenger Service)(以下QMS)のリードギタリスト、ジョン・シポリナ(John Cipollina)がQMSを辞めた後どうなったのでしょうというこ…

この人の、この1枚 『ミック・クラーク(Mick Clarke)/New Mountain』

ミック・クラーク(Mick Clarke)は1960年代後半に話題になったブリティッシュ・ブルースロックバンド、『キリング・フラワー(Killing Floor)』のリードギタリストでした。 キリング・フラワーは2枚のアルバムを発表しますが、一部での評判を除き商業的に…

覆面バンドの正体は?『トラヴェリング・ウィルベリーズ(Travering Wilburys)』

1988年に5人の男たちによって結成されたバンド、それが『トラヴェリング・ウィルベリーズ(Travering Wilburys)』です。 ウィルベリー兄弟ということで、実名は伏せ、サングラス着用でというコンセプトで結成されました。しかしその正体はすぐに判明しま…

この人の、この1枚 『ウォズ(ノット・ウォズ)/Was (Not Was)』

ウォズ(ノット・ウォズ)『Was (Not Was)』という奇妙な名前がついたバンドは1980年代初めから1990年代初めにかけて活躍したバンドです。 ファーストアルバムリリース時のメンバーは デヴィッド・ウォズ(David Was,vo, alto saxophone, piano) ドン・…

この人の、この1枚 『ケイティ・メルア(Katie Melua)/Call Off The Search』

ジョージア(グルジア)出身でイギリスのシンガーソングライター、ケイティ・メルア(Katie Melua)です。 一度聴いたら、虜になること請け合いです。それほど素晴らしいシンガーです。ロックともフォークともジャズともジャンル分けが出来ません。顔も好きで…

この人の、この1枚 『インディゴ・ガールズ(Indigo Girls)/Nomads Indians Saints』

インディゴ・ガールズ(Indigo Girls)はアメリカのフォークロック・デュオグループです。 1964年生まれのエイミー・レイ(Amy Ray,vo,g)と1963年生まれのエミリー・サリアーズ(Emily Saliers,vo,g)はジョージア州の同じ小学校に通っていました。学年が…

この人の、この1枚 『リッキー・リー・ジョーンズ(Rickie Lee Jones)/浪漫』

リッキー・リー・ジョーンズ(Rickie Lee Jones)のこの1枚と言っても、実はこのデビューアルバム『浪漫(Rickie Lee Jones)』しか持っていません。 しかも、私がリッキー・リー・ジョーンズを聴き出したのは、このアルバムが発表されてから随分と経ってからだ…

この人の、この1枚 『グロリア・エステファン(Gloria Estefan)/ミ・ティエラ~遥かなる灼熱(Mi Tierra』

キューバ出身のアメリカ人シンガー・ソングライター、グロリア・エステファン(Gloria Estefan)です。 グロリアは1957年、キューバのハバナで生まれました。父親はかつての大統領バティスタのボディーガード務めるなど優秀な軍人でしたが、キューバ革命で…

この人の、この1枚 『ミッシェル・ショックト(Michelle Shocked)/Captain Swing』

ミッシェル・ショックト(Michelle Shocked)はアメリカのシンガー・ソングライターです。 1962年テキサス州ダラスの生まれで、8人兄弟の長女です。実の母親と義理の父親に育てられました。両親は熱心なモルモン教徒でテレビも見せず、レコードも聴かせま…

この人の、この1枚 『ティフト・メリット(Tift Merritt)/Tambourine』

ティフト・メリット(Tift Merritt)はアメリカのシンガー・ソングライターです。 1975年、テキサス州ヒューストンの生まれです。生まれて間もなくノースカロライナ州に移りました。若い頃にフォークミュージックに親しんだ父親の影響で小さい頃から音楽に…

この人の、この1枚 『トリーシャ・イヤウッド(Trisha Yearwood)/Trisha Yearwood』

メアリー・チェイピン・カーペンターと並んで、アメリカを代表する歌手になったトリーシャ・イヤウッド(Trisha Yearwood)のファーストアルバムをあえて取り上げます。 トリーシャは1964年にアメリカのジョージア州モンティセロで生まれました。父親は銀…

この人の、この1枚 『メアリー・チェイピン・カーペンター(Mary Chapin Carpenter)/Come On Come On』

今や国民的歌手にまで上り詰めたメアリー・チェイピン・カーペンター(Mary-Chapin Carpenter)はアメリカのシンガー・ソングライターです。 メアリーは1958年、ニュージャージー州プリンストンの生まれです。父親は『LIFE』誌のパブリッシング・エグゼク…

幻の名盤!『ヴァシティ・バニヤン(Vashti Bunyan)/Just Another Diamond Day』

1970年、ヴァシティ・バニヤン(Vashti Bunyan)が残したたった1枚のレコードは、その後ヴァシティ・バニヤンが音楽界から姿を消したこともあって、またプレス数の少なさもあって、後に”幻の名盤”と騒がれ、30万円とも40万ともいわれるほどの値がつき…

この人の、この1枚 『ジョーン・オズボーン(Joan Osborne)/Relish』

ジョーン・オズボーン(Joan Osborne)はアメリカの女性シンガー・ソングライターです。1962年にケンタッキー州アンカレッジで生まれました。 元々は映画業界志望で、ニューヨークの映画学校に進みました。しかし、生活は苦しくアルバイトに明け暮れてい…

この人の、この1枚 『ディアナ・カーター(Deana Carter)/Did I Shave My Legs for This?』

アメリカのカントリー系シンガー・ソングライター、ディアナ・カーター(Deana Carter)です。 デイアナ・カーターは1966年にテネシー州ナッシュビルで生まれました。父親は有名なスタジオミュージシャンでギタリストのフレッド・カーター・ジュニアです。…

この人の、この1枚 『マリア・マッキー(Maria McKee)/永遠の罪(You Gotta Sin to Get Saved)』

アメリカの女性シンガー・ソングライターのマリア・マッキー(Maria McKee)は1964年にロサンゼルスで生まれました。 兄はあのラヴ(Love)のギタリストだったブライアン・マクリーン(Bryan MacLean)です。ただ、年は17歳も離れていました。 1983年に…

『ヴィクトリアのために(Sweet Relief : A Benefit for Victoria Williams)』

ヴィクトリア・ウィリアムス(Victoria Williams)は1958年生まれでアメリカ・ルイジアナ州出身のシンガー・ソングライターです。 1986年にはシンガー・ソングライターのピーター・ケースと結婚し(その後離婚)、1987年にはファーストソロアルバ…

この人の、この1枚 『ルシンダ・ウィリアムス(Lucinda Williams)/Car Wheels on a Gravel Road』

ルシンダ・ウィリアムス(Lucinda Williams)は1953年、ルイジアナ生まれのシンガー・ソングライターです。カントリー、フォーク、ブルースと幅広い音楽性を持ちます。 彼女の父親は文学教授で詩人のミラー・ウィリアムスです。母親はピアニストでした。小…

この人の、この1枚 『ブラック・クロウズ(Black Crowes)/サザン・ハーモニー(The Southern Harmony and Musical Companion)』

ブラック・クロウズ(Black Crowes)は1989年ジョージア州アトランタで結成されました。それ以前にクリス・ロビンソン(Chris Robinson,vo,harp,perc)とリッチ・ロビンソン(Rich Robinson,g)はミスター・クロウズ・ガーデンというバンドを作っていました。…

不思議な魅力『ジョー・ヘンリー(Joe Henry)』

手元にジョー・ヘンリー(Joe Henry)のアルバムが6枚ほどあります。彼が発表しているアルバムは15枚ですから半分にも満たないので大層なことは言えませんが、それでも十分に楽しめます。 彼の音楽は蟻地獄のようなもので、一度嵌まるとなかなか抜け出せま…

この人の、この1枚 『ブルー・ロデオ(Blue Rode)/カジノ(Casino)』

ブルー・ロデオ(Blue Rode)はカナダ出身のカントリーロックバンドです。カナダでは絶大なる人気を誇り、その後はアメリカを基盤に活躍中のバンドです。 バンドの結成は1984年でした。場所はカナダトロントです。メンバーは ジム・カディ(Jim Cuddy,g,vo)…

オルタナカントリー 『ブルー・マウンテン(Blue Mountain)』

ブルー・マウンテン(Blue Mountain)の結成は1993年ですが、バンドの前身はミシシッピ州のオックスフォードでケリー・ハドソン(Cary Hudson,g,vo)、ローリー・スティラット(Laurie Stirrutt,b,vo)、ジョン・スティラットが組んだバンド、ヒルトップスが始…

ジェイコブ・ディラン(Jakob Dylan) と『ウォールフラワーズ(The Wallflowers)』

ボブ・ディランと妻サラ・ラウンズの息子、それがジェイコブ・ディラン(Jakob Dylan)です。 昔、ボブ・ディランの5枚目のアルバム『Bringing It All Back Home』のジャケットの後ろの方でタバコを吸っているのがサラ・ラウンズだという話が流れましたが、ど…

『ウィスキータウン(Whiskeytown)』とライアン・アダムス(Ryan Adams)、ケイトリン・キャリー(Caitlin Cary)

カントリーロックにしろ、その後のオルタナティヴ・カントリーにしろ日本ではほとんど人気のないジャンルです。それでもカントリーはアメリカでは脈々と受け継がれて来ています。 1960年代のバーズ、フライング・バリット・ブラザースの立役者グラム・パ…

’60年代・夜明け前『Sixties Transition』

このCDはまさにカントリーロック、フォークロックが盛り上がる直前の時期にレコーディングされた曲を集めたものです。 ジム・ディクソン(Jim Dickson)というプロデューサーが発掘した様々なミュージシャンの初期のレコーディング集です。もちろんプロデュ…

サンフランシスコ・サウンドのすべて『All S.F. Rocks Groups』

またまた変なCDが出て来ました。『All S.F. Rocks Groups』といいます。発売は1989年だったらしいです。おまけに日本盤まで出ていました。 1.Got My Mojo Working - Quicksilver Messenger Service 2.The Fool - Quicksilver Messenger Service 3.Kans…

『Three Nights At Beacon』サンタナ、S.ミラー、シカゴ

CD棚整理でまたまた変なものが出て来ました。おそらくプライベート盤だと思います。1975年の4月11、12、13日のビーコン・シアターでの3グループのライブ盤です。 とにかくCD時代になって、これまでの未発表の音源が続々と正規盤、プライベー…