Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ロック

エリック・サーディナス(Eric Sardinas) 3枚購入

先日紹介したエリック・サーディナス(Eric Sardinas)のCDをまとめて3枚、安価で購入することが出来ました。ラッキーでした。 lynyrdburitto.hatenablog.com 今回購入したのはセカンド、サード、4thアルバムです。 まずはセカンドアルバム、『Devil's T…

『ジェフ・ヒーリー(Jeff Healey)』のライブ・アルバムを入手

今は亡き盲目のブルースギタリスト、『ジェフ・ヒーリー(Jeff Healey)』のライブ・アルバムを入手しましたので紹介します。 ジェフ・ヒーリーについては以前にも紹介していますので参考までに以前の記事を載せておきます。 lynyrdburitto.hatenablog.com ラ…

ケニー・ウェイン・シェパード(Kenny Wayne Shepherd)の新譜入手

ケニー・ウェイン・シェパード(Kenny Wayne Shepherd)の新譜を入手しました。新譜と言っても昨年の8月ごろのリリースですからちょっと経っています。 最近は発売と同時に買うなんていう芸当は出来なくなりましたね。これも欲しかったのですがなかなか手が出…

ケブ・モ(Keb' Mo' )を2枚ゲット

『ケブ・モ(Keb' Mo' )』のアルバムを始めて、それも2枚同時に入手しました。 ケブ・モはアメリカのブルース・ミュージシャンです。ジャファーソン・エアプレインやホット・ツナで活躍した黒人のバイオリニスト、パパ・ジョン・クリーチと知り合ったことか…

デイヴ・ホール(Dave Hole) 2枚ゲット

以前に何度か紹介したブルースマン、『デイヴ・ホール(Dave Hole)』のCDを2枚まとめてゲットしました。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com まず1枚目は『Ticket to Chicago』です。 01.Out of Here 02.You're Too Young 03.Pho…

エリック・サーディナス(Eric Sardinas)を聴く

今頃なんだと思われるでしょうが、『エリック・サーディナス(Eric Sardinas)』のデビューアルバムを入手しました。前から気にはなっていたのですが、機会が無く延び延びになっていましたが、最近偶然入手することが出来ました。 1999年のアルバム『トリ…

エイミー・マン(Aimee Mann)の『マグノリア(Magnolia)』に癒されて

『エイミー・マン(Aimee Mann)』を初めて知ったのは、彼女がソロになっての最初のアルバム『Whatever』を何気なく買って聴いた時です。 何とも心地よい気分に浸れた憶えがありました。このアルバムが発売されたのが1993年ですから、おそらく1995年頃…

まったり聴ける『クラウデッド・ハウス(Crowded House)』

これを聴くとゆったりとした気分になれるというミュージシャンがいます。この『クラウデッド・ハウス(Crowded House)』もそんなバンドの一つです。気に入っています。 クラウデッド・ハウスはニュージーランド人のニール・フィンがスピリット・エンズ(Spilit…

忘れていた1枚 『マグノリア・エレクトリック・カンパニ―(Magnolia Electric Co. )』

例のごとく我が家のCD棚を探していると、『マグノリア・エレクトリック・カンパニ―(Magnolia Electric Co. )』というバンド名のCDが出て来ました。はて?一瞬悩みました。いつ買ったのだろうかと。 タイトルは『What Comes After the Blues』です。まあとり…

この人の、この1枚 『ジーン(Gene)/オリンピア(Olympian) 』

ブリットポップのブームの最中に現れたバンド、『ジーン(Gene)』です。このバンドのデビューアルバム『オリンピア(Olympian)』は中古レコード屋さんでも廉価版の代表選手のように放出されています。まあそれだけ日本でも売れたという事なのでしょう。100…

爽やかポップ・ロック『ザ・レンブランツ(The Rembrandts)』

たまには爽やかなポップスを聴きたくなることがあります。そういう時にふと手が出るのが『ザ・レンブランツ(The Rembrandts)』です。ビートルズを思わせるメロディーまで聴かせます。 レンブランツはダニーワイルド(Danny Wilde,vo,ag,key,b)とフィル・ソレ…

『ブラック・カントリー(Black Country Communion)』2枚Get!

昨日に引き続き、以前の記事で紹介しました『ブラック・カントリー(Black Country Communion)』のアルバムを格安で2枚入手できました。ラッキーです。 lynyrdburitto.hatenablog.com まず1枚目は『2』です。タイトル通り彼らのセカンドアルバムです。20…

『チキンフット(Chickenfoot)』セカンドをゲット

なかなか入手できなかった『チキンフット(Chickenfoot)』のセカンドアルバムをようやくゲットしました。それもオークションでの格安落札でした。しかも新品未開封。ラッキーでした。といっても随分前のことですが、書くのを忘れていました。 ファーストにつ…

セシル・テイラー(Cecil Taylor)逝く & 『オール・エンズ(All Ends)』すっかり忘れてた

フリージャズ界の巨星セシル・テイラーが4月5日に亡くなっていたことが今朝の新聞で報道されました。89歳でした。 オーネット・コールマンやアルバート・アイラ―、エリック・ドルフィー、ジョン・コルトレーンなどと並んでフリージャズ界を牽引してきた…

この人の、この1枚 『プライマル・スクリーム(Primal Scream)/Give Out But Don't Give Up』

はっきり言って、『プライマル・スクリーム(Primal Scream)』のことはよくわかりません。それでもこの『Give Out But Don't Give Up』と『Riot City Blues』は好きです。といっても手元にはこの2枚しかありませんが。 このバンドは1982年の結成ですから…

この人の、この1枚 『ザ・カルト(The Cult)/セレモニー(Ceremony)』

この1枚と言っても、このバンドのアルバムは2枚しか持っていません。私の場合、通常はレコードなりCDを買って気に入ったら、そのアーティストのアルバムを遡って聴いていくのですが、このイギリス出身の『ザ・カルト(The Cult)』に限っては最初に買ったア…

『フィルモア(Fillmore)』のライブアルバム その2

てっきり1回で終わると思った記事でしたが、そう簡単にはいきませんでした。 ということで前回の続きを書きます。 『ライブ/デッド』グレイトフル・デッド 2枚組 この中の3曲が1969年のフィルモア・ウエストでの録音。名曲「Death Don't Have No Mer…

『フィルモア(Fillmore)』のライブアルバム

ロックミュージックのみならずジャズでもクラシックでもライブアルバム、昔でいうとところの実況録音盤というのは欠かせないものですが、ロックのライブアルバムに限ると、ライブ会場として数多く録音されているのが『フィルモア』だと思います。 ということ…

ライブハウスの殿堂 『フィルモア(Fillmore)』の歴史

1960年代後半からのロック・ミュージックの隆盛に『フィルモア(Fillmore)』というライブハウスが大きく貢献したのは疑う余地のないところでしょう。 その『フィルモア』を開店したのはビル・グラハムという男でした。ビルは1931年、ドイツ生まれのユ…

この人の、この1枚 『エアロスミス(Aerosmith)/ホンキン・オン・ボーボゥ(Honkin' on Bobo) 』

今日取り上げるこの1枚は『エアロスミス(Aerosmith)/ホンキン・オン・ボーボゥ(Honkin' on Bobo) 』です。 初版はハーモニカ付きCDでした。2004年、ライブまで含めると通算18枚目のアルバムとなります。 よりによって何で?という声が聞こえて来そ…

シンフォニック・メタル 『ラナ・レーン(Lana Lane)/バラード・コレクション(Ballad Collection)』

アメリカのプログレッシヴ・メタルの女性ヴォーカリスト『ラナ・レーン(Lana Lane)』です。プログレメタルというよりもシンフォニック・ロックとハードロックを織り交ぜた音楽で日本でも人気を得たシンガーです。 1995年に後に夫となるエリク・ノーラン…

アメリカ産メロハー『ディパーチャー(Departure)』

アメリカ東海岸の産業ロックバンドというかメロディアス・ハードロックバンド、『ディパーチャー(Departure)』です。バンド名もメンバー全員がジャーニーのファンということもあってジャーニーの大ヒットアルバムのタイトルにちなんで付けられた、いわばジャ…

ジャーニーから『バッド・イングリッシュ(Bad English)』へ

以前、『ハードライン(Hardline)』のことを書きましたが、肝心なその前身の『バッド・イングリッシュ(Bad English)』のことは書いていないことに気が付きました。遅ればせながらちょっとだけ書いてみたいと思います。 lynyrdburitto.hatenablog.com 『バッド…

フィンランド・メタル 『シナジー(Sinergy)』

フィンランドのヘヴィメタル・バンド『シナジー(Sinergy)』です。 女性シンガーキンバリー・ゴス(Kimberly Goss,vo)は韓国人の父親とドイツ人の母親を持ち、本人はアメリカ人です。アメリカ・テネシー州のとあるフェスティバルに参加したときにノルウェー人…

北欧メタル期待の星『ネイション(Nation)』

またまたスウェーデン・メタル『ネイション(Nation)』です。イングヴェイ・マルムスティーンにあこがれたギタリスト、ジョニー・ウリーンによって1990年に結成されたバンドです。 メンバーは ジョニー・ウリ―ン(Johnny Ohlin,g,key) アンデス・ウォルバ…

フィンランド・メロハー 『ネガティヴ(Negative)/ウォー・オブ・ラブ(War Of Love)』

フィンランド出身のメロハーバンド『ネガティヴ(Negative)』です。フィンランドと言えば、やはりハノイ・ロックスでしょうか。その他にもソナタ・アークティカ、ストラトヴァリウス、ナイトウィッシュ、シナジー、ローディなどなど私の好きなバンドが目白押…

この人の、この1枚 『トライアンフ(Triunph)/ジャスト・ア・ゲーム(Just A Game)』

カナダのスリーピース、ハードロックバンド『トライアンフ(Triunph)』です。結成は1975年です。 メンバーは リック・エメット(Rick Emmet,g,vo) マイク・レヴィン(Mike Levine,b,key) ギル・ムーア(Gil Moore,ds,vo) の3人編成です。ちょっと変わってい…

この人の、この1枚 『ハートランド(Heartland)/ホエン・エンジェル・コール(When Angels Call)』

以前紹介しました『ヴァージニア・ウルフ』のヴォーカリスト、クリス・ウィーズイ(Chris Ousey,vo)がゲイリー・シャープらと1990年に結成したバンドが『ハートランド』です。その後、セカンドアルバムリリース後、ゲイリー・シャープが抜け、代わりにス…

この人の、この1枚 『タリスマン(Talisman)/タリスマン(Talisman)』

スウェーデンのメロハー・バンド、『タリスマン(Talisman)』の幻のファーストアルバムです。 『タリスマン』はイングウェイ・マルムスティーンのバンド『ライジング・フォース(Rising Force)』のベーシスト、マルセル・ヤコブ(Marcel Jacob)が中心となって結…

どっこい生きていたブルースロック 『シンデレラ(Cinderella)』

『シンデレラ(Cinderella)』はややもするとヘヴィメタルで一括りにされている記述をよく見かけますが、どっこい彼らはれっきとしたブルースロック、ロックンロールバンドです。 彼らのセカンドアルバムで驚かされて、サードアルバムでさらにぶっ飛んでしま…