Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

映画

映画『白いカラス』を観る

昨日の自宅シアターは『白いカラス』でした。 監督:ロバート・ベントン 主演:アンソニー・ホプキンス、ニコール・キッドマン 2004年公開(日本)アメリカ・ドイツ・フランス制作 この映画はアメリカの作家ネイサン・ザッカ―マンの回想という形をとって…

懐かしのメロディー 「映画音楽」編 3

今日は、懐かしのメロディー「映画音楽」編も3回目になりました。そろそろ終わりにしないといけません。なんとか10曲を厳選したいと思います。それでは。 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのま…

懐かしのメロディー 「映画音楽」編 2

今日は、昨日に引き続き、懐かしのメロディー「映画音楽」編です。どこまで絞れるか悩ましいところです。それでは。 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただけ…

懐かしのメロディー 「映画音楽」編

今日は懐かしのメロディの「映画音楽」編です。これもたくさんありそうです。 映画音楽といっても昔と今ではだいぶ趣が違って、60、70年代は映画音楽がヒットチャートの上位に入るというのはザラにあることで、歌無しのテーマ曲でもヒットするのです。ポ…

映画『暗い日曜日』を観る 付・訃報ミレーユ・ダルク

昨日の自宅シアターは『暗い日曜日』でした。 その前に、本日、フランスの女優ミレーユ・ダルクの訃報が入りました。 長年アラン・ドロンの恋人として知られていました。ゴダールの『ウィークエンド』 アラン・ドロンの『ジェフ』『ボルサリーノ』『愛人関係…

映画 『顔のないヒトラーたち』を観る

昨日、録画撮りしていた映画を自宅で観ました。キネマ旬報シアターの年間パスポートが終了したので、映画館に行く機会も減るでしょう。その代わりにこれまで撮り貯めしていた数多くの映画を消化していくことにします。その中にはかつて私が観て、名作と思わ…

思い出のテレビ 子供向け アニメ編 

今日は小学生の頃に観たテレビで思い出に残っているアニメを思い出してみようと思います。頭に浮かんできた順に5番目までを書いて、残りはタイトルだけにします。 それでは。 『鉄腕アトム』 鉄腕アトムOpninng 何といってもまずはこれ。今更何も言うことは…

思い出のテレビ 子供向け ドラマ編

小学生の頃よく観たテレビ番組を振り返って、憶えているうちに書き留めておきたいと思います。まず今日は子供向けドラマに絞ってみます。 我が家にテレビが入ったのは確か小学二年生の頃だったと思います。それまでは近所の家や親戚の家で見せてもらっていま…

キネマ旬報シアター 年間パスポート満了!

昨年8月19日にキネマ旬報シアターの年間パスポートを購入し、はや1年です。とうとうこの日がやってきてしまいました。キネマ旬報シアターは今年の4月でこのパスポートの販売を中止しました。従って、私の場合は8月18日、明日をもって終了となります…

映画 『天使の涙』 を観る

今日のキネ旬シアターは『天使に涙』でした。 監督:ウォン・カーウァイ 主演:レオン・ライ、ミシェール・リー、金城武 制作:香港 1996年公開(日本) 3週連続でウォン・カーウァイ監督の映画です。先週の『恋する惑星』に引き続き金城武が出演してい…

映画 『恋する惑星』 を観る

今日のキネ旬シアターは『恋する惑星』でした。 監督:ウォン・カーウァイ 主演:トニー・レオン、金城武、フェイ・ウォン、ブリジット・リン 1995年公開(日本) 香港制作 先週紹介した『花様年華』と同じ監督、主演男優でした。 lynyrdburitto.hatenab…

名女優 『ジャンヌ・モロー』 逝く!

今朝、ジャンヌ・モローの訃報が届きました。89歳でした。老衰とのことです。 フランス映画のみならず世界の大女優・名女優として数多くの作品に出演して、我々を魅了し続けたジャンヌ・モローの死を心から悼みます。 私もジャンヌ・モローの映画は随分観…

映画 『花様年華』 を観る

今日のキネ旬シアターでの鑑賞は『花様年華』です。 監督:ウォン・カーウァイ 主演:トニー・レオン マギー・チャン 香港・フランス制作 2001年 日本公開 映画の舞台は1962年の香港です。新聞社に勤めるチャウ(トニー・レオン)はアパートに妻と共…

『カトリーヌ・ドヌーヴ』と『ミシェル・ルグラン』

昨日、私も読者になっている igelnina さんの記事を拝見して、この映画の魅力をズバリ表現されていて、大変感激しました。 kleinenina.hatenablog.com 私も『シェルブールの雨傘』はとても好きな映画で、カトリーヌ・ドヌーヴの美しさとミッシェル・ルグラン…

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観る

今日のキネ旬シアターは『わたしは、ダニエル・ブレイク』です。 監督:ケン・ローチ 主演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ イギリス作品、2016年公開 第69回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞 イギリスの社会・福祉政策への痛烈な批判を…

『ブーベの恋人』 に再会

先日、CS放送の番組表を見ていたら『ブーベの恋人』の放映予定があることがわかりました。早速録画予約して観ました。約40数年ぶりの再会です。 監督:ルイジ・コメンチーニ 主演:クラウディア・カルディナーレ ジョージ・チャキリス 音楽:カルロ・ル…

「お礼」 と 『沈黙ーサイレンス』を観る

昨日は「100記事達成記念日」にたくさんの方にアクセスいただき、1日のアクセス数は過去最高となりました。特に「100記事達成」にはたくさんのスターを頂き最多スター賞を塗り替えてしまいました。それとたくさんの心温まる励ましのコメント、さらに…

映画『スノーデン』を観る

今日のキネ旬シアターは『スノーデン』でした。 監督:オリバー・ストーン 主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2017年1月公開 アメリカ オリバー・ストーンは『JFK』『ニクソン』『ブッシュ』の大統領3部作や『ドアーズ』など話題作を作り続けてい…

映画『健さん』を観る

今日のキネ旬シアターは『健さん』でした。ご存じ2014年に亡くなった俳優・高倉健さんのことです。 監督:日比遊一 出演:多数 2016年公開 高倉健さんの生前の私生活や撮影時のエピソードなどを関係者の証言をもとに描いたドキュメンタリー映画です…

映画『イン・ザ・ヒーロー』を観る

今日のキネ旬シアターは『イン・ザ・ヒーロー』でした。 監督:武 正晴 主演:唐沢寿明 福士蒼汰 2014年公開 アクション映画やドラマ、戦隊ものなどでヒーローのスーツを着て顔は出さずにスタントを演じるスーツアクターという俳優たちにスポットを当て…

映画『月はどっちに出ている』を観る

今日のキネ旬シアターは『月はどっちに出ている』でした。 監督:崔 洋一 主演:岸谷 五郎 ルビー・モレノ 原作:梁 石日 1993年公開 例によって何の予備知識もなく観に行きました。観るまえに解説で原作が梁石日だと知りました。原作は『タクシー狂躁曲…

映画『NO』を観る

今日は久しぶりのキネ旬シアターです。約10日ぶりです。 今日の映画は『NO』です。 監督:パブロ・ラライン 主演:ガエル・ガルシア・ベルナル 2012年 チリ ピノチェト政権の崩壊につながる国民投票のCM制作に関わる広告マンを通して、チリの民主化…

『ソロモンの偽証・後篇』を観る

先日の前篇に引き続き『ソロモンの偽証・後篇』を観ました。もちろんキネ旬シアターです。 原作:宮部みゆき 監督:成島 出 主演:藤野涼子 板垣瑞生 前回も書きましたがテレビで1度観ていて、原作も読んでいながら、前篇はほとんど憶えていませんでした。…

『ブルーに生まれついて』を観る

今日のキネ旬シアターは『ブルーに生まれついて』です。 監督:ロバート・バドロー 主演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ カナダ・イギリス合作映画 2015年 ジャズ・トランぺッターであり、シンガーであるチェット・ベイカー(Chet Baker)の伝記映…

『恐怖分子』を観る

今日のキネ旬シアターは『恐怖分子』でした。 監督:エドワード・ヤン 主演:コラ・ミャオ 1986年の台湾映画 台湾映画はおそらく初めてです。何か観ているかもしれませんが記憶にありません。 この監督は鬼才と呼ばれた人ですが、すでに亡くなっています…

『ソロモンの偽証・前篇』を観る

今日のキネ旬シアターは『ソロモンの偽証・前篇』でした。 原作:宮部みゆき 監督:成島出 主演:藤野涼子 始まって暫くして、「あれっ、これは観たことあるぞ」となって、以前CSテレビか何かで観たのを思い出しました。しかも、原作も読んでいました(原作…

『ニーゼと光のアトリエ』を観る

今日のキネ旬シアターは『ニーゼと光のアトリエ』でした。 監督:ホベルト・ベルネール 主演:グロリア・ペレス 2015年の7ブラジル映画です。 ブラジル映画というと、私の場合『黒いオルフェ』(これまた古い)ぐらいしか見た記憶がありません。ほとんど…

『セッション』を観る

今日は久しぶりにキネ旬シアターに行ってきました。 映画は『セッション』です。 監督・脚本:デミアン・チャゼル 出演 :マイルズ・テラー、J・K・シモンズ いやー、凄い映画でした。ジャズ・ドラマーを目指す青年とその教師の物語です。が、内容はそんな…

『去年マリエンバートで』回想

今日は映画漬けの大学生生活の中から、今から約40数年前に観た、当時得意になって観ていた難解映画の極致とも思える作品の一つ、『去年マリエンバートで』について書いてみたいと思います。なぜかふと思い出しましたので。 監督:アラン・レネ 脚本:アラ…

『キャロル』を観る

今日のキネ旬シアターは『キャロル』でした。 監督:トッド・ヘインズ 主演:ケイト・ブランシェット(キャロル) ルーニー・マーラ(テレーズ) この映画、原作がパトリシア・ハイスミスです。ハイスミスと言えば映画『太陽がいっぱい』や『見知らぬ乗客』…