Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

HM/HR

オランダのメロハー『テラ・ノヴァ(Terra Nova)』

オランダ発のメロハー・バンド、『テラ・ノヴァ』です。間違いなく日本人好みのバンドでしょう。 1992年に結成された『テラ・ノヴァ』のメンバーは フレッド・ヘンドリックス(Fred Hendrix,vo,g) ジェスイーノ・デローザス(Gesuino Derosas,g,vo) ラーズ…

ハイトーンヴォイス 『ダークネス(The Darkness)』

2003年に彗星のごとく現れ、イギリス中を席巻し、のみならずアメリカでも衝撃を与えたバンド、『ダークネス』です。そのAC/DCばりのド派手な出で立ちとアクションで世間をあっと言わせました。イギリスの首相(当時)ブレアもファンだったというのも有名…

ブリティッシュロックの再来 『ロードスター(Roadstar)』

レコード・CD棚探し、今日見つけたのは『ロードスター』の『Grand Hotel』でした。『グランド・ホテル』といってもプロコル・ハルムじゃありません。 発売が2007年ですから比較的最近(私にとっては)買ったはずですが、経緯は憶えていません。 このバン…

スウェーデン・メタル 『マスカレード(Masquerade)』

『マスカレード』は1988年にスウェーデンで結成された4人組のバンドです。 メンバーは トニー・ヨハンソン(Tony Yoanson,vo) トーマス・Gソン(Tomas G:Son,g) ヘンリック・ルンドベーリ(Henrik Lundberg,b) マルコ・タパニ(Marco Tapani.ds) です。 北…

悲しみの果てに 『バッド・ムーン・ライジング(Bad Monn Rising)』

元ライオン(Lion)のカル・スワン(Kal Swan,vo)とダグ・アルドリッチ(Doug Aldrich,g)が1990年に結成したバンドがバッド・ムーン・ライジング(BMR)です。 ただ結成までには苦難の道のりがありました。マネージャー、レコード会社との対立、さらには盟友マ…

アメリカン・メロハー 『コート・イン・ジ・アクト(Caught In The Act)~ギルド・オブ・エイジス(Guild Of Ages)』 そして『アックス(Axe)』

アメリカでは珍しいメロハー・バンド、『コート・イン・ジ・アクト』です。オルタナ・グランジブームがまだまだ健在だったころにデビューし、日本やヨーロッパでも結構な人気を得たバンドです。 メンバーは ダニー・マルティネズ(Danny Martinez,g,vo) アン…

『マイケル・モンロー(Michael Monroe)』と幻の『エルサレム・スリム(Jerusalem SLim)』

今日CD棚から見つかったのは、1980年代に活躍したフィンランドのHM/HRバンド、ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)のヴォーカリスト、マイケル・モンローがハノイ・ロックス解散後に結成したバンドが『エルサレム・スリム』です。 これを買ったのは、確か…

アメリカン・ハードロック 『ウィンガー(Winger)』

1980年代の末頃、アリス・クーパーのバンドにいた、キップ・ウィンガーとポール・テイラーが中心となって結成されたバンドです。 正式メンバーは キップ・ウィンガー(Kip Winger,vo,b) ポール・テイラー (Paul Taylor,g,key) レブ・ビーチ(Reb Beach,g) …

ブリティッシュ・ハードの伝導者 『ジ・アンサー(The Answer)』

2000年に北アイルランドで結成された『ジ・アンサー』はまさに70年代のブリティッシュハードロックを継承しつつ、ブリティッシュロック界に新たな可能性を見出した気鋭のバンドです。 メンバーは以下の通りです。 コーマック・ニーソン(Cormac Neeson,…

『スティーヴン・パーシー(Stephen Pearcy)』と『アーケイド(Arcade)』

ラット(Ratt)がすったもんだの末、解散となって、スティーヴン・パーシーが元シンデレラ(Cinderella)のフレッド・コウリーと結成したバンド、それがアーケイドです。1992年のことです。 集まったメンバーは スティーヴン・パーシー(Stephen Pearcy,vo,g,…

アメリカン・ハードの王道 『テスラ(Tesla)』

1980年代半ば、L.Aメタルの全盛期もやや後退気味の頃登場したのが、『テスラ』です。L.Aメタルの範疇に入れるのもちょっと気が引けるぐらいに、アメリカン・ハードロックの王道を突っ走るグループです。1994年の最初の解散までについて書いてみたい…

『アンディ・デリス(Andi Deris)』と 『ピンク・クリーム69(Pink Cream 69)』

ジャーマンメタルの雄、ハロウィン(Helloween)の3代目のヴォーカリスト、アンディ・デリスがハロウィン加入前に結成したバンドがピンク・クリーム69(PC69,ピンキーズ)です。 結成メンバーは アンディ・デリス(Andi Deris,vo) アルフレッド・コフラー(Alf…

アメリカン・ハードの真骨頂!『ダム・ヤンキーズ(Damn Yankees)』

1989年、また一つのスーパーグループが誕生しました。 アメリカン・ハードロック界の大ベテラン・ギタリスト、テッド・ニュージェント(Ted Nugent,g,vo)、ナイトレンジャー(Night Ranger)のジャック・ブレイズ(Jack Blades,vo,b)、スティクス(Styx)のト…

ブリティッシュ・ハード復活はなったのか 『ライオンズハート(Lionsheart)』

1980年代の後半から90年代前半かけてのイギリスのHM/HR界は低迷を極めます。NWOBHMは衰退し、代わってグランジ、オルタナティブロックが席巻します。 そんな中、期待されて登場したのが『ライオンズハート』でした。 結成メンバーは次の通りです。 ス…

『ディーモンズ・アンド・ウィザーズ(Demons & Wizards)』 すっかり忘れてた

久しぶりにレコード・CD棚発掘シリーズです。 『ディーモンズ・アンド・ウィザーズ』、こんなものを見つけました。ジャケットを見た瞬間思い出しました。それまで、その存在すら頭の中から消えていました。 これを買った当時、ブラインド・ガーディアン(Blin…

『アルカトラス(Alcatrazz)』と『グラハム・ボネット(Graham Bonnet)』

今日はだいぶ懐かしいところで、『アルカトラス』について書いてみたいと思います。 『アルカトラス』は1983年にグラハム・ボネットによって結成されます。 設立メンバーは グラハム・ボネット(Graham Bonnet,vo) イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie…

スパニッシュ・メタル『アルウェン(Arwen)』

今日のレコード・CD棚掘り起こし作戦の成果は『アルウェン』でした。ほとんど記憶がありませんが、たぶん大安売りで手に入れたものだと思います。ジャケ買いでしょう。 スペインのシンフォニック・メタルバンド、『アルウェン』のファーストアルバム『Memori…

『マザーズ・アーミー(Mother's Army)』 スーパーグループの行方は

今日はマザーズ・アーミーについて書こうと思います。このバンドのファーストアルバムリリース時のメンバーは次の通りです。 ジェフ・ワトソン(Jeff Watson,g,key) 元ナイト・レンジャー ボブ・ディズリー(Bob Daisley,b) 元チッキンシャック、オジー・オズ…

ジャーマン・メタル『サブウェイ(Subway)』

今日のレコード・CD棚発掘で見つけたのは『サブウェイ』でした。『ザ・サブウェイズThe Subways)』ではありません。ジャーマン・メタルです。 ジャーマン・メタルというとスコーピオンズやマイケル・シェンカー、ハロウィン、ガンマ・レイ、アクセプト、フェ…

『リトル・エンジェルス(Little Angels)』 ブリティッシュ・ハードの復活は?

今日は『リトル・エンジェルス』でいってみたいと思います。 低迷が続いた1980年代のブリティッシュ・ハードロックに復活の予感を感じさせて登場してきたのがリトル・エンゲルスでした。バンドの結成は意外と古く、1984年に『ゼウス』というバンド名…

スイスの英雄 『ゴットハード(Gotthard)』 

今日はスイスで国民的人気を博するハードロックバンド、ゴットハードについて知っているところを書いてみたいと思います。私のフェバリット・グループの一つです。 1991年に結成、メンバー構成は スティーヴ・リー(Steve Lee,vo) レオ・レオーニ(Leo Leo…

『ファイアーハウス(Firehouse)』 アメリカン・メロディアス・ハードだ!

今日はアメリカでは人気が無くアジア・ヨーロッパで人気の高いファイアーハウスです。メロハーはアメリカでは受けないのは定説ですが、確信犯的にアメリカを無視して日本やヨーロッパ、アジアで活動をしている姿に複雑な思いがします。国民性の違いからその…

『アングラ(Angra)』 ブラジル産メタルはいかがでしょう

今日はブラジルの代表的なメタルバンド『アングラ』について書いてみようと思います。それまでブラジルのメタルバンドというと『ヴァイパー(Viper)』でしたが、そこのヴォーカリストであるアンドレ・マトス(Andre Matos)がヴァイパーを脱退し、ギタリストの…

極上のメロハー 『テン(Ten)』 と 『ゲイリー・ヒューズ(Gary Hughes)』

今日は日本から売れ始めたバンド、テンを書きたいと思います。メロディアス・ハードは日本でよく売れるというのが定説ですが、このバンドはその典型じゃないかと思います。まず、日本で火がついて、その後本国のイギリスをはじめヨーロッパで売れ始めたとい…

『ロキシー・ブルー(Roxy Blue)』 いいね!

眠れるレコード・CD発掘の旅、今回出てきたのは『ロキシー・ブルー』です。アルバムはこの1枚です。確か1枚で解散したと思います。 メンバーはトッド・ポール(Todd Poole,vo,acog)、シド・フレッチャー(Sid "Boogie"Flercher,g)、スコッティ・T(Scotty T,d…

『ヴァージニア・ウルフ(Virginia Wolf)』なんて忘れてた!

今日のレコード棚探しの得物はこれでした。 先日、ブラック・カントリーの記事のときに、ジェイソン・ボーナムのことを書きながら、「あれ、この人どこのグループにいたんだったかな?」となかなか思い出せませんでした。 lynyrdburitto.hatenablog.comそし…

『ヴァンデンバーグ(Vandenberg)』と『マニック・エデン(Manic Eden)』

眠れるレコード・CDを探す旅、今回見つけたのは『マニック・エデン』です。 これを買った経緯は憶えていません。たぶんジャケットを見ての衝動買いだったのでしょう。と、思ったのですが、今回CDの中のメンバークレジットを見て、驚きました。なんとエイドリ…

『アーク・エンジェルス(Arc Angels) 』と『チャーリー・セクストン(Charlie Sexton)』

眠ったCD叩き起こし作戦の続きです。 『アーク・エンジェルス』。同名グループの同タイトルのアルバムです。 このCDを買った理由を思い出しました。チャーリー・セクストンです。昔、1980年代の中ごろだったと思いますが、天才少年ギタリスト登場とか言…

早すぎたのか?『ジーノ(Zeno)』の苦悩と復活

先日、『フェア・ウォーニングの子供たち』という記事を書きました。最後に、子供たちを書いたら、親父のことも書かないわけにはいかないかな、みたいなことを書きましたので今日は調子に乗ってその親父について少し書いてみようと思います。 lynyrdburitto.…

『オーディオスレイヴ(Audioslave)』 アメリカン・ハード健在なり

今日はオーディオスレイヴです。レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(RATM)のトム・モレロ(Tom Morello,g)とティム・コマ―フォード(Tim Commerford,b)、ブラッド・ウィルク(Brad Wilk,ds)の3人とサウンドガーデンのクリス・コーネル(Chris Cornell,vo)の4…