Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

クリス・コーネル(Chris Cornell)逝く

クリス・コーネルの訃報が届きました。52歳でした。早すぎます。どうやら自殺だったらしいです。

ヘヴィーメタルグランジ系のバンド、サウンドガーデン(Soundgarden)とオーディオスレイヴ(Audioslave)のヴォーカリスト兼ギタリストでした。私もこの2つのバンドのCDを5枚ほど持っていました。

 

       

 今、久しぶりにこれらのCDを聴いています。

ヘヴィーメタルの勢いに陰りが出てきた1980年終盤ごろ、グランジと呼ばれるオルタナティヴにメタルが混ざったようなサウンドが出てきましたが、サウンドガーデンはその先駆けだったのではないでしょうか。ツェッペリンを思い起こさせるようなところもあり、重たくてヘヴィロックといってもいいようなサウンドです。

ニール・ヤングのツアーに参加したこともあります。ニールも一時グランジに傾倒した時期もありました。4枚目のアルバム『スーパー・アンノウン(Superunknown)』は全米1位を獲得しました。1997年にバンドは一旦解散します。

その後クリスはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against The Machine)のメンバーとスーパー・グループ、オーディオ・スレイヴを結成します。3枚のアルバムを発表しますが、いずれも高評価で、特に2ndは全米1位を獲得しました。サウンドはまさにロックそのもので、メロディアスなところもあり、70年代をも彷彿とさせ聴きやすいです。その後クリスが脱退を表明、バンドは活動休止。

クリスはその後サウンドガーデンの再結成に参加します。そしてアルバムを1枚発表します。そして今月早すぎる死を迎えました。

私はクリス・コーネルの特別なファンでもありませんでしたが、ニール・ヤングの関係から、あるいはツェッペリン、サバスを思い起こさせるサウンドで結構気に入っていましたので残念です。

もう少しCDを聴きながら冥福を祈りたいと思います。

 

追伸 久しぶりのオーディオ・スレイヴ、やっぱりいい(特に2枚目)!