Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

『Frogwings』 たった1枚のジャムバンド

今日は『Frogwings』の1枚だけ発売されたアルバムを紹介します。タイトルは「Croakin At Toad's」です。2000年の発売になります。

このバンドのメンバーは以下の通りです。

Kofi Burbridge        keybord & flute(Aquarium Rescue Unit 、デレク・トラックス・                バンド、テデスキ・トラックス・バンド)

Oteil Burbridge       bass(Aquarium Rescue Unit 、オールマン・ブラザース、テデス

                                       キ・トラックス・バンド)

Jimmy Herring        guitar(ジャズ・イズ・デッド、Aquarium Rescue Unit 、オールマ            ン・ブラザース、ワイドスプレッド・パニック)

John Popper           harp & vocals(ブルース・トラベラー)

Marc Quinones       percussion(オールマン・ブラザース)

Butch Trucks          drums(オールマン・ブラザース)

Derek Trucks          slide guitar(オールマン・ブラザース、デレク・トラックス・バン                                                   ド、テデスキ・トラックス・バンド)

 

このメンバーを見てください。オールマンやデッドの周辺の連中はいつもこうやって集まってはジャムっているのでしょうね。

75分のアルバムに8曲ですから想像がつきます。長尺曲を延々と演奏しています。実に楽しそうです。

このころ、オールマン、デッド周辺のAquarium Rescue Unit 、ジャズ・イズ・デッド、フィッシュなどなど、数々のジャムバンドが生まれました。もともとオールマンやデッドもジャムバンドのようなものでしたから、その仲間の連中が次々とバンドを結成するのもよくわかります。同じくオールマンにいたウォーレン・ハインズのガヴァメント・ミュールもこの類です。

しかし、この連中の腕は達者です。ジミー・へリングやデレク・トラックスの演奏を聴いているとゆったりとした気分になれます。

このアルバムはこのメンバーによるたった1枚の貴重な演奏です。

元祖のオールマンやデッドのライブアルバムは数え切れないくらいに出ています。私も途中まで追いかけましたが、遂に息切れして止めました。それでもマニアは買い続けているのでしょうね。

 

それでは今日はこの辺で。