Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

懐かしのメロディー 「日本のフォーク」編

「岡林信康」の画像検索結果 「高石友也」の画像検索結果

 

今日は、懐かしのメロディー「日本のフォーク」編です。なかなかいい画像が見つかりませんが、なるべくオリジナルバージョンを載せたいと思います。ルールはいつもの通り、一人1曲。全部で10曲に絞ります。

 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただければ、別画面で視聴可能です。理由は分かりません。無知なもので申し訳ありません。ご迷惑をお掛け致します。よろしくお願いいたします。

 

『手紙/岡林信康

岡林先生はどれを載せるか、本当に迷いますが、初期の代表作でいきます。部落解放問題もこの歌で知りました。


岡林信康 手紙

 

『思い出の赤いヤッケ/高石友也

「受験生のブルース」でおなじみの高石友也。当時の映像はありませんでした。「ナターシャセブン」は高石が作ったグループです。オリジナルではありません。


「想い出の赤いヤッケ」 ナターシャ セブン

 

『生活の柄/高田渡

近年(でもないか)のライブ映像しかないのでこれを。早すぎる死でした。


生活の柄ー高田渡

 

『教訓1/加川良

「命は一つ、人生は1回」なのに逝ってしまいました。


加川良 「教訓 I」 Kagawa Ryo "Kyokun I" (Lesson One)

 

『カレーライス/遠藤賢司

三島由紀夫の割腹自殺を見事に皮肉りました。オリジナル音源がありません。パンクの後かな。


「カレーライス」遠藤賢司

 

『まぼろしの翼と共に/五つの赤い風船

「遠い世界に」と迷いましたが、こっちに。戦争をしない国だったのが、いつの間にか、できる国へと変わるのか。40年以上前の歌が甦る。風船の映像が無いので岡林で。


岡林信康 まぼろしのつばさと共に

 

イムジン河/フォーク・クルセイダース』

ずっと発売禁止だったフォークルの「イムジン河」。南北統一本当に来るのか。


イムジン河 フォーク・クルセイダーズ

 

『花嫁/はしだのりひことクライマックス

フォークルのはしだのりひこが(上の映像の真ん中にいる人)、「シューベルツ」の後に作ったグループ。もはや歌謡曲です。


花嫁 - はしだのりひことクライマックス

 

『戦争は知らない/カルメン・マキ

寺山修司作詞。「時には母のない子のように」と同じコンビ。フォークルも歌っています。この映像は最近のものだと思われますが、昔の面影がありません。カルメン・マキ、フォークからロックへ、そしてまたフォークへ。


カルメン・マキ 戦争は知らない

 

『赤い橋/浅川マキ』

北山修作詞。不思議な世界に引き込まれます。67歳で永眠。残念です。この人のライヴは凄かった。酒を飲みながら歌います。気が向かないと帰ってしまいます。


赤い橋

 

あっという間の10曲でした。もう少しありそうなので次回に。

 

今日はこの辺で。