Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚 『チャーリー・ダニエルズ・バンド(Charlie Daniels Band)/ウェイ・ダウン・ヨンダ―(Way Down Yonder)』

一概にサザンロックと言ってもその地域は多岐に亘っています。オールマン・ブラザースはジョージア、レナード・スキナードはアラバマ、そしてこのチャーリー・ダニエルズ・バンドはテネシーナッシュビルという具合になっていて、それぞれが自分の故郷が最高だといっています。

チャーリー・ダニエルズはバンドを結成する以前からセッションマン、プロデューサーとしてその名が知れていました。特にボブ・ディランナッシュビルでのレコーディングアルバム『ナッシュビルスカイライン』に参加したことでも有名になり、レナード・コーエンのバックバンドに参加したりでその名を馳せていました。

1970年には初のソロアルバム『Charlie Daniels』をリリースします。そして1972年にチャーリー・ダニエルズ・バンドとしてのファースト『Te John, Grease, & Wolfman 』、1973年にサードアルバム『Honey in the Rock』をそれぞれリリースします。この中の「Uneasy Rider」が大ヒットします。

そして1974年に、紹介する『Way Down Yonder』がリリースされます。

f:id:lynyrdburitto:20170922140141j:plain f:id:lynyrdburitto:20170922140204j:plain

 

Side A

1.I've Been Down

2.Give This Fool Another Try

3.Low Down Lady

4.Land of Opportunity

 

Side B

1.Way Down Yonder

2.Whiskey

3.I'll Always Remember That Song

4.Looking for My Mary Jane

 

バンドメンバー

チャーリー・ダニエルズ(Carlie Daniels,g,vo,fidle)

ジョエル・ディ・グレゴリオ(Joel "Taz" DiGregorio,key ,vo)

フレッド・エドワーズ(Fred Edwards,ds)

ゲイリー・アレン(Gary Allen,ds)

バリー・バーンズ(Barry Baines,g,vo)

マーク・フィッツジェラルド(Mark Fitzgerald,b,vo)

 

A-1 オープニングにふさわしく、激しいロックナンバー。ツインギターにツインドラム。迫力あります。ヴォーカルはグレゴリオです。

A-2 マイナーなスローブルースナンバー。このアルバム以降、よりカントリー路線が強くなるため、前曲やこのナンバーのような曲はあまり聴けなくなります。ここではチャーリーのヴォーカルです。

A-3 この曲はオールマン・ブラザースのような典型的なサザンロックです。

A-4 カントリー色の強いナンバー。女性コーラスを大胆に取り入れています。

B-1 いかにも南部の曲という感じ。オールマンにも通じます。彼らの代表曲でもあります。

B-2 これも南部のブギ・ロックンロール。ノリノリです。

B-3 スローなカントリーナンバー。

B-4 ラストはブギ・ロックナンバー。

 

実はこのアルバム、この後廃盤になります。そして1977年『Whiskey』というタイトルで再発されます。レコード会社との契約の関係だと思われますが、不可解です。

 CDも廃盤のようです。

 

このあとバンドは1975年に『Nightrider』と『Fire On The Mountain』という傑作アルバムを立て続けに発表します。

f:id:lynyrdburitto:20170922143710j:plain

f:id:lynyrdburitto:20170922143833j:plain

 

それでも私にとっては、この『Way Down Yonder』が一番お気に入りです。ブルースをやっているのも珍しいし、カントリー色がまだそれほど強くなく、オールマンにも通じるサザンロック特有のサウンドがいいのです。

 

チャーリー・ダニエルズはその後も元気いっぱいで、現在も活躍中です。

現在80歳、信じられません。頑張ってください。

 

 


The Charlie Daniels band - I've been down


The Charlie Daniels Band - Give This Fool Another Try.wmv

 

 

それでは今日はこの辺で。