Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚『スマイリー・ルイス(Smiley Lewis)/I Hear You Knocking』

今日の「この人の、この1枚」はスマイリー・ルイス(Smiley Lewis)『I Hear You Knocking』です。

 

ニューオリンズ・R&B発展の中心的ミュージシャン、スマイリー・ルイス

彼は1913年ルイジアナ州デクインシーで生まれました。昔の解説資料によると1920年、ルイジアナ州ユニオンの生まれとなっていますが、どうやら誤りのようです。本名はオヴァートン・エイモス・レモンズ。10代の頃にニューオリンズに移り住み、音楽活動を始めた模様です。

1947年にデラックスというレーベルからレコード・デビューを果たしますが、これは不発でした。

1950年にインペリアル・レコードと契約し4曲をレコーディング。中で「Tee-Nah-Nah/Low Down」が少し売れました。その後も何曲かレコーディングし、次第に名前も知られるようになりました。

そして1952年の「Bells Are Ringing」ビルボードのR&B部門で10位となるヒットとなりました。さらに1955年の「I Hear You Knocking」のヒットが決定的となりました。この曲はR&B部門の2位になる大ヒットでした。この時期がスマイリー・ルイスの全盛期となりました。

その後はレコーディングからしばらく遠ざかり、1961年からオーケー、ドット、ロマ、と各レコード会社でレコーディングするも、かつての勢いは取り戻せず、1966年に66歳で亡くなりました。

 

そんな彼の全盛期だったインペリアルでの録音を集めたレコードが『I Hear You Knocking』です。これは日本のユナイト・レコードが「R&B歴史的名盤コレクション」と銘打って発売したシリーズの中の1枚です。オリジナルは1961年にリリースされています。

f:id:lynyrdburitto:20201003093010j:plain f:id:lynyrdburitto:20201003093036j:plain

 

Side A

1.The Bells Are Ringing

2.Standing On The Corner

3.Blue Monday

4.Down The Road

5.Last Week

6.Real Gone Lover

 

Side B

1.Bumpity Bump

2.I Hear You Knocking

3.I Can't Believe It

4.Hey Girl

5.One Night

6.Nothing But The Blues

 

タイトル曲にもなっている「I Hear You Knocking」はゲイル・ストームがカバーして大ヒット、さらにニューオリンズR&Bの巨頭ファッツ・ドミノによってもカバーされました。そしてイギリスのデイヴ・エドモンズがラヴ・スカルプチャーを解散してソロ・デビューでカバーし大ヒットしました。

スマイリー・ルイスのオリジナルは朴訥で泥臭く、それがまたいい味なのです。

「One Night」は大ヒットしたプレスリー盤の原曲です。

当時、このLPでしか聴けない曲も収録されており、非常に貴重なアルバムになっていました。

 


The Bells Are Ringing by Smiley Lewis 1952

www.youtube.com


Smiley Lewis - I Hear You Knockin'


1st RECORDING OF: One Night - Smiley Lewis (1956)

 

それでは今日はこの辺で。