Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

スウェーデンのヨハンソン兄弟『ヨハンソン(Johansson)/Sonic Winter』

CD棚整理、第8弾です。今日はスェーデンのヨハンソン兄弟のプロジェクト、『ヨハンソン(Johansson)』です。これは凄いです。といっても、今までほったらかしにしておいて今更なんだ、という声が聞こえてきそうですが、それは置いておいて、なかなかの聴きごたえでした。

 

この兄弟のプロジェクトはこれが2枚目ですが、1枚目は『The Johansson Brothers』というタイトルで1994年にリリースされています。残念ながら未購入です。

 

このアンダースとヤンス兄弟はご存じの通りシルヴァー・マウンテン(Silver Mountain)のデビューから参加し、次にはイングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)ライジング・フォース(Rising Force)に参加、その後もディオ(DIO)ブルー・マーダー(Blue Murder)に参加、またそれぞれにソロアルバムを発表のほか様々なレコーディングやプロジェクトに参加するなど大活躍です。ヤンスは1995年からストラトヴァリウス(Stratovarius)に、アンダースは2000年からはハンマーフォール(Hammerfall)にそれぞれ参加しています。

 

そんな彼らが1997年にリリースしたのが『Sonic Winter』です。

01.Nowhere To Run

02.Days Of Wonder

03.Fill The Void

04.Enigma Suite

05.Shine On Me

06.All Opposable Thumbs

07.The Flood

08.Back To Life

09.A Higher Place

 

メンバーは

ヤンス・ヨハンソン(Jens Johansson,key)

アンダース・ヨハンソン(Anders Johansson,ds,g)

ジョン・レヴィン(John Levèn,b)

ベニー・ヤンソン(Benny Jansson,g)

レイフ・スンディン(Leif Sundin,vo)

イングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen,g on 04,06)

 

プロデュースはヨハンソン兄弟です。

 

何といっても圧巻はインギーの参加した2曲のインストナンバーでしょう。ライジング・フォース以来の競演で、インギーの速弾きとヤンスのキーボードが激しくぶつかり合います。クラシカルですが激しいです。ついつい引き込まれます。

 

この兄弟はこのあるアム以前にジャズ・フュージョン寄りのプロジェクトに参加していた時期があり、このアルバムでもそうしたジャジーフュージョン系の曲があります。さらにポップでメロディアス系の曲やノリのいいロックもあって楽しませます。

ヨハンソンと言うとどうしてもネオ・クラシカルとか様式美とか言われますが、このアルバムに限ってはそれだけにとらわれない自由な発想が見られます。

 

またまたみっけもんでした。得した気分です。

 


Jens Johansson & Anders Johansson - Enigma Suite


The Johansson Brothers Shine on me


All Opposable Thumbs


Nowhere to Run by Johansson

 

それでは今日はこの辺で。

またまたジャーマン・メタル『マインド・オデッセイ(Mind Odyssey)/Schizophenia』

CD棚整理も第7弾になりました。

第6弾に続いて出てきたのもジャーマンメタルでした。マインド・オデッセイ(Mind Odyssey)です。

これを買った理由は何となくわかりました。ゲストでフェア・ウォーニングトミー・ハートが参加しているからだと思います。

 

マインド・オデッセイの前身は『Gracious Violence』というバンドでした。1991年に結成された彼らは日本でも一部で騒がれていたらしいです。ところがメンバーのマリオ・ル・モール(vo)フォルカー・シュルツ(ds)が方向性の不一致からバンドを離脱、ダン・ウーデン(g)ロッコ・ステルマッハ(g)と合流し、1993年マインド・オデッセイが結成されました。

 

そして1994年にデビューアルバム『Keep It All Turning』をリリースします。

しかし、ここでダンとロッコが脱退します。新たにギャレット・マッツコとグレゴア・アヴィアヌスを加えました。

そして1995年にセカンドアルバム『Schizophenia』がリリースされました。

01.Schizophenia

02.Evolution

03.Robotman

04.Nervous Breakdown

05.Money, Cheques, Creditcards

06.Emptiness Inside

07.Vodoo Can't Save Me Now

08.The Leader

09.Computer Madness

10.Don't Touch Me

11.Silent Scream

12.The Stand

 

 

メンバーは

マリオ・ル・モール(Mario Le Mole,vo)

ギャレット・マッツコ(Garret Matzko,g)

グレゴア・アヴィアヌス(Gregor Avianus,b)

フォルカー・シュルツ(Volker Schultz,ds)

 

ゲストでバッキング・ヴォーカルに

ムーン・ドックのクリス・ベイ(Chris Bay)とフェア・ウォーニング、ソウル・ドクターのトミー・ハート(Tommy Heart)が参加。

プロデュースはムーン・ドックのギタリスト、ハーマン・フランク(Herman Frank)です。

 

前作を聴いていないので、比較は出来ませんが、オープニングはストレートなパワーメタルですが、フェア・ウォーニングを思わせるメロハーがあったり、アコースティック・バラードがあったりとバラエティに富んでいます。

 

プログレッシヴ・メタルのカテゴリーに入っているようですが、そんな感じはしませんでした。

 

マインド・オデッセイはこのあとアルバムを2枚リリーして1999年に活動を休止します。そして2007年に再始動し、現在も活動中のようです。

 

CD棚整理で色々出て来ますが、これまで聴いていなかったのがもったいないと思われるものも結構あったりして驚いています。

 


Schizophenia


Mind Odyssey - Money, Cheques, Credit Cards


Mind Odyssey - Emptiness Inside


Mind Odyssey - Money, Cheques, Credit Cards

 

 

それでは今日はこの辺で。

ジャーマン・メタルの後継者?『ヘリコン(Helicon)』

CD棚整理、第6弾です。

「ドイツ最大のヘヴィメタ ル・レーベル、ノイズレコードが送り出す新世代ジャーマン・メタルの切り札」という触れ込みでデビューしてきたヘリコン(Helicon)です。

デビューアルバム『Helicon』は1993年のリリースです。

 

 

01.The Story About Helicon

02.Helicon Part II

03. It's Rock'n Roll

04.Junk

05.Victim Of Love

06.Freedom

07.Black & White

08.COme On Rock

09.Woman

10.Fight For Your Fame *

11.There Is No Rose Without A Thorn

*日本盤ボーナストラック

 

メンバーは

ウヴェ・ヒーベン(Uwe Heepen,vo)

クリスチャン・ゲート(Christian Guth,g)

トム・クースターズ(Tom Kusters,g)

シルベスター・ヴァレフスキー(Sylvester Wasielewski,b)

アンドレ・オストベッツェン(André Ostapeschen,ds)

 

プロデュースはウヴェ・ヒーベンです。

 

ヘリコンは1987年にドイツ西部のアーヒェンで結成されました。1990年にはこのアルバムにも収録されている「Black & White」をシングルリリースします。ドイツ国内では評判を得るも、メンバーチェンジが激しくデビューのきっかけがつかめませんでした。

1992年にようやく現在のメンバーに落ち着き、レコーディングを開始しました。ノイズ・インターナショナルの社長カール・ウォーターバックは大いに気に入り契約を結んだというわけです。

 

スコーピオンズ~アクセプト~ハロウィン~ガンマ・レイブラインド・ガーディアン~ヘヴンズ・ゲイト等、脈々と続くジャーマン・メロディック・パワーメタルは新しい世代へと引き継がれていきました。フェア・ウォーニングやエドガイなどです。ヘリコンもそうした第3世代と呼ばれるバンドの一つとして期待されました。

 

このアルバムは先輩方の伝統は受け継ぎながらも、先輩方よりも明るさを感じるのは何故でしょう。スピードもそこそこ、メロディーも悪くありません。ヴォーカルはハイトーンでちょっと癖があります。このあたりは聴き手を選びます。ただ、よくわかりませんが何かが足りない感じです。

 

この後1994年にセカンドアルバム『Mysterious Skipjack』をリリースしたようです。

たいした評判にもならず、結局解散にいたたらしいです。

 

この時期このようなジャーマンメタルの第3世代が雨後のタケノコのように出現しては消えていきました。ヘリコンも消えていった部類でした。

 

この世界で生き残っていくためには、何か特別なものを持ち合わせていないときついのでしょう。

 

 


Helicon (GER) - It's Rock'n'Roll


HELICON VICTIM OF LOVE


Helicon(Ger)-Woman(1993).wmv

 

 

それでは今日はこの辺で。

映画『鏡の中にある如く』を観る

今日のキネ旬シアターは『鏡の中にある如く』でした。

f:id:lynyrdburitto:20180917103047p:plain

監督:イングマール・ベルイマン

主演:ハリエット・アンデルセン、グンナール・ビョルンストランド、マックス・フォン・シドー、ラーシュ・パッスコード

制作:1961年 スウェーデン 日本公開1964年

 

今年はイングマール・ベルイマンの生誕100年ということで、企画が組まれたようです。キネマ旬報シアターでもその一部を上映するようです。今日はその中の『鏡の中にある如く』です。

1961年のアカデミー賞外国映画賞受賞作品です。

 

f:id:lynyrdburitto:20180917100118p:plain

 

ベルイマン監督作品は学生時代に夢中になって観た時期がありましたが、意外と記憶に残っていません。ということでこの作品も、約45年ぶりの鑑賞になりました。

この映画はベルイマンの「神の沈黙3部作」の中の1本です。他の2本は『沈黙』『冬の光』です。3部作と言ってもストーリーは無関係です。

 

内容の方は、ある一家の別荘での出来事を描いた映画です。

作家である父親のダビッド、17歳の息子ミーヌス、その姉のカーリン、その夫で医師のマッティンの4人です。登場人物はこの4人だけです。

 

海水浴から上がった4人のうち、ダビッドとマッティンは海に網打ちに出かけます。そこでダビッドはマッティンからカーリンの病状が芳しくないことを聞かされます。この度は退院したが、彼女の精神分裂症は悲観的なものだということです。再発の可能性は十分にあるとのことでした。ダビッドは作家であることから、娘の症状には心痛めるものの、好奇心からその症状を日記につけて次の作品のヒントにしようとも思っていました。ここのところ筆も進まずにいました。

 

夜になってマッティンが寝てしまうとカーリンは起き出し、ある音に引き込まれ2階の空き部屋に入ります。壁に耳をつけると何か声が聞こえます。そして身悶えします。それから父親の部屋を訪ねます。父親はカーリンを自分のベッドに寝かせ、仕掛けた網を引き揚げるため部屋を出ます。カーリンは起き出し、机の中の日記を読んでしまいます。それを読んでカーリンは自分の症状を知り、また父親が自分の病気をネタに小説を書こうとしていることを知り完全に乱れてしまいます。

f:id:lynyrdburitto:20180917103158p:plain

翌朝、ダビッドとマッティンはボートで沖に出かけます。その留守中にカリンは弟のミーヌスの勉強を見たりしていましたが、ミーヌスを例の2階の空き部屋に連れていきます。そして「この部屋に神が現れる」と言いますがミーヌスは信じられない表情。再び海岸に行くとカーリンは突然嵐が来ると言って走り出します。ミーヌスが探し求めると、彼女は老朽船の中にいました。彼女を心配したミーヌスはカーリンを毛布で包んであげますが、カーリンはミーヌスを誘惑して抱いてしまいます。

f:id:lynyrdburitto:20180917103001p:plain

カーリンはその罪の意識でまたも乱れてしまいます。弟との出来事を父親に告白します。そして再び入院することにします。入院のの準備をしている時に、カーリンがいなくなってしまいます。ダビッドとマッティンが探すと2階のあの空き部屋でカーリンが誰かに話しかけています。そして「もうすぐあのお方が来る」と言い、マッティンに一緒に祈ってちょうだいと言います。マッティンは誰も来やしないと言います。

 

するとドアがひとりでに開き、カーリンの顔に笑みが浮かびます。が、次の瞬間、カーリンは恐怖におびえます。そして狂ったように暴れ出します。マッティンが鎮静剤を打ってようやく収まります。するとカーリンは「神が来たの」と言います。「蜘蛛の姿をした神だ。私の顔の中を通って壁の中に消えた」と言います。そしてヘリコプターが到着し、カーリンとマッティンは病院へと向かいます。

 

残されたミーヌスはダビッドに、「怖い、姉さんと抱き合った時に、現実が壊れた、絶望した、もう生きられない」と言います。ダビッドは「すがるものが有れば生きられる」と答えます。「何にすがるの?」とミーヌス。「私はこの世に愛が存在するという確信だ」とダビッド。「どんな愛?」「崇高な愛、卑俗な愛、バカげた愛、美しい愛,全てだよ」とダビッドは答えます。そして「愛が神なんだ」と言います。「もっと話して」とミーヌス。「空虚が満たされ、絶望が生に変わる」とダビッド。「それじゃみんなに愛されている姉さんは幸せだね」とミーヌス。「一時間後に食事にしよう」とダビッド。「パパが話をしてくれた」とミーヌス。ここで突然のエンディング。

 

この映画、45年前に観た時には何やら釈然としないものが有りました。それは「神」という問題です。このあたりはどうしても理解できないものが有ります。「神の存在」ということになってくると、どうしても外国の文学や映画に対し入り込めない壁みたいなものを感じてしまう部分があります。それは45年経った今でもあまり変わってはいません。

 

今回この映画を観て感じたことは、その「神」の問題はさておいて、面白いと思ったのはダビッドとミーヌスの父子関係です。ミーヌスは思春期です。ヌード写真などを隠れて見ています。父親に憧れて、自分も戯曲や詩を書いています。それらをほめてもらいたいのですが、父親は忙しく外国を飛び回り、ゆっくり話をする暇がありません。今回の休暇も父親はまたすぐに外国へ旅立つと言います。ミーヌスはがっかりします。母親はすでに亡くなっており、父親は再婚しましたが、その後妻を姉弟は嫌っています。

 

しかし、今回の事件では最後に父親と話が出来ました。父親も娘の病気に足りなかったものは自分の愛情ではなかったかと気がついたのではないでしょうか。何しろ娘は父親には何でも話せるのですが、父親はどこか客観的に見るところがあります。小説家という仕事がそうさせているのかもしれませんが、子供たちにとっては物足りないのだろうと思います。

 

そして今回のことで父親も自分の父親としての子供達への接し方に問題があったことに気がついたのではないでしょうか。そして自戒を込めた息子への言葉で息子が救われる。この親子関係の問題という視点で見ることによってこの映画も新しい面が見えてきたような気がしました。無論勝手な解釈です。ベルイマンは難解な監督としても知られていますが、勝手な解釈も許されるでしょう。


 

イングマール・ベルイマンと牧師である彼の父親との不仲は有名な話ですが、その父親との確執が「神」の問題や「父子」問題が映画に反映されるのだろうと思います。

 

 白黒映像の美しさと構図には息を飲むものがあります。


 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

 

 

樹木希林 逝く!

昨日、突然訃報が入ってきました。女優の樹木希林さんが亡くなりました。75歳でした。

ただただ驚くばかりです。何しろ先日万引き家族で元気な姿を見たばかりでしたから。もっともこの映画でも急逝しましたが。未だに信じられないくらいです。

樹木希林さんと言えば私の若い頃はまだ「悠木千帆」の名前でした。テレビドラマの『時間ですよ』寺内貫太郎一家に出演していました。

「樹木希林」の画像検索結果

『時間ですよ』では堺正章浅田美代子とのコンビでお惚け役をこなしていました。

寺内貫太郎一家』では西城秀樹との共演。沢田研二の写真を見て「ジュリーっ!」と叫ぶシーンは皆が楽しみにしていました。このドラマでは30歳そこそこの年齢でおばあさん役を演じていました。

f:id:lynyrdburitto:20180917091352p:plain

テレビデビューは七人の孫ということですが、このドラマはたまに見ていましたが、悠木千帆は記憶にないです。いしだあゆみは憶えていますが。

2008年に紫綬褒章を受章しました。

私生活では俳優の岸田森との結婚、そして離婚。ロックンローラー内田裕也との結婚と、離婚騒動で話題になりました。結局1年に1回会うだけの夫婦になったようです。

f:id:lynyrdburitto:20180917091652p:plain f:id:lynyrdburitto:20180917091731p:plain

娘は内田也哉子、娘婿は本木雅弘、孫は内田伽藍です。

2003年には網膜剥離で左目失明。

2005年には乳癌を発症、摘出手術をし、それからは月に1回内田裕也とも会うようにしたようです。

2013年には全身がんであることを告白しました。

 

それから5年、映画やテレビに出演して元気そうでしたので、まさかこのような報道を見るとは思いませんでした。

晩年は是枝監督の常連になり、『歩いても歩いても』『そして父になる』『海街Diaryそして万引き家族などに出演しました。『万引き家族』は今年のカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドール賞を受賞しました。

 

また2015年には河瀨直美監督の『あん』日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しました。元ハンセン病患者を描いた素晴らしい作品でした。

今年は熊谷守一を描いたモリのいる場所で同じ文学座山崎努と初共演を果たしました。

 

なぜか最近樹木希林さんの映画を続けざまに観ることがあって、その自然な演技に惚れ惚れとして身近な感じがしていたのですが、もう生の姿を見られないと思うと残念です。

ちょっと前にNHKの朝の番組に出演していて、もらったトロフィーなどを家具の一部に利用するなどしている場面があって、そういった名誉欲とか権力欲とかからは全く無縁なひとなんだなと改めて思いました。

また「死」というものに対しても、すべて達観しているという印象を受けました。

 

先月、女優の菅井きんさんも亡くなりました。92歳でした。この人も若い頃からのおばあちゃん役で有名でした。必殺シリーズ『主水シリーズ』では婿いびりで人気を博しました。

私の中で若い頃からおばあちゃん役をこなした3大スターがいます。樹木希林菅井きん、そして北林谷栄です。この人も老婆役以外の役というものを見たことが無いくらい、おばあちゃん役に徹していました。映画の世界ではなくてはならない存在でした。2010年、98歳で亡くなりました。

これで、私の中の昭和のおばあちゃん役は皆亡くなってしまいました。寂しい限りです。

「樹木希林」の画像検索結果 「菅井きん」の画像検索結果 「北林谷栄」の画像検索結果

 

たくさんの映画を有難うございました。

心よりご冥福をお祈りします。合掌。

 

今年はいったい何回訃報記事を書いたでしょう。もう無いことを祈って。

 

近々、樹木希林さんの出演作日日是好日が公開されるそうです。黒木華との共演です。おそらくこれが遺作となるでしょう。是非観に行きたいものです。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

ロックの宝石箱!『ミステリー・ブルーム(Mystery Bloom)/Frame Of Mind』

CD棚整理、第5弾。今日は『ミステリー・ブルーム(Mystery Bloom)/Frame Of Mind』です。

 

このミステリー・ブルームというバンド、詳しいことはほとんどわかりません。

分かっているのはメンバーの名前ぐらいです。

 

メンバーは

ダニー・ローゼル(Danny Roselle,g,key vo)

ニック・クレメンテ(Nick Clemente b,vo)

レイ・モラーレス(Ray Morales,g,vo)

ボビー・ギルマーティン(Bobby Gilmartin,g,vo)

デイヴィッド・ガルシア(David Garcia,ds,vo)

です。

5人の内3人がニュージャージー州、2人がニューヨーク州出身です。

結成は1994年です。活動拠点はニューヨークです。

デイヴィッドとボビーがプログレ好き、ダニーはメロディアス好き、そして皆ジェリー・フィッシュやビートルズが大好きだったらしい。

 

そして1996年にデビューアルバム『Frame Of Mind』を日本のレコード・レーベルから発売します。

f:id:lynyrdburitto:20180705130959p:plain

01.Frame Of Mind

02.Beyond The real

03.Lifetime In The heart

04.Adore

05.Pray Another Day

06.Paperback Writer

07.The Idol Dream

08.Face The World

09.Soulmate Serenade

10.Life

 

プロデュースはセルフです。

 

このアルバムは後に本国から『Lifetime in the Heart』というタイトルで発売されます。曲順が違っています。

 

とにかくバラエティに富んだアルバムです。ライナーにインスピレーション を受けたバンドとして多くのバンド名が載っています。

ビートルズジョン・レノン、キッス、エクストリーム、ジェリ-フィッシュ、ドリーム・シアター、カンサス、レニー・クラヴィッツ、マリリオン、チープ・トリック、イエス、ラッシュ、ジャーニー、トム・ペティシン・リジィレッド・ツェッペリン、クイーン、トーリ・エイモス、Dジェネレーション、プリンス、ジミ・ヘンドリックススライ&ファミリーストーンボブ・マーリーサンタナ

アルバムを聴いてみると確かにこれらのバンドがミックスされたような音が出て来ます。プログレ風あり、ビートルズあり(現に06はカバー)、メロディアスあり、ポップチューンあり、ハードロックあり、ラテンありと節操がありません。

それでも1曲1曲はいいのです。「コンセプトが無いのがコンセプト」と発言しているように、狙った線なのかもしれません。次から次へと新たな曲が出てきて飽きることがありません。捨て曲もありません。

 

ただしこれは長続きはしないだろうなと思ったら、案の定次は無かったようです。

でもこのバンドこの1枚でも十分楽しめます。またしてもめっけものでした。

 

 


MYSTERY BLOOM FRAME OF MIND


The Beatles - Paperback Writer - Cover by Mystery Bloom


California Dreamin' - The Mammas and the Papas (as recorded by Mystery Bloom

 

それでは今日はこの辺で。

 

これもアメリカン・プログレ?『ウィズアウト・ウォーニング(Without Warning)』

CD棚整理、第4弾。ドリーム・シアターフォロアーがまた一つ見つかりました。『ウィズアウト・ウォーニング(Without Warning)』です。

 

アルバムは彼らのデビュー盤です。タイトルは『Making Time』です。

01.Making Time

02.No Guarantees

03.One Desire

04.Waking Dream

05.Rain

06.Taste Of Sin

07.Thrash Polar

08.Darkness And Light

09.Tale Of Years

10.Lonely Voices

 

メンバーは

テッド・バーガー(Ted Burger,g,vo)

ジャック・ボラッタ(Jack Bielata,vo)

グラハム・トンプソン(Graham Thomson,b,vo)

ヴィニー・フォンタネッタ(Vinnie Fontanetta,key,vo)

スティーヴ・マイケル(Steve Michael,ds)

です。

プロデュースはセルフです。

ゼロ・コーポレーションからの発売です。

 

ウィズアウト・ウォーニングは1990年にニューヨークで『Little Sister』という名で結成されました。1992年にグラハム・トンプソンの加入と共にバンド名を『ウィズアウト・ウォーニング』に変更しました。

その年に6曲入りのデモを制作し売り込みますが、レコード会社はグランジブームもあって無視します。

それでも彼らは1993年に10曲入りのアルバムを完成させ、日本のゼロ・コーポレーションとの契約を成立させます。

 

ドリーム・シアターのフォロアーという謳い文句でしたが、聴いてみるとそうでもありません。プログレというよりは素直なハードロックです。それもどちらかというとヨーロッパ寄りのハードロック・ヘヴィメタルです。

ハスキーヴォイスのジャックはなかなかのヴォーカリストです。ラストの「Lonely Voices」などはしんみりと聴かせてくれます。

 

このアルバムはおそらく1回聴いたきりか、はたまた聴かなかった可能性もあります。自分の好み、嗜好というものは、時間と共に変化するものもあります。このアルバムなどは、買った当時は気に入らなかったのでしょう。ところが今聴いてみるとこれがなかなかいいのです。自分の耳程あてにならないものはありませんね。痛感します。これは儲けものでした。これだからやめられません。

 

この後、ウィズアウト・ウォーニングは2枚ほどアルバムを発表して、1999年に解散しました。

 

 


WITHOUT WARNING / TASTE OF SIN


WITHOUT WARNING -Rain


WITHOUT WARNING -No Guarantees


WITHOUT WARNING- Lonely Voices

 

それでは今日はこの辺で。