Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

オランダのメロハー『テラ・ノヴァ(Terra Nova)』

オランダ発のメロハー・バンド、『テラ・ノヴァ』です。間違いなく日本人好みのバンドでしょう。

1992年に結成された『テラ・ノヴァ』のメンバーは

フレッド・ヘンドリックス(Fred Hendrix,vo,g)

ジェスイーノ・デローザス(Gesuino Derosas,g,vo)

ラーズ・バウヴィング(Lars Beuving,ds,vo)

ロン・ヘンドリックス(Ron Hendrix,key,vo)

ルシアン・マテウソン(Lucien Matheeuwsen,b,vo)

です。

彼らのデモテープに目を付けた日本のビクターが契約を申し込み成立しました。

オランダというとまず思いつくのが、プログレバンドのFOCUSでしょう。

ポップスでいえばショッキングブルー、メタルではエレジーあたりでしょうか。

そのいずれも日本では大変人気がありました。そのメロディに日本人に共感できるものが有るのでしょう。そういうところに日本ビクターが目を付けたのでしょう。

 

1996年にファーストアルバム『Livin' It Up』がリリースされます。

フレッド・ヘンドリックスのヴォーカルはまさにメロハーを歌うために生まれてきたような声質をしています。やや掠れて、哀愁を漂わせるような歌い方。そこにギターが絡んで来てメロディアス・ハード・ポップの世界を作り上げています。間違いなく日本人好みでしょう。アメリカで受けることはまずないでしょう。

案の定、アルバムの売り上げは上々でした。

気をよくしたバンドは翌1997年にセカンドアルバム『Break Away』をリリースします。

前作の延長線上にあるアルバムです。このバンドのメロディーはフェア・ウォーニングのような暗いメロディーというよりはちょっと明るい、前向きなメロディです。それでもその美しいメロディをほぼ一人で作り上げているフレッド・ヘンドリックスには頭が下がります。

 

続いて1999年にサードアルバム『Make My Day』をリリースします。

よりポップになったサードアルバムです。4曲目のバラードなどはイーグルスドン・ヘンリーが歌っているのかななんて思ったりしてしまいます。ジェスイーノのインストナンバーもあり、カントリーロック調もあり、10曲目の「I Will Be There」はアコーディオンが入ってノスタルジックな雰囲気あり、極上のバラードありと随分と音楽の幅が出てきたなという感じです。

 

この後、レコード会社とのトラブルからか、『テラ・ノヴァ』の名前を使えなくなり、1999年にバンドは解散します。もったいないことをしました。

フレッド・ヘンドリックスはソロ活動に移りますが、結局バンドのメンバーと共に『アクイラ(Aquila)なるバンドを結成し活動を再開します。アクイラ名義で2枚ほどアルバムをリリースします。

そして2005年に『テラ・ノヴァ』を再結成し、約5年おきごとにアルバムを発表して活動中です。残念ながら再結成後のアルバムは未購入です。

 

  

 

どうやら再結成以前のアルバムには及ばないというような評価が多いですが、機会があれば購入して聴いてみたいです。

 


Terra Nova - Summernights

 


Terra Nova - "Here's To You"

それでは今日はこの辺で。

 

ハイトーンヴォイス 『ダークネス(The Darkness)』

2003年に彗星のごとく現れ、イギリス中を席巻し、のみならずアメリカでも衝撃を与えたバンド、『ダークネス』です。そのAC/DCばりのド派手な出で立ちとアクションで世間をあっと言わせました。イギリスの首相(当時)ブレアもファンだったというのも有名な話です。

 

メンバーは

ジャスティン・ホーキンス(Justin Hawkins,vo,g,p)

ダン・ホーキンス(Dan Hawkins,g)

フランキー・ポーレイン(Frankie Poullain,b)

エド・グラハム(Ed Graham,ds)

の4人組です。

 

ファーストアルバム『Permission To Land 』は2003年にリリースされます。

曲そのものはまさに70年代ロックンロールです。特異なのはジャスティンのヴォーカルです。ハイトーンヴォイスで押し通します。初めは何だこれは、と思いましたが聴いているうちに慣れてきて、結構病みつきになります。メロディアスな曲は限りなくメロディアスです。ロックンロールはノリノリです。

このアルバムはイギリスだけで160万枚を超える大ヒットアルバムになりました。

 

2005年に精神的不安定に陥ったフランキー・ポーレインを解雇し、リッチー・エドワーズ(Richie Edwards,b)が代わって加入します。

そしてセカンドアルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースします。

個人的にはファーストよりいいのではないかと思っています。ジャスティンのハイト―ンとファルセットも板についてきて、曲もメロディアスな曲が多く、ややポップにはなりましたがいい感じに仕上がっていると思います。クイーンのような雰囲気も出てきています。

 

絶好調を迎えていたと思っていたダークネスですが、2006年にジャスティンが薬物問題を起こし、引責退団してしまいます。これで事実上の解散となってしまいます。

あまりにもあっけない終焉でした。

 

その後2011年に再結成を発表し、2012年にサードアルバム『Hot Cakes』、2015年には4枚目のアルバム『Last of Our Kind』をリリースします。

 

 

サードアルバムの1曲目を聴いた時は、あれれ、おとなしくなったな、という感想でしたが、次第に盛り上がり、ダークネスらしいシャウトが聴かれて安心でした。Radioheadのカバーなどをやっています。

4枚目はオーソドックスなハードロックという感じで、メロディーも美しく、いい出来です。ドラマーのエド・グラハムが脱退、エミリー・ドーラン・デイヴィス(Emily Dolan Davies)がメンバーとして参加しています。女性ドラマーです。凄いです。

 

この後、女性ドラマーが脱退し、代わりにクイーンのロジャー・テイラーの息子ルーファス・テイラー(Rufas Taylor)が加入します。

そして今年5枚目のアルバム『Pinewood Smile 』がリリースされました。残念ながら未購入です。

 

早くあのハイトーンヴォーカルを聴いてみたいです。

 


The Darkness- I Believe In A Thing Called Love

 


One way ticket to hell and back - The Darkness


The Darkness - Dinner Lady Arms

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

ブリティッシュロックの再来 『ロードスター(Roadstar)』

レコード・CD棚探し、今日見つけたのは『ロードスター』の『Grand Hotel』でした。『グランド・ホテル』といってもプロコル・ハルムじゃありません。

発売が2007年ですから比較的最近(私にとっては)買ったはずですが、経緯は憶えていません。

 

このバンド、アルバムデビュー以前は「Hurricane Party」と名乗っていたようですが、アメリカのハリケーンカトリーナが甚大な被害をもたらしたことから、バンド名を変更したらしいです。

メンバーは

リッチー・へヴァンズ(Richie Hevanz,vo)

クリーピー(Kreepy,g)

ジョニー・ロッカー(Jonny Rocker,g)

ロブ・ランデル(Rob Randell,b)

クリス・リヴァース(Chris Rivers,ds)

です。

バンドは2004年に5曲入りのEPでデビューしています。その後有名バンドたちとのライブ活動でレコード会社とのコネを作りアルバムの発表に結びつけます。

肝心なアルバムですが、聴いてみてびっくり、素晴らしいじゃないですか。私はこういう二流感が好きなんですね。出だしはツェッぺリンの真似?なんて思いました。そのくらい歌い方も声もロバート・プラントに似ています。また曲もツェッぺリン風です。聴いていくうちにポール・ロジャース風が出てきたり、ディープ・パープルが出てきたりとまさに70年代を思い起こさせるロックです。

 

彼らは同じ年にセカンドアルバムを出していますが、残念ながら未購入です。何故買わなかったのでしょうか。おそらく探しても見つからなかったのでしょう。そのうち忘れてしまったということだと思います。よくあることですから。

今度レコード漁りで見つけたら買います。ただし憶えていたらの話ですが。

 


Roadstar - Roadstar - Grand Hotel Album


Roadstar - Lets Get it started - Grand Hotel

それでは今日はこの辺で。

スウェーデン・メタル 『マスカレード(Masquerade)』

『マスカレード』は1988年にスウェーデンで結成された4人組のバンドです。

メンバーは

トニー・ヨハンソン(Tony Yoanson,vo)

トーマス・Gソン(Tomas G:Son,g)

ヘンリック・ルンドベーリ(Henrik Lundberg,b)

マルコ・タパニ(Marco Tapani.ds)

です。

 

北欧はかつてはロックには無縁の地と思われていた時代がありましたが、『ヨーロッパ(Europe)』の『The Final Countdown』の大ヒットなどで一躍注目されるようになりました。その後は雨後の筍のように様々なバンドが出現しました。私も色々と手を伸ばして聴き込んだ時期がありました。

そんな中でもほとんど目立つところもなく終わってしまった?バンド、それが『マスカレード』です。

 

彼らのファーストアルバムは1992年にリリースされます。『Masquerade』です。

このアルバムはデビュー作にしては非常によくできたアルバムです。ハードロック、ポップロック、メロハーが上手く織り交ざったアルバムになっています。逆に言うと、先輩バンドのいいとこ取りををしているという事にもなりますが。よく引き合いに出されるのがTNTです。ポストTNTなんて言われました。TNTノルウェーでしたが、いずれも北欧のバンドらしさが良く出ています。ヴォーカルのトニー・ヨハンソンの声が北欧感をもたらしているのでしょう。

 

1994年にはセカンドアルバム『Surface Of Pain』をリリースします。

このセカンドアルバムは、よりヘヴィーさが増し、ファーストとはだいぶ違った、よりダークにそしてメタルチックになっています。ファーストの延長が望まれたのか、この変化ぶりはあまり受け入れられなかったようで、日本での売り上げも芳しくなかったようです。私自身はファーストもセカンドもそれなりに気に入っているのですが。

 

この後、バンドはしばらくアルバムリリースはなく2001年にサードアルバム『Flux』、2005年には未発表音源集『In Disguise』がそれぞれリリースされます。

 

バンドは現在も活動中とのことですが、あまり情報は入ってきません。

 

北欧メタルには好きなバンドが揃っています。日本人に合うのでしょう。その内機会があればいくつか取り上げたいと思います。

 


Masquerade - Dancin' On The Edge


MASQUERADE/Give It A Shot - Wild Child

それでは今日はこの辺で。

 

悲しみの果てに 『バッド・ムーン・ライジング(Bad Monn Rising)』

元ライオン(Lion)のカル・スワン(Kal Swan,vo)ダグ・アルドリッチ(Doug Aldrich,g)が1990年に結成したバンドがバッド・ムーン・ライジング(BMR)です。

ただ結成までには苦難の道のりがありました。マネージャー、レコード会社との対立、さらには盟友マーク・エドワーズのモータサイクルの事故で首の骨を折る重傷とライオンを取り巻く環境は悪化の一途をたどりました。そして結局はレコード会社とのすったもんだの末、ライオンは2枚のフルアルバムを出して解散となりました。

そして結成されたのがBMRです。その間、ダグ・アルドリッチはハリケーンやハウス・オブ・ローズのレコーディングに参加したりしていました。

そうして1990年にBMRは結成され、1991年にファーストアルバム『Bad Moon Rising』がリリースされます。

リズムセクションはハウス・オブ・ローズのメンバー、ケン・メリー(ds)チャック・ライト(b)が参加しました。マイケル・シェンカーが1曲参加しています。

アルバムはライオンの音楽を引き継いでいます。ライオン時代の曲が4曲も含まれています。イギリスらしいハードロック、メロハーです。このアルバムは日本向けということになりました。日本のみの発売です。

 

続いて間隔が空いて1994年にセカンドアルバム『Blood』がリリースされます。

このアルバムからは正式メンバーとしてイアン・メイヨー(Ian Mayo,b)ジャッキー・レイモス(Jackie Ramos,ds)がクレジットされます。前作では2人の写真しかなく、どうしても二人のプロジェクトという感が拭えませんでしたが、今作は4人のメンバーが写真で写り、バンドという感じが出ています。

前作に比べヘヴィになりました。これがBMRの目指していたものなのかもしれません。ライオンからの脱皮なのでしょう。それでもメロディアスな曲は健在で、アコースティック曲など哀愁漂い素晴らしいです。活動の場はアメリカなのですがブリティッシュハードそのものです。

 

1995年にはサードアルバム『Opium for the Masses』がリリースされます。

一層ヘヴィになりました。というか、当時の時代の流れかグランジの影響をもろに受けたアルバムになっています。カルのヴォーカルがグランジ風になっています。賛否の別れるところでしょう。

 

結局バンドは1998年には活動停止、解散状態になります。ダグ・アルドリッチはその後、ディオやホワイトスネイクに参加したりして、現在も活躍中です。世良公則とも交友があります。

一方のカル・スワンはBMR解散後は音楽界から引退したようです。

 


Bad Moon Rising : Full Moon Fever


Bad Moon Rising - Blood On The Streets

 


Bad Moon Rising - Old Flames

 

それでは今日はこの辺で。

この人の、この1枚 『フォガット(Foghat)/フォガットⅡ(Foghat)』

フォガットはイギリスのブルースバンド、サヴォイ・ブラウン(Savoy Brown)から分裂した連中が、1971年に結成したバンドです。

サヴォイ・ブラウンについては以前の記事で少し触れていますので参考までに。

lynyrdburitto.hatenablog.com

1971年、サヴォイ・ブラウンのメンバー、ロンサム・デイヴ・ペヴァレット(Lonesome Dave Peverett,vo,g)トニー・スティーヴンス(Tony Stevens,b)、ロジャー・アール(Roger Earl,ds)が元ブラック・キャット・ボーン(Black Cat Bones)のロッド・プライス(Rod Price,g)を誘って結成します。

フォガットは何故かアメリカのレーベル、ベアーズヴィルと契約します。その理由、彼等はサヴォイ・ブラウン時代にもアメリカ公演を数多くこなしていた関係から、レーベル関係者と親交が深まっていたようです。ジェシ・ウィンチェスターやトッド・ラングレンなども所属していました。

デビューアルバム『Foghat』は1972年です。サヴォイ・ブラウンの延長線上のブルースロックです。メンバーが3人もいるので当然といえば当然ですが。

そして、翌年発表されたのが、やはり同じタイトル『Foghat』です。日本では『フォガットⅡ』となって、アメリカでは区別するために(Rock And Roll)が付けられました。

f:id:lynyrdburitto:20171011101840j:plain f:id:lynyrdburitto:20171011101905j:plain

 

Side A

1.Ride, Ride, Ride

2.Feel So Bad

3.Long Way To Go

4.It's Too Late

 

Side B

1. What A Shame

2.Helping Hand

3.Road Fever

4.She's Gone

5.Couldn't Make Her Stay

 

A-1 ロンサムとロッドの共作。いかしたロックロールナンバー。フォガットの新しい一面が見え始めました。

A-2 チャック・ウィリスのブルースナンバー。得意のパターンです。

A-3 ブルースを離れロックしています。ツインリードでの垢抜けた演奏になっています。メンバー全員の作品。

A-4 ロンサムとロッドの共作。珍しくスローで美しいナンバー。

B-1 ストーンズ風ナンバー。ロッドの曲。

B-2 ロッドとロンサムの共作。ロックンロールナンバー。

B-3 これも二人の共作。ロッドのスライドギターが聴けます。ロックンロール。

B-4 メンバー全員の作品。どこまでもロックンロール。

B-5 短い曲ですが、スローバラードナンバー。フォガットがこういう曲をやると意外性があって逆に新鮮です。

 

ファーストに比べ、洗練されアメリカナイズされました。一般評価は低いのですが、私は凄く気に入っています。ここまで徹底してロックンロール、ブギにこだわるバンドはなかなかありません。貴重です。

 

フォガットはアメリカのレーベルからのデビューということもあって、さらに音楽性がアメリカ的ということも手伝って、ファーストアルバム、サードアルバムの『Enerrgized』、5作目の『Fool For The City』がいずれもゴールドディスクを獲得します。

  

 

その後もフォガットは『Night Shift』『Live』『Stone Blue』『Boogie Motel

と70年代をロックンロール・ブギで駆け抜けます。

f:id:lynyrdburitto:20171011110442j:plain

 

80年代にはロジャー・アールとロンサム・デイヴの間にごたごたなどがあったりして解散状態になります。

しかし、1994年に和解して、オリジナルメンバー全員が集まって『The Return of the Boogie Men』を発表します

ブルース、ロックンロール、ブギ全開で安心させてくれました。

ところが2000年にロンサム・デイヴがガンで亡くなります。もはやこれまでと思われましたが、2003年に初めてロンサム抜きのアルバムをリリースして健在ぶりを見せました。

そして今でもメンバーチェンジはありますが頑張っています。凄いですね。

 


Foghat - Feel So Bad


Foghat - It's Too Late

 


Couldn't Make Her Stay.mov

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

ウェストコーストロック最後のスーパー・グループ 『サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド(The Souther-Hillman-Furay Band)』

以前、若干ですが記事で触れた『サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド』のアルバムを取り上げてみます。

lynyrdburitto.hatenablog.com

サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド(SHF)』は1973年、アサイラム・レコードのデヴィッド・ゲフィンが勢力を傾けて結成したロスアンぜルスのスーパーグループです。

ジョン・デヴィッド・サウザー(John Dvid Souther)ジャクソン・ブラウンイーグルスのグレン・フレイなどと親交が深く、リンダ・ロンシュタットのプロデュースなども手掛けた、後にはジャクソン・ブラウンに肩を並べるほどの大物になったシンガー・ソング・ライターです。

クリス・ヒルマン(Chris Hillman)ザ・バーズのオリジナルメンバーで脱退後はフライング・バッリト・ブラザース(FBB)、スティヴン・スティルスのマナサスに在席していました。

リッチー・ヒューレイ(Richie Furay)バッファロー・スプリングフィールドの創設メンバーで、後にバッファローのメンバーだったジム・メッシーナとポコを結成しました。

 

lynyrdburitto.hatenablog.com

この顔ぶれを見ただけで、いわゆるウェストコーストの、中でもロスアンゼルス・ミュージックの本道をゆくメンバーであることがわかります。

バンドの正式メンバーは

ジョン・デヴィッド・サウザー(John Dvid Souther,g,vo)

クリス・ヒルマン(Chris Hillman,b,g,mandolin,vo)

リッチー・ヒューレイ(Richie Furayg,vo)

ポール・ハリス(Paul Harris,key)

アル・パーキンス(Al Perkins steel g,g,b,dobro)

ジム・ゴードン(Jim Gordon,ds,per)

ジョー・ララ(Joe Lala,per)(2曲のみ参加)

です。

プロデュースはリチャード・ボードラ―です。スリー・ドッグ・ナイトやステッペン・ウルフを手がけた人です。

メンバーを見ただけで意気込みが伝わってきます。ジム・ゴードンを除きマナサスのメンバーです。ウェストコーストでは有名な連中です。ジム・ゴードントラフィックデレク&ザ・ドミノスに在席していたのことで、これまた有名なドラマーです。

 

1974年にファーストアルバム『The Souther-Hillman-Furay Band』がリリースされます。

f:id:lynyrdburitto:20171010123729j:plain

アルバム構成は、J.D.サウザーが4曲、クリス・ヒルマンとリッチー・ヒューレイが3曲づつとほぼ公平に割り振られています。それでも実権はJ.D.サウザーが握っていたようです。クリス・ヒルマンの曲はカントリーロック系です。リッチーはポコ時代のポップな曲、そしてJ.DサウザーはSSWらしい曲で、特にラストの「Deep,Dark And Dreamless」はドラマティックな曲でこのアルバムの目玉ではないでしょうか。バックのメンバーからして演奏力は申し分なく、ウェストコーストにしてはずっしりと重いリズムセクションと抜群のハーモニーが心地よい良質なアルバムが出来上がりました。

 

翌年、セカンドアルバム『Trouble in Paradise』がリリースされます。

f:id:lynyrdburitto:20171010130211j:plain f:id:lynyrdburitto:20171010130234j:plain

このアルバムでは、ドラムスのジム・ゴードンが抜け、代わりにロン・グリネル(Ron Grinel)ジョー・ララとともに参加しています。J.D.サウザーが2曲でドラムスを担当、ベースで1曲担当と大活躍です。プロデューサーもトム・ダウドに替わりました。

アルバム構成は全9曲中、J.D.サウザーが4曲、クリス・ヒルマンが3曲、リッチー・ヒューレイが2曲となっています。リッチーの曲が2曲というのもちょっと寂しいです。

アルバム1曲目の「Trouble in Paradise」は後に本人がソロアルバムでも取り上げています。また、「Prisoner In Disguise」はリンダ・ロンシュタットが同名のアルバムを出してカバーしています。

アルバム全体は前作の延長線ですが、どうしてもこのようなスーパーグループとなると、過去の例にもあるように、グループを共通の音楽の元に維持していくということに無理が生じてくるのでしょう。この3人に不協和音が出てきたという訳ではなく、じゃあ次何をやる、となると行き詰ってしまうのではないでしょうか。ラストの曲「Somebody Must Be Wrong」は意味深です。

私の予想通り、このアルバムがラストアルバムになってしまいました。

その後は3人ともソロアルバムの制作に入ります。

 

J.D.サウザーはファーストソロ『John Dvid Souther』で傑作を生みだします。

 

 ソロ3作目には大ヒットアルバム『You're Only Lonely』を出します。

f:id:lynyrdburitto:20171010132953j:plain

 

クリス・ヒルマンもソロアルバムを数多く出します。特にファーストソロ『Slippin' Away』ではFBB時代のグラム・パーソンズとの共作「Down in the Churchyard 」を取り上げたりして、カントリーロックを踏襲しています。セカンドは『Clear Sailin'』でした。

f:id:lynyrdburitto:20171010133631j:plain f:id:lynyrdburitto:20171010133657j:plain

 

リッチー・ヒューレイもいまだに頑張っています。ファーストの『I've Got a Reason』は傑作です。セカンドは『Dance a Little Light』です。

 

彼らの個別のソロアルバムについては、いずれまた改めて書きたいと思っています。

 

彼らの解散の後、ウェストコースト、特にロサンゼルス系は下り坂に入っていきます。イーグルスもピークを迎え、その後は解散へと向かいます。

この後、ファイアーファール、フールズ・ゴールド、ファンキー・キングス等々数多くのバンドが結成されては、解散へと。そしてやがてウェストコーストはL.Aメタルへと向かいます。

 


Deep Dark and Dreamless - Souther Hillman and Furay Band


Souther-Hillman-Furay Trouble in Paradise


The Souther Hillman Furay Band -Prisoner In Disguise

 

それでは今日はこの辺で。