Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ダンサブルなブリット・ポップ 『フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)』

今日は、『コーラル』『ザ・ズートンズ』『クーラ・シェイカー』と並んで60~70年代の香りをプンプンさせるバンド『フランツ・フェルディナンド』を取り上げたいと思います。やはり年齢的にこういうメロディーなり、サウンドを聴くと惹かれてしまいます。これも以前の記事で少しだけ触れていますので、参考までに。

lynyrdburitto.hatenablog.com

フランツ・フェルディナンド』はスコットランドグラスゴーの出身です。

メンバーは、

アレクサンダー・カプラノス(Alexander Kapranos,vo,g,key)

ロバート・ハーディ(Robert Hardy,b)

ポール・トムソン(Paul Thomson,ds)

ニコラス・マッカーシー(Nicholas McCarthy,g,key,vo)

です。

2001年にバンドを結成します。このかわったバンド名は第1次世界大戦のきっかけになった例のサラエボ事件で暗殺されたハンガリー帝国の皇位継承者の名前からとったそうです。

地元でも人気が高く、2004年に発表したデビューアルバムFranz Ferdinandは爆発的ヒットをもたらしました。

イギリスのみならずアメリカでも評判になり400万枚以上の記録的売り上げを記録しました。イギリスの3大音楽賞であるブリットアワード、マーキュリープライズ、NMEアワードを新人としては初めて総なめにしました。確かにアップテンポで踊れる音楽ですが、クラブミュージックともディスコとも違う、グループサウンズのようなメロディーを持った曲などもあり、郷愁を誘います。トータル36分と短いアルバムで、あっという間に聴き終わってしまう感じです。

 

翌年の2005年にはセカンドアルバムYou Could Have It So Much Better』を発表します。

これは全英初登場で1位をとるという、相変わらずの人気でした。メロディーにはますます磨きがかかり私などはすっかり虜になりました。聞くところによると、ボブ・ディランの影響をかなり受けているとの話もありますが、私などはキンクスの影響を感じてなりません。とにかく軽快でメロディアスで言うことなしです。

 

そして3年半のブランクの後、2009年に発表されたのが『Tonight』です。

このアルバムでは全2作と違って、メロディーよりもリズムに重点を置いた作りになっています。テンポもやや遅くなった感じで、ディスコ音楽のようです。これまでのフランツ・フェルディナンドとはだいぶ違って聞こえます。

 

さらに、4年のブランクの後、2013年に『Right Thoughts, Right Words, Right Action 』を発表します。

これはファースト、セカンドと前作の中間という言い方は変かもしれませんが、フランツの新たな一面をうかがわせる作品です。前3作を踏まえて、新たなダンスミュージックを確立したような感じです。

個人的にはファースト、セカンドがやっぱり好きです。

昨年、ニコラス・マッカーシーが退団を表明し、替わりにディーノ・バルドー(Dino Bardot,g,vo)とジュリアン・コリー(Julian Corrie,key,b,vo)の加入が発表されました。

 

今後のニューアルバムに期待です。

 


Franz Ferdinand - Do You Want To

 


Franz Ferdinand - Walk Away (2005)

 

それでは今日はこの辺で。

『クーラ・シェイカー(Kula Shaker)』 インド音楽との融合

今日は、ブリットポップの過渡期に現れた、興味深いバンド『クーラ・シェイカー』について書いてみます。60年代のロックとインド音楽を見事に融合させています。

以前の記事で少しだけ触れています。参考までに。

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

結成は1990年と古いのですが、デビューは『クーラ・シェイカー』とバンド名を変更した1996年です。

メンバーは、

クリスピアン・ミルズ (Crispian Mills,vo,g)

ジェイ・ダーリントン (Jay Darlington,org)

アロンザ・ベヴァン (Alonza Bevan,b)

ポール・ウィンターハート (Paul Winterhart,ds)

の4人組です。

1996年にデビューアルバム『K』をリリースします。

ヴォーカルのクリスピアンは仏教徒でバンド名もインドの皇帝の名から由来しているそうです。このアルバムのリリース前に発表されたデビューシングル「Gratefu When You're Dead」がいきなりヒット、続く「Tattva」に至ってはいきなり4位登場、3週で10万枚の大ヒットになりました。ちなみに「Gratefu When You're Dead」はグレートフル・デッドのジェリー・ガルシアとジャム・セッションをするという内容になっています。そして3枚目のシングルが「Hey Dude」で全英2位となりました。そして満を持してリリースした本作は初登場1位を記録しました。オアシス以来のデビューアルバム売上を記録し、日本でも大ヒットしました。1曲目の「Hey Dude」からベース、ドラムのグルーヴ感とギターのカッティングに圧倒されます。カッコいいです。全編サンスクリットの曲、さらに60年代を思わせるロックンロール、サイケデリックロックとまさにインド音楽とロックの見事な融合です。

 

この後ジョー・サウスのカバーでディープ・パープルで有名な「Hush」をシングルヒットさせ、1999年にセカンドアルバム『Peasants, Pigs and Astronauts』をリリースします。

しかしこの間、メディアとひと悶着あって、彼等は大バッシングを受けます。鉤十字(卍)に関する発言がナチスヒトラーを美化するものだというのです。クリスピアンは誤解だと反論しますが、バッシングの嵐は止みませんでした。そのせいもあったのかアルバムの売れ行きもいまひとつでした。この作品は前作の延長線上で、相変わらず見事な融合を見せています。出来は前作を凌いでいるのではないでしょうか。

 

そしてバンドはこの直後あっさりと解散を宣言します。わずか3年で2枚のアルバムを残し消えました。

そのごメンバーはそれぞれに活動し、クリスピアン・ミルズ は2001年に3ピースバンド『ザ・ジーヴァス(The Jeevas)』を結成し、2002年と2003年にそれぞれアルバムを発表します。『1234』と『Cowboys & Indians』です。

 

 

クリスピアンが「クーラ・シェイカーとは違ったことをやりたかった」という通り、ストレートなロックアルバムになっています。2枚目ではCCRの「雨を見たかい」やボブ・ディランの「戦争の親玉」をカバーしています。

しかしこれも商業的には成功といえず2004年に解散してしまいます。

 

2005年に再結成の話が持ち上がりジェイ・ダーリントンを除くメンバーは同意し、新たにハリー・ブロードベント (Harry Broadbent,org)を加え、再結成が実現しました。富士ロックフェスにも参加し、日本での変わらぬ人気を再確認しました。

 

そして2007年に再結成後の最初のアルバム『Strangefolk』をリリースします。

この新作ではインド風味がぐっと後退し、メロディーも美しくなり、60年代の雰囲気は生かしつつ、これはこれで十分楽しめますが、やはりファースト、セカンドと比較すると物足りなさは否めません。私見ですが。

 

そして3年ぶり、2010年には4枚目のアルバム『Pilgrim's Progress』を発表します。

美しいメロディーとともに戻ってきました。インド音楽はここでも影を潜め、サイケ、フォーク調の曲が多くなっています。いいんですが、どうしても前作同様物足りなさを感じてしまいます。あの飛び跳ねるようなロックンロールとインド音楽との融合のイメージが強すぎて払拭できません。最初の2枚を聴いていなければ、本作と前作は十分満足できるアルバムだと思うのですが。それでもこんな感想は、2,3年後にはまた変わっているかもしれませんが。

 

昨年、5枚目のアルバム『K 2.0』をリリースしましたが、残念ながら未購入です。リストには上がっているのですが、なかなか購入に至りません。まだ高いのです。

 

映像を2本ご覧ください。


Kula Shaker - Hush


Kula Shaker - Great Hosannah

 

それでは今日はこの辺で。

 

懐かしのメロディー 「グループサウンズ」編

f:id:lynyrdburitto:20170830144605p:plain f:id:lynyrdburitto:20170810091100p:plain

今日は、懐かしのメロディー「グループサウンズ」編です。さあ、どれだけ思い出せるか楽しみです。いつもの通りの決まり事で、1グループ1曲。順不同で行きます。

 

 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただければ、別画面で視聴可能です。理由は分かりません。無知なもので申し訳ありません。ご迷惑をお掛け致します。よろしくお願いいたします。

 

『何処へ/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

ブルコメは曲が多すぎて困りました。この曲を憶えている人は少ないと思います。ドラマの主題歌です。懐かしくて涙が出ます。


何処へ/ブルー・コメッツ

 

『夕陽が泣いている/ザ・スパイダース

今聴くと歌謡曲です。でも当時は画期的でした。

夕陽が泣いている

 

『青い鳥/ザ・タイガース

ヒット曲多数で悩みますが、フォークロック調のこの曲を。


青い鳥|ザ・タイガース


『君に会いたい/ザ・ジャガーズ

今聴いてもいい曲です。ああ懐かしい。たしかヴォーカルは岡本さんでした。


ザ・ジャガーズ=君に会いたい=

 

『エメラルドの伝説/ザ・テンプターズ

ショーケン若い。短いバージョンですが。


The Tempters Legend Of Emerald

 

『思い出の指輪/ヴィレッジ・シンガーズ』

映画の挿入歌でした。いい曲です。

 


ヴィレッジ・シンガーズVillage Singers/思い出の指輪Omoide No Yubiwa (1968年)

 

『長い髪の少女/ザ・ゴールデン・カップス

カップスは好きでした。デイブ平尾はもういません。

 


ザ・ゴールデン・カップスThe Golden Cups/長い髪の少女 Nagaikami No Shojo (1968年)

 

『愛のリメンバー/寺内タケシとバニーズ

これもこういう映像しかありません。なんだかよくわかりませんが、音源はオリジナルです。


バニーズ 愛のリメンバー.mpg

 

『ザ・サベージ/この手のひらに愛を』

サベージも懐かしい。寺尾聡がまだ在籍していたころです。


ザ・サベージThe Savage/この手のひらに愛をKono Tenohira Ni Ai Wo  (1966年)

 

『サハリンの灯は消えず/ジェノバ

異国ムード漂う。サハリンてなんだと思ったものでした。


三田村真     サハリンの灯は消えず   <ザジェノバ >

 

『雨のバラード/ザ・スウイング・ウェスト』

後にヴォーカルの湯原正幸がソロになっても歌ってヒットしました。


ザ・スウィング・ウエスト「雨のバラード」

 

おまけ

『一日だけの恋/アウト・キャスト』


一日だけの恋/アウト・キャスト/カルトGS

 

『遠い渚/シャープ・ホークス』

安岡力也のグループ。


遠い渚-シャープ・ホークス

 

3曲オーバーしてしまいました。しかしながら、どうしても載せたかった、カーナビーツ、ザ・ワイルドワンズなどは、いい映像が見つからず断念しました。

グループサウンズは意外と映像が少なく、結局あまり出来が良くありませんでした。申し訳ありませんでした。

 「懐かしのメロディー」シリーズも本日をもちまして一旦終了といたします。半世紀も前の音楽にお付きあいありがとうございました。また機会があれば、やってみたいと思います。本人は結構楽しめました。

それでは今日はこの辺で。

懐かしのメロディー 「国内男性」編 2

「沢田研二」の画像検索結果 「寺尾聡 ルビーの指輪」の画像検索結果

今日は、懐かしのメロディーの「国内男性」編の2回目です。ルールはいつもの通り。選曲の基準は好きというだけです。何とか10曲で収めたいのですが。それではいってみます。

 

 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただければ、別画面で視聴可能です。理由は分かりません。無知なもので申し訳ありません。ご迷惑をお掛け致します。よろしくお願いいたします。

 

『時の過ぎ行くままに/沢田研二

確か「3億円事件」のテレビドラマの主題歌だと記憶しています。名曲ですね。ジュリーはカッコいい。


時の過ぎ行くままに、沢田研二

 

ルビーの指環寺尾聰

サベージの寺尾聡がこんなカッコいい曲を連れて帰ってきました。レコード大賞


寺尾聰 - ルビーの指環

 

『欲望の街 /ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

映画「白昼の死角」の主題歌。懐かしい。


「白昼の死角」

 

  

 「気絶するほど悩ましい/Char』

気絶するほどカッコいい!今でも頑張っています。

「気絶するほど悩ましい」 - Char

 

『さらばシベリア鉄道 /大滝詠一

名曲です。でもちょっと怪しい映像。

 


【懐メロ】 大滝詠一 『さらばシベリア鉄道』

 

『裏切りの街角/甲斐バンド

甲斐バンドはこれでしょう。


甲斐バンド「裏切りの街角」

 

 

愛はかげろう雅夢

これはフォークになるのかな。まあいいか。


雅夢/愛はかげろう

 

『東京/マイペース』

深夜放送で何度も聴きました。田舎者には共感できます。


マイ・ペース 「東京」 1996 11 14 MPEG 4 HD

 

『さよならをするために/ビリーバンバン

テレビドラマ『二丁目三番地』の主題歌。石坂浩二浅丘ルリ子だったと思います。


「さよならをするために」ビリーバンバン

 

『遠くで汽笛を聞きながら/アリス』

アリスの中ではこれが一番です。


かしてつ 遠くで汽笛を聞きながら

 

 

 

あっという間の10曲でした。それぞれみんな思い出があります。懐かしさでいっぱいになります。年なんですね。

 

 

番外編

 

3曲だけお許しを。

 

『メモリーグラス/堀江淳

「水割りをくださーい、」声が特徴的です。


メモリーグラス/堀江淳

 

『昭和枯れすすき/さくらと一郎』

突然ど演歌です。テレビドラマ『時間ですよ』の挿入歌と記憶しています。藤竜也篠ひろ子。渋かった。


昭和枯れすすき 1

 

『京都の夜/愛田健二』

突然ムード歌謡です。修学旅行の時のやさしいバスガイドさんが歌ってくれました。


愛田健二=京都の夜=

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

懐かしのメロディー 「国内男性」編

f:id:lynyrdburitto:20170810084457p:plain f:id:lynyrdburitto:20170810084630p:plain 

しばらく間隔が空いてしまいましたが、再開します。とりあえず懐メロの残りをやっつけます。

今日は懐かしのメロディーの「男性歌手」編ということで10曲選んでみます。多分足りないので、第2弾があると思います。歌謡曲、演歌なんでもありです。一人1曲です。かなり古いです。

 

 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただければ、別画面で視聴可能です。理由は分かりません。無知なもので申し訳ありません。ご迷惑をお掛け致します。よろしくお願いいたします。

 

『赤いハンカチ/石原裕次郎

裕次郎は名曲が多くて困りましたが、映画の思い出ともにこの曲にしました。いい映画でした。浅丘ルリ子が良かった。


赤いハンカチ  石原裕次郎

 

『さすらい/小林旭

小林旭もヒット曲が多くて悩みますが、あえて古い歌を選びました。


懐メロ歌謡曲 79 小林 旭

 

『湖愁/松島アキラ』

この辺は、後聞きだと思います。名曲ですが、いかにも古いですね。


湖愁  松島アキラ

 

『霧の中の少女/久保浩』

この歌も後聞きだと思いますが、大人がよく歌っていました。


久保浩~霧の中の少女~(幻想的な尾瀬ヶ原の霧氷)

 

『古城/三橋美智也

母親が三橋美智也の大ファンでよく聞かされました。名曲です。


古城/三橋美智也

 

『涙になりたい/西郷輝彦

同名映画の主題歌。この頃はちょっとヒットするとすぐに映画化されました。松原智恵子との競演です。


西郷輝彦=涙になりたい=

 

『高原のお嬢さん/舟木一夫

これも同名映画の主題歌。「哀愁の夜」「北国の街」「絶唱」など和泉雅子とのコンビが多かった。迷いましたがこれにしました。和泉雅子はきれいでしたね。


舟木一夫_ 高原のお嬢さん_

 

『別れたあの人/加山雄三

初めて買ったシングル盤が加山雄三の「夜空を仰いで/旅人よ」でした。加山雄三を聴いた時は衝撃でした。それまでの歌謡曲にはないメロディーでしたから。その中でもあえて演歌を選びました。何曲か演歌がありますが、これは絶品です。


加山雄三 別れたあの人

 

『積み木の部屋/布施明

布施明もいい曲が目白押しで悩みますが、思い出深いこの曲にしました。苦い思い出がよみがえります。


積木の部屋  布施 明

 

青い山脈藤山一郎

懐メロといえばこれでしょう。小学校の遠足で歌わされました。

青い山脈 藤山一郎さん  奈良光枝 さん 原曲

 

あっという間の10曲でした。こうしてみると、映画とともに思い出があるようです。

第2弾あります。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

退院しました !

遂に、退院出来ました。夢のようです。

退院祝いのお言葉、スター、ブックマークありがとうございました。

今のところ、痛みも痺れも出ていません。

あとはビール祝杯をあげるだけです。

家族、特に妻には口では表せない程に世話になりました。感謝、感謝の一言です。

これにて闘病記は終了です。

お付き合いありがとうございました。

さあ、日常に復帰しましょう。

頑張ります !

病室の遥かに霞む富士の山 今日の別れぞ祝い酒かな
失礼しました。

それでは今日はこの辺で。

入院9日目、驚天動地!

朝、先生がいらっしゃって、「背中を見せて下さい」「ああ、きれいですね」と言って、何かを剥がしました。
「はい、抜糸終わりました。」
えっ
「もう、いつ帰ってもいいですよ。」
え~っ、
と、いうことで明日退院になりました。
驚き、桃の木、山椒の木、です。

リハビリの先生にも太鼓判を押されました。

あっけない幕切れでした。
それでも安堵の心でいっぱいです。

皆様には励ましのお言葉、スター、ブックマークをたくさんいただき、感謝の念でいっぱいです。
本当にありがとうございました。

コメントに対するお礼も出来ず、心苦しい限りですが、ご容赦願います。この場を借りて御礼申し上げます。

それと、皆様の記事は欠かさず読ませていただいております。スターやコメントを付けられないのが残念ですし、申し訳ないです。私のスマホ技術が未熟なのでしょう。

あとは明日のビールを待つばかりです。
遂に、やったぞ、ビールだっ

思えば、長いような、短いような、山あり谷ありの10日間でした。

お騒がせいたしました。

ありがとうございました。


それでは今日はこの辺で。