Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚 『ヒューゴ(Hugo)/Hugo』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はヒューゴ(Hugo)です。

 

かつて、ヴァレンタイン(Valentine)というバンドのフロントマンでした。ヴァレンタインと言っても、ロビー・ヴァレンタインのヴァレンタインではありません。

1990年に『Valentine』でアルバムデビューしましたが、そのメロディック路線はオルタナグランジブームの中のアメリカではさほど話題にもなりませんでした。日本やヨーロッパではそこそこ注目を浴びました。レコード会社のジャイアントは契約を解消しました。

次にRCAと契約が出来ましたが、バンド名をオープン・スカイズ(Open Skyz)に変更しました。リッチー・ズィト―をプロデューサーに迎え、1993年にアルバム『Open Skyz』をリリースしました。しかし、これも鳴かず飛ばずで結局解散に至りました。

フロントマンのヒューゴはソロとして活動を開始します。アメリカのオルタナグランジブームに見切りをつけ、イギリスに渡り、デモテープの制作に励みました。それがヨーロッパのメロディアス・ロックを手掛ける「Now & Then Records」の目に留まりました。そして契約成立、レコーディングへとなりました。

アルバムのプロデュースには同じレコード会社の『Ten』ゲイリー・ヒューズ(Gary Hughes)がヒューゴと共同で担当しました。

1997年、ヒューゴのファーストソロアルバム『Hugo』がリリースされました。

 

01.Intro

02.We'll Find A Way

03.Walk Away

04.So Many Tears Ago

05.Crazy

06.All That You Wanted

07.All The People You Love

08.If You're Ever Lonely

09.Desire

10.Standing Alone

11.A Tear In L.A.

 

レコーディングには『Ten』のメンバーヴィニー・バーンズ(Vinny Burns,g)グレッグ・モーガン(Greg Morgan,ds)ジェド・ライランズ(Ged Rylands,key)、そしてゲイリー・ヒューズもベース・プレイヤーとして参加しています。

 

ヒューゴのヴォーカルはジャーニーのスティーヴ・ペリーによく似ています。

 

シンフォニックなイントロに続いて、ヴィニーの澄み渡ったギターが聞こえてきます。そしてヒューゴのくぐもった声のヴォーカルへと進みます。2曲目、3曲目へとメロハー全開です。ヒューゴのヴォ―カルもハイトーンまでカバーしています。ジャーニーのようなアリーナ・ロックに近いロックです。

4曲目のバラードなどを聴くと、ヒューゴのハスキーな声がよく似合っています。8曲目の「If You're Ever Lonely」などは『Ten』を思わせます。

 

この後、2000年に『Time on Earth』、2004年に『Fire In The Night』をそれぞれリリースします。

 

 

この2作ともファーストアルバム程の出来には無かったように思います。

 

結局、この後の消息は今のところ不明です。

 


Hugo " We'll Find A Way "


Hugo - Walk Away


All The People You Love by Hugo Valenti


Hugo - If You're Ever Lonely

 

それでは今日はこの辺で。

 

聴き比べ ロッドと浅川マキ 『Just Another Honky』

今日の聴き比べは前回の続きです。

『Just Another Honky』です。この曲はフェイセズ(Faces)の1973年の4枚目のアルバム『ウー・ラ・ラ(Ooh La La)』に収められた曲です。曲はロニー・レーン(Ronnie Lane)です。フェイセズのスタジオアルバムはこれが最後となりました。この後ロッド・スチュワート(Rod Stewart)はソロで本格的にアメリカに乗り込みます。

Just Another Honky

by Ronnie Lane

 

I close my eyes and ignore all the signs

I'm walking 'round in circles

I've closed my ears and believed my own lies

And break the silence always

I make a lot of words, big storm in the air

All 'round your hair it's blowing

Just leave it be and it will all blow away

The weather's always changing

 

You can go if you want to

I don't own you, go be wild

Leave my hand, it's wide open

So's the door evermore

 

It hurts me more to think I'll keep you in chains

Than if you were to leave me

I am what you are and I'm running too

All for the open prairie

 

So you can go if you want to

I don't own you, go be wild

Leave my hand it's wide open

So's the door forevermore

 


Just Another Honky

 

Just Another Honky

訳詞:浅川マキ

 

目を閉じて おいらは なにもかも無視する

そしておいらは 歩くさ 円を描きながら

耳を防いで おいらは うその世界のなか

そして おいらは 信じた このうその世界を

  

なにもかも かきまぜりゃ 大空に嵐が

こんな風に いつでも 沈黙を破るの

 

そうさ嵐は おいらの からだのなかを

そんなときに あの娘は去っていく

  

空模様が変わって 嵐がやって来る

だけど おいらの両手は 開いたままで

それはちょうど あの扉が いつも開いてるように

つむじ風が過ぎ去り なにもかも飛び散る

  

そうさ あの娘は自由さ 引き止めはしない

なのに嵐が おいらを もっとだめにする

 

 


Maki Asakawa 浅川マキ 「 JUST ANOTHER HONKY(歌詞付) 」

 

この頃の浅川マキさんはロッドに惚れ込んでいたようです。この『灯ともし頃』のライブはメンバーも素晴らしく聴きごたえ十分です。

 

ふと、このアルバムについて以前書いたような気がして検索したら書いていました。参りました。ほんとに忘れっぽくなっています。危ないです。

 

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ ロッドと浅川マキ『It's Not the Spotlight(それはスポットライトではない)』

今日の聴き比べはロッド・スチュワート(Rod Stewart)浅川マキさんです。浅川マキさんはロッド・スチュワートがお気に入りだったようで、何曲かカバーしています。それも自身で訳詞して歌っていました。

本来なら「ガソリン・アレイ(Gasoline Alley)」を取り上げたかったのですが、映像が無かったので諦めます。

代わりにマキさんのライブアルバム『灯ともし頃』の中で2曲ロッドのカバーをしていますのでそれを取り上げたいと思います。1曲はフェイセズ(Faces)時代の曲です。

 

まずは『It's Not the Spotlight(それはスポットライトではない)』です。これはロッドがアメリカに進出するきっかけとなった1975年のアルバム『アトランティック・クロッシング(Atlantic Crossing)』バリー・ゴールドバーグゲイリー・ゴフィンの曲をカバーしました。

 

It's Not the Spotlight

by Gerry Goffin/Barry Goldberg

 

If I ever feel the light again shining down on me

I don't have to tell you what a welcome it will be

I felt the light before but I let it slip away

But I still keep on believing that it'll come back some day

 

It's not the spotlight, it's not the camera light

It's not the street lights of some old street of dreams

It ain't the moonlight, not even the sunlight

But I've seen it shining in your eyes and you know what I mean

 

Sometimes I try to tell myself the light was never real

Just a fantasy that used to be, the way I used to feel

But you and I know better, even though it's been so long

If your memory really serves you well, you'll never tell me no wrong

 

It's not the spotlight, it's not the camera light

It's not the streetlights of some old street of dreams

It ain't the moonlight, not even the sunlight

But I've seen it shining in your eyes you know what I mean

 

So if I ever feel the light again shining down on me

I don't have to tell you what a welcome it would be

I felt the light before but I let it slip away

But I still keep on believing that it'll come back some day

 

It's not the spotlight, it's not the camera light

It's not the streetlights of some old street of dreams

It ain't the moonlight, not even the sunlight

But I've seen it shining in your eyes and you know what I mean


It's Not the Spotlight (2008 Remaster)

 

マキさんのカバーバージョンですが、映像の音源は『灯ともし頃』の音源とは違うようです。歌詞はマキさんが訳しています。

 

それはスポットライトではない

訳詞:浅川マキ

 

もしも光がまたおいらに

当るならそれをどんなに待ってるさ

ずっと以前のことだけれど

その光に気付いていたのだが

逃がしただけさ

だけどふたたびいつの日にか

あの光がおいらを照らすだろう

あの光そいつは

古びた町のガス燈でもなく

月灯りでもない

スポットライトでなく

ローソクの灯じゃない

まして太陽の光じゃないさ

あの光そいつは

あんたの目に

いつか輝いていたものさ

またおいらいつか

感じるだろうか

あんたは何を知ってるだろうか

It's not the spotlight

It's not the candlelight

It's not the streetlights

Of some old street of dreams

It ain't the moon light

Not even the sunlight

But I seen it shining in your eyes

And you know what I mean


浅川マキ「それはスポットライトではない」(1977年 ライヴ)Maki Asakawa

 

 

長くなってしまったのでもう1曲は次回に回します。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

聴き比べ『ホンキー・トンク・ウィメン(Honky Tonk Women)』

今日の「聴き比べ」は『ホンキー・トンク・ウィメン(Honky Tonk Women)』です。

言わずと知れたローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の名曲です。

1969年にシングル・リリースされ全米・全英ともに1位を獲得する大ヒットになりました。

アルバムにはベスト盤の『スルー・ザ・パスト・ダークリー(ビッグ・ヒッツ Vol.2)(Through The Past, Darkly (Big Hits Vol. 2))』に収録されました。ミック・テイラー加入後初のシングルでした。

f:id:lynyrdburitto:20190802091649j:plain 

 

Honky Tonk Women

by Mick Jagger & Keith Richards

 

I met a gin-soaked barroom queen in Memphis

She tried to take me upstairs for a ride

She had to heave me right across her shoulder

Cause I just can't seem to drink it off my mind

 

It's the honky tonk women

Gimme, gimme, gimme the honky tonk blues

 

I laid a divorcee in New York City

I had to put up some kind of a fight

The lady then she covered me with roses

She blew my nose and then she blew my mind

 

It's the honky tonk women

Gimme, gimme, gimme the honky tonk blues

 

Strollin' on the boulevards of Paris

Naked as the day that I will die

The sailors, they're so charming there in Paris

But I just don't seem to sail you off my mind

 

It's the honky tonk women

Gimme, gimme, gimme the honky tonk blues


Honky Tonk Woman/Rolling Stones

 

アルバム『レット・イット・ブリード(Let It Bleed)』にはカントリー風にアレンジした『カントリー・ホンク(Country Honk)』が収録されました。


Country Honk

 

そしてこの曲は多くの人にカバーされました。

 

まずはジョー・コッカー(Joe Ccker)です。マッド・ドッグス & イングリッシュメン(Mad Dogs & English Men)』のライヴ盤で取り上げました。オープニング・ナンバーです。


JoeCocker Honky tonky women(live-from Mad dogs and englishmen)

 

1971年にはかつてのロックンロールからカントリーに転向したリック・ネルソン(Rick Nelson)です。「ハロー・メリー・ル―」でおなじみです。彼の1971年のアルバム『Rudy the Fifth』の中でカバーしました。


Ricky Nelson Honky Tonk Woman

 

1973年にはハンブル・パイ(Humble Pie)がやってくれました。ライブアルバム『Eat It』の中でカバーしました。スティーヴ・マリオットの絶叫が聴けます。


Honky Tonk Women

 

そしてグラム・パーソンズ(Gram Parsons)です。ストーンズと親交の深かったグラムは先日取り上げた『ワイルド・ホース』以外にもこの曲をカバーしました。ただし、これは彼の死後、1976年に発表された未発表曲集『スリープレス・ナイツ(Sleepless Nights)』に収められたものです。フライング・バリット・ブラザース在籍時の録音です。独特のアレンジが聴きものです。


Gram Parsons - Honky Tonk Women

 

日本では以前にも紹介した松田優作がライブアルバム『HARDEST NIGHT LIVE』でカバーしました。残念ながら映像がありません。

 

以上、私の気に入っているバージョンを並べましたが、この他にもたくさんカバーされています。ロックの名曲の一です。

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ レオンとカーペンターズ『マスカレード(This Masquerade)』

今日の「聴き比べ」は『マスカレード(This Masquerade)』です。

みたびレオン・ラッセル(Leon Russell)カーペンターズ(Carpenters)です。

この曲はレオン・ラッセルの1972年のアルバム『カーニー(Carney)』に収められました。変わらぬレオンの怪しげなヴォーカルが好きです。

 

This Masquerade

by Leon Russell

 

Are we really happy

With this lonely game we play?

Looking for the right words to say

Searching but not finding

Understanding anywhere

We're lost in this masquerade

 

Both afraid to say we're just to far away

From being close together from the start

We tried to talk it over

But the words got in the way

We're lost inside this lonely game we play

 

Thoughts of leaving disappear

Each time I see your eyes

And no matter how hard I try

To understand the reasons

Why we carry on this way

We're lost in a masquerade

We tried to talk it over

But the words got in the way

We're lost inside this lonely game we play

 

Thoughts of leaving disappear

Each time I see your eyes

And no matter how hard I try

To understand the reasons

Why we carry on this way

We're lost in a masquerade

 

We're lost in a masquerade

And we're lost in a masquerade

 


Leon Russell - This Masquerade

 

カーペンターズがまたしてもカバーしました。1973年のアルバム『ナウ・アンド・ゼン(Now & Then)』に収められました。このアルバムはヒット曲目白押しでした。


Carpenters "This Masquerade"

カーペンターズのこのカバー・バージョンは大好きです。曲がいいのはもちろんなのですが、カレンの声が実に曲にフィットしています。カレンの早すぎる死は返す返すも悔やまれます。

 

カーペンターズはカバーによるヒットが多いグループですが、特にレオン・ラッセルには足を向けて寝られませんね。

 

そういえばこの曲が一番売れたのが、なんとジョージ・ベンソン(George Benson)によるカバーでした。1976年の大ヒットアルバム『ブリージン(Breezin)』に収められましたが、ビルボードの10位を記録しグラミー賞の最優秀レコード賞を獲得しました。フュージョンと言われるジャンルが流行り出した頃でした。


george benson this masquerade

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ レオンとカーペンターズ『A Song For Your』

今日の「聴き比べ」は『A Song For You』です。

この曲はレオン・ラッセル(Leon Russell)が1970年に発表したアルバムレオン・ラッセル(Leon Russell)』に収められた曲です。レオンの怪しげなヴォーカルが何とも言えずそそられます。

 

A Song For You

by Leon Russell

 

I've been so many places

In my life and times

I've sung a lot of songs

I've made some bad rhymes

I've acted out my love on stages

With ten thousand people watching

But we're alone now and

I'm singing this song to you

 

I know your image of me

Is what I hope to be

I've treated you unkindly

But darling can't you see

There's no one more important to me

Darling can't you please see through me

'Cause we're alone now and

I'm singing this song to you

 

You taught me precious secrets

Of the truth withholding nothing

You came out in front and I was hiding

But now I'm so much better

And if my words don't come together

Listen to the melody

'Cause my love is in there hiding

 

I love you in a place

Where there's no space and time

I love you for my life

You are a friend of mine

And when my life is over

Remember when we were together

We were alone and

I was singing this song to you

 

But I love you in a place

Where there's no space and time

I love you for my life

You are a friend of mine

And when my life is over

Remember when we were together

We were alone and

I was singing this song for you

 

We were alone and

I was singing this song for you

We were alone and

I was singing my song

Singing this song for you


A Song For You

 

レオン・ラッセルはその長いキャリアから、幅広いアーティストとの交流があります。マーク・ベノ、J.J ケイル、デラニー&ボニー、ジョー・コッカーエリック・クラプトンローリング・ストーンズなどなど。そのため彼の楽曲は多くの人にカバーされています。

 

この曲のカバーの代表はやはりカーペンターズ(Carpenters)でしょうか。カーペンターズは以前にも紹介したデラニー&ボニーが歌った「スーパー・スター」もやはりレオン・ラッセルの曲でした。カーペンターズはこの曲を1972年のその名もア・ソング・フォー・ユー(A Song For You9』でカバーしました。カレンの声はいつ聴いても美しい。


A SONG FOR YOU/カーペンターズ(歌詞付)

 

 

その他、この曲はダニー・ハサウェイ、ヘレン・レディ、シェールなど多くの人がカバーしました。が、私個人的にはレオン・ラッセルの不気味さが好きです。

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ JJとクラプトン『アフター・ミッドナイト(After Midnight)』

今日の「聴き比べ」は『アフター・ミッドナイト(After Midnigt)』です。

この曲はJ.J ケイル(J.J Cale)の作った曲ですが、私が最初に聴いたのはエリック・

クラプトン(Eric Clapton)のバージョンでした。

 

After Midnight

by J.J Cale

 

After midnight, we're going to let it all hang down

After midnight, we're going to chug-a-lug and shout

We're going to stimulate some action

We're going to get some satisfaction

We're going to find out what it is all about

After midnight, we're going to let it all hang down

 

After midnight, we're going to shake your tambourine

After midnight, it's all going to be peaches and cream

We're going to cause talk and suspicion

We're going to give an exhibition

We're going to find out what it is all about

After midnight, we're going to let it all hang down

 

After midnight, we're going to let it all hang down

After midnight, we're going to shake your tambourine

After midnight, it's all going to be peaches and cream

We're going to because talk and suspicion

We're going to give an exhibition

We're going to find out what it is all about

After midnight, we're going to let it all hang down

 

この曲は、1970年のエリック・クラプトンのファースト・ソロアルバムEric Claptonに収録されました。


After Midnight

 

これがこの曲の最初のリリースかと思われましたが、実はこの4年も前の1966年にJ.Jケイルがシングル盤をリリースしていました。しかし、さっぱり売れませんでした。J.Jケイルは引退の危機にありました。

ところがデラニー&ボニーがクラプトンやレオン・ラッセルらとツアーを共にするようになって、誰かがこの曲をクラプトンに紹介したのでしょう。もちろんクラプトンは初めて聴いた曲で、これを気に入り録音したという訳です。そしてこれが評判を呼んだのです。

 

一方JJの方もクラプトンが録音したことなど知りませんでした。そしてこの曲が売れ出すとたいそう喜び、ようやく運が向いてきたとばかりに、レオン・ラッセルのシェルター・レコードからリリースされた自分のファースト・ソロアルバムナチュラリー(Naturally)』にこれを録音し直しました。そしてこのアルバムはそこそこの人気を得て、J.Jケイルは音楽界に留まることが出来たのです。ですから幸運の1曲なのです。


After Midnight - JJ Cale

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

その後もクラプトンはライブでもこの曲を盛んに取り上げました。そして多くのライブレコーディングが存在します。

 

それでは今日はこの辺で。