Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

メロディ・ガルドー(Melody Gardot)『My One and Only Thrill』入手

中古CD漁りをしていて、何げなく手に取ったアルバムをそのまま買ってしまいました。完全にジャケ買いでした。

アーティストはメロディ・ガルドー(Melody Gardot)、アルバム名は『My One and Only Thrill』です。

 

01. Baby I'm a Fool

02. If the Stars Were Mine

03. Who Will Comfort Me

04. Your Heart Is As Black As Night

05. Lover Undercover

06. Our Love Is Easy

07. Les Etoiles

08. The Rain

09. My One and Only Thrill

10. Deep Within the Corners of My Mind

11. Over the Rainbow

12. If the Stars Were Mine (Orchestral Version) ※

13.Pretend I Don’t Exist ※

※ ボーナストラック

 

パーソナルは

Melody Gardot – guitar, piano, vocals

Gary Foster – alto sax

Bryan Rogers – tenor sax, backing vocals

Larry Goldings – Hammond B3 organ

Patrick Hughes – trumpet, backing vocals

Andy Martin – trombone

Behn Gillece – vibraphone

Nico Abondolo – double bass

Drew Dembowski – double bass

Larry Klein – bass guitar, backing vocals

Ken Pendergast – bass guitar, backing vocals

Vinnie Colaiuta – drums

Charlie Patierno – drums, backing vocals

Paulinho da Costa – percussion

 

プロデュースはジョ二・ミッチェルの前の夫、ラリー・クライン(Larry Klein)です。

 

このメロディ・ガルドーはこのアルバムをリリースした時はまだ24歳でした。現在34歳です。

解説によると、彼女は19歳の時に交通事故に遭い、瀕死の重傷を負いました。骨盤が砕け、下半身麻痺。さらに頭部の負傷で短期的記憶喪失で話すことも出来なくなり、1年間寝たきりの状態でした。少しずつ回復するも、光線・聴覚過敏症になり、永久的障害として残ることになりました。従ってサングラスは欠かせません。骨盤骨折の痛みで杖は必須で、専用の椅子も用意してあるとのことです。

 

音楽の仕事を始めたのは16歳の頃で、ピアノバーでピアノを弾いたのが始まりです。当初は趣味でやっていた程度です。そして交通事故に遭い、その痛みを克服するために治療の一つとして医師の勧めで音楽を始めたのです。母親がギターを買ってくれ、それを寝ながら弾いて覚えたそうです。昔から絶対音感があって、ラジオで聴いた曲はすぐに弾けるようになりました。

 

そして自ら曲を書くようになり、それらを録音したテープを友人がアップロードしたところこれが評判となり、ユニバーサルとの契約が成立しました。そして2006年にファーストアルバムWorrisome Heart』がリリースされ、2009年に本アルバムがリリースされました。

 

メロディの音楽は基本的にはジャズですが、サンバやボサノヴァといったブラジル音楽の要素が盛り込まれています。そして憂いを帯びたボーカルが魅力です。暗く沈んだ曲などは実に上質なフランス映画を観ているような気分になります。夜中にウィスキーでも飲みながら聴けば最高でしょう。

 

ジャケ買いが成功でした。これまで5枚のアルバムをリリースしているようです。残り4枚を何としてもゲットしましょう。

 


Your Heart Is As Black As Night


Melody Gardot - Lover Undercover


Melody Gardot - My One and Only Thrill


Melody Gardot - Over The Rainbow

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ N.ヤングとウォークアバウツ『ライク・ア・ハリケーン(Like A Hurricane)』

今日の「聴き比べ」は『ライク・ア・ハリケーン(Like A Hurricane)』です。

ニール・ヤング(Neil Young)、屈指の名曲です。

アルバムでは1977年の『American Stars'n Bars』に収録されましたが、私がこの曲を初めて聴いたのは、アルバムが出る前の1976年の日本武道館での初来日公演の時でした。大きな扇風機の前で髪をなびかせながらこの曲を歌いました。その時になんていい曲なんだ、と即座に思いました。その後1年以上経ってからアルバムが発売され、この曲が収録されていることを知った時には嬉しかったです。このアルバムはこの1曲だけでも価値があります。毎日この曲を聴いてから出勤したものです。

 

Like A Hurricane

by Neil Young

 

Once I thought I saw you

In a crowded hazy bar

Dancing on the light

From star to star

Far across the moonbeam

I know that's who you are

I saw your brown eyes

Turning once to fire

 

You are like a hurricane

There's calm in your eye

And I'm getting blown away

To somewhere safer

Where the feeling stays

I want to love you but

I'm getting blown away

 

I am just a dreamer

But you are just a dream

You could have been

Anyone to me

Before that moment

You touched my lips

That perfect feeling

When time just slips

Away between us

On our foggy trip

 

You are like a hurricane

There's calm in your eye

And I'm getting blown away

To somewhere safer

Where the feeling stays

I want to love you but

I'm getting blown away

 

You are just a dreamer

And I am just a dream

You could have been

Anyone to me

Before that moment

You touched my lips

That perfect feeling

When time just slips

Away between us

On our foggy trip

 

You are like a hurricane

There's calm in your eye

And I'm getting blown away

To somewhere safer

Where the feeling stays

I want to love you but

I'm getting blown away


Like a Hurricane (2016 Remaster)

 

この曲も多くの人にカバーされました。ロキシー・ミュージックやジェフ・ヒーリーなど。

今日は変わったところで、これも私が好きなバンド、ウォークアバウツ(The Walkabouts)のカバー・バージョンを紹介したいと思います。1996年に発売された彼らの未発表曲集『Death Valley Days』に収録されました。ウォークアバウツはオルタナ・カントリーバンドでニール・ヤングの影響も受けています。

lynyrdburitto.hatenablog.com


the Walkabouts-like a hurricane.wmv

本家には及びませんが、なかなか聴かせます。取り上げただけでも立派です。

 

ジェフ・ヒーリー(Jeff Healey)も負けずにカッコいいです。


Jeff Healey - Like A Hurricane - Norway 2006

 

ニールはオリジナルアルバム以外にもライブアルバムに多くの音源を残しています。

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ N.ダイアモンドとエルヴィス『スイート・キャロライン(Sweet Caroline)』

今日の「聴き比べ」は『スイート・キャロライン(Sweet Caroline)』です。

この曲はニール・ダイアモンド(Neil Dimamond)が1968年に飛ばしたヒット曲です。全米の4位になり、100万枚を売り上げる大ヒットでした。この曲は当時11歳だったケネディ元大統領の長女キャロラインのことを歌った曲でした。しかし、後日、ニールはこれを否定し、単に名前を使っただけだ、と述べています。真偽のほどはわかりません。

さらにこの曲はアメリカのメジャーリーグ、ボストン・レッド・ソックスの本拠地、フェンウェイ・パークで流されており、それで聴いた人も多いのではないかと思います。わたしもメジャーリーグを観るようになって驚いたことを思い出します。

アルバムには1970年のライブアルバム『Gold』に収録されました。当時私も買ってしまいました。ライブですがベストアルバムのような選曲です。 


Neil Diamond - Sweet Caroline (Stereo!)

Sweet Caroline

by Neil Diamond

 

Where it began

I can't begin to knowin'

But then I know it's growing strong

Was in the spring

And spring became the summer

Who'd have believed you'd come along

 

Hands, touchin' hands

Reachin' out, touchin' me, touchin' you

 

Sweet Caroline

Good times never seemed so good

I've been inclined

To believe they never would

 

But now I look at the night

And it don't seem so lonely

We fill it up with only two

And when I hurt

Hurtin' runs off my shoulders

How can I hurt when holdin' you

 

One, touchin' One

Reachin' out, touchin' me touchin' you

 

Sweet Caroline

Good times never seemed so good

I've been inclined

To believe they never would

Oh no no

 

Sweet Caroline

Good times never seemed so good

Sweet Caroline

I believe they never could

Sweet Caroline

Good times never seemed so good

 

そして、またまた『エルヴィス・オン・ステージ』で恐縮ですが、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)が映画の中で歌いました。これが実にカッコよかったのです。アクションにも惚れ惚れしました。

f:id:lynyrdburitto:20190820114923p:plain

ですが、この曲は当時のサントラ盤には収録されませんでした。別なレコード『オン・ステージ 2』という形で発売されましたが、ここに収録されたバージョンは映画バージョンとは違う日の録音でした。

 

映画バージョンは発売30周年を記念して発売された3枚組CD『エルヴィス・オン・ステージ~30th Anniversary Edition』に収録されました。


Elvis Presley Sweet Caroline 1970 HQ Live

 

時代を感じさせる1曲でした。

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ ライチャスとエルヴィス『ふられた気持ち(You've Lost That Lovin' Feelin')』

今日の「聴き比べ」は『ふられた気持ち(You've Lost That Lovin' Feelin')』です。

この曲はライチャス・ブラザーズ(The Righteous Brothers)が歌って1964年に全米1位となった大ヒット曲です。ライチャス・ブラザーズはアンチェインド・メロディ(Unchained Melody)」などで有名ないわゆるブルー・アイド・ソウルの代表選手です。以前紹介したフィル・スペクター(Phil Spector)の門下生です。

この曲は当初シングルとして発売され、1965年のアルバム『You've Lost That Lovin' Feelin'』に収録されました。プロデュースは当然フィル・スペクターです。 

 

You've Lost That Lovin' Feelin'

by Barry Mann, Cynthia Weil & Phil Spector

 

You never close your eyes anymore when I kiss your lips

And there's no tenderness like before in your fingertips

You're trying hard not to show it (baby)

But baby, baby I know it

 

You've lost that lovin' feeling

Whoa, that lovin' feeling

You've lost that lovin' feeling

Now it's gone, gone, gone, whoa

 

Now there's no welcome look in your eyes when I reach for you

And now you're starting to criticize little things I do

It makes me just feel like crying (baby)

'Cause, baby, something beautiful's dying

 

You lost that lovin' feeling

Whoa, that lovin' feeling

You've lost that lovin' feeling

Now it's gone, gone, gone, whoa

 

Baby, baby, I'd get down on my knees for you

If you would only love me like you used to do, yeah

We had a love, a love, a love you don't find everyday

So don't, don't, don't, don't let it slip away

Baby (baby), baby (baby)

I beg of you, please, please

I need your love (I need your love)

I need your love (I need your love)

So bring it on back (So bring it on back)

Bring it on back (so bring it on back)

 

Bring back that lovin' feeling

Whoa, that lovin' feeling

Bring back that lovin' feeling

Cause it's gone, gone, gone

And I can't go on, no

Bring back that lovin' feeling

Whoa, that lovin' feeling

Bring back that lovin' feeling

Cause it's gone, gone...


You've Lost That Lovin' Feelin'

 

私がこの曲を知ったのは、ライチャス・ブラザーズではありませんでした。1964年の頃では聴くはずもありませんでしたから。

この曲を最初に聴いたのがエルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)でした。それも映画『エルヴィス・オン・ステージ』ででした。初めてエルヴィスの動く姿を観て圧倒されました。中でもこの曲の印象は強かったのです。今観るとちょっと笑っちゃいますが、当時はこれがカッコよかったのです。


Elvis Presley - You've lost that loving feeling

 

それからしばらくして1985年にポール・ロジャース(Paul Rogers)ジミー・ペイジ(Jimmy Page)が作ったバンド『ファーム(The Firm)』がこの曲をカバーしました。アルバム名も『Firm』でした。さすがにポール、上手い。


You've Lost That Lovin' Feeling

 

ブルー・アイド・ソウルの傑作でした。

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

山崎ハコ ライブ!

記事を書いている途中で誤って投稿してしまったようです。失礼しました。改めて投稿します。

 

1年ぶりに山崎ハコちゃんのライブに行ってきました。場所は昨年と同じ亀戸文化センター・カメリアホールです。

朝から生憎の雪まじりの寒い一日でしたが頑張って行ってきました。

f:id:lynyrdburitto:20200119082447j:plain

f:id:lynyrdburitto:20200119082529j:plain

前から5番目のど真ん中でした。申し込みが早かったのでいい席でラッキーでした。

 

午後6時ちょうどに開演です。

 

セットリスト

 

第1部 ハコちゃんのソロ

 

01.望郷

02.さすらい

03.かざぐるま

04.橋向こうの家

05.影が見えない

06.子守唄

07.飛びます

 

15分休憩

 

第2部 安田裕美さん登場

 

08.織江の唄

09.ヨコハマ

10.横浜ホンキートンク・ブルース

11.横浜から

12.Snow

13.ごめん・・・

14.BEETLE

15.縁

 

アンコール

 

16.サヨナラの鐘

17.気分を変えて

 

約3時間に及ぶ熱演でした。昨年は風邪を引いていたせいで辛そうでしたが、今年は絶好調でした。

ただ、安田さんが2部からの登場というのがちょっと心配です。途中から登場というのはよくあるのですが、第1部丸々ハコちゃんのソロというのは珍しいです。安田さん、病気で体重が20キロも減ったということです。体調が心配です。

 

今年のライブはレコードデビュー45周年ということで、第1部はデビューアルバム『飛・び・ま・す』を再現しました。

 

1曲目『望郷』はアルバムのオープニングを飾る曲で、ライブでもオープニングの定番です。山崎ハコといえばこの曲です。

 

2曲目の『さすらい』はステージで聴くのはおそらく初めてだと思います。このころのハコちゃんの代名詞となった「暗い」曲の代表的な曲です。素晴らしい。

 

3曲目の『かざぐるま』は大好きな曲です。これもステージで聴くのは初めてのような気がします。これは珍しくオリジナル曲ではありません。

 

4曲目は『橋向こうの家』も暗い曲です。そこが魅力なのです。

 

5曲目の『影が見えない』も同様の暗い曲。わずかに10代の若い娘が書くような詩ではありません。

 

6曲目は『子守唄』です。この曲は松尾和子さんがカバーしたそうです。いい曲書くねと褒められたそうです。とっても嬉しかったと言っていました。

 

7曲めは第1部のラストを飾る、アルバムのタイトル曲『飛びます』です。

 

今、デビューアルバムを聴き直してみましたが、この頃のハコちゃんの声は今よりも低音で太かったような気がします。

本人は今でもキーを下げずに歌っていると言っていますが、凄いことです。

 

第2部は最近のライブではよく歌っている曲が並びます。ようやく安田さんが登場。

 

『織江の唄』はやはり安田さんのギターが無いと始まりません。

 

『ヨコハマ』も大好きな曲です。イントロにアレンジが見られました。

 

『横浜ホンキートンク・ブルース』は最近のライブの定番です。原田芳雄さん、松田優作さんその他、横浜にゆかりのある人たちがよくカバしている曲です。藤竜也さんとエディ潘の曲です。原田芳雄さんの話もしていました。来月の彼のバースデー・ライブにも出演するそうです。2月29日が誕生日で、今年で20歳だそうです。

 

『横浜から』阿久悠の詩にハコちゃんが曲を付けたものです。アルバム『横浜から 阿久悠未発表作品集』から。

 

『Snow』はアルバム『縁』から。名曲です。

 

『ごめん・・・』はアルバム『私のうた』から。震災後の東北地方を訪れた時の印象を歌にしたものです。

 

『BEETLE(ビートル)』、これも名曲です。テレビ番組のテーマ曲になりました。

 

『縁』はアルバム『縁』のタイトル曲です。

 

以上で第2部の終了

 

ハコちゃんが着替えてきてのアンコールです。ド派手な服で登場。会場からどよめきが起こります。

 

再びデビューアルバムから『サヨナラの鐘』を歌います。

 

そしてラストは当然『気分を変えて』です。この曲はアイドル時代の香坂みゆきがカバーしたそうです。知りませんでした。

会場一体となってノリノリのエンディングでした。

 

終って見れば9時近くになっていました。年を感じさせない頑張りでした。

 

6月には恒例のバースデーライブを開催する予定です。最近は全国を駆け回っているようです。ますます元気です。

f:id:lynyrdburitto:20200119092505j:plain

 

実に楽しい一時を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

 


山崎ハコ Yamasaki Hako - さすらい Wandering - 飛・び・ま・す Fly (1975)


Hako Yamasaki - かざぐるま


山崎ハコ Yamasaki Hako 影が見えない See No Shadows 飛・び・ま・す Fly (1975)


Hako Yamasaki - Yokohama


Hako Yamasaki - BEETLE

 

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

 

『H.E.A.T』 1st & 2nd 入手

名前だけは知っていた『H.E.A.T』のCDを格安で入手しました。

ファーストとセカンドの2イン1CDです。歌詞カードもライナーノーツもありません。

スウェーデンのメロハー・バンドだというのは知っていましたが、実際の購入までには至っていませんでした。結成が2007年ということで比較的新しいバンド(私にとっては)なので、それだけでちょっと敬遠したのかもしれません。何しろ、この頃はすでにメロハーブームは終わっていたものと思っておりましたから。年のせいか、新しいバンドに手を出す元気もなくなってきていますので。

でも、今回思わぬ安値だったので、それも2イン1でお得でしたので買ってしまいました。

ただ、解説も何もないので、バンドの詳しいことは全くわかりません。

判ったのはメンバーの名前だけです。

ケニー・レクレモ(Kenny Leckremo,vo)

デイヴ・ダロン (Dave Dalone,g)

エリック・リヴァース(Eric Rivers,g)

ヨナ・ティー (Jona Tee,key)

ジミー・ジェイ (Jimmy Jay,b)

クラッシュ (Crash,ds)

f:id:lynyrdburitto:20190605111146j:plain

 

CD.1 2008年

『H.E.A.T』

01.Intro

02.There For You

03.Never Let Go

04.Late Night Lady

05.Keep On Dreaming

06.Follow Me

07.Straight For Your Heart

08.Cry

09.Feel It Again

10.Straight Up

11.Bring The Stars

12.You're Lying

13.Feel The Heat

 

プロデュースはH.E.A.TMichael Vail Blumです。

 

CD.2 2010年

『Freedom Rock』

01.Were Gonna Make It

02.Black Night

03.I Can't Look the Other Way

04.Shelter

05.Beg Beg Beg

06.Danger Road

07.Stay 2010

08.Everybody Wants to Be Someone

09.Nobody Loves You Like I Do

10.I Know What It Takes

11.Cast Away

12.High on Love

13.Who Will Stop the Rain

 

プロデュースはMichael Vail Blumです。

 

まだ、通して1回しか聴いていませんので詳しいことは書けませんが、懐かしい思いでいっぱいです。

ファーストアルバムのオープニングから思わず80年代、90年代のメロハーを思い出させます。短いイントロに続いてギター・イントロが始まり、参りました。切ないメロディはまるで初めてフェア・ウォーニングを聴いた時のような感覚に襲われました。日本人受けすること間違いありません。意図してこのような音作りをしているのでしょうが、こちらはニヤリとしてしまいます。

セカンドはやや明るめな曲調が多かったような感じです。それでもあの切ないメロディーは健在です。捨て曲は1曲もありません。ヴォーカルも私の好みの声です。

 

バンドはこの後も3枚のアルバムをリリースして、現在も活躍中のようです。見つけたら即買いです。

 


H.E.A.T - There For You


H.E.A.T - Follow me


H.e.a.t. - Cry


HEAT - Who Will Stop The Rain

 

それでは今日はこの辺で。

映画『続・男はつらいよ』を観る

昨日のキネ旬シアターは『続・男はつらいよです。

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

 

監督:山田洋次

主演:渥美清倍賞千恵子佐藤オリエ

製作:1969年 松竹

 

先週に引き続き「男はつらいよ」シリーズの第2作です。

この作品ではマドンナ役がテレビ版と同じく佐藤オリエさんです。恋敵は山崎努さん(若い!)。そして寅さんの母親としてミヤコ蝶々さんが出演しています。テレビ版では確か武智豊子さんでした。マドンナ・夏子の父親はこれもテレビ版と同じく東野英治郎さんです。

この第2作から寅さん恒例の「夢」が登場します。

マドンナに振られるのはいつものパターンで、この回の目玉は母親との再会です。

例によって失恋シーンはなんとも切なくなります。そして瞼の母との対面は散々ですが、それもラスト・シーンで救われます。

さくらに男の子・満男が生まれました。

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

「続・男はつらいよ 画像」の画像検索結果"

今回も笑っては泣いて、笑っては泣いての連続でした。場内も笑い声が響きました。今回はハンカチを忘れずに持参しました。

 

マドンナ役の佐藤オリエさんは俳優座の女優でテレビドラマ『若者たち』で人気になりました。ドラマの役名も本名の佐藤オリエ でした。そしてテレビ版の『男はつらいよ』に出演。そしてこの第2作で復活しました。何とも言えない優しさが魅力でした。子供の頃の憧れのお姉さんでした。最近はとんと見かけなくなりましたが、現在76歳。元気で頑張っておられると思います。

 

男はつらいよ』、50年経ってもこの新鮮さはいったい何なのでしょう?

 


続・男はつらいよ HDリマスター版(第2作)

 

3作目以降の上映予定はなさそうです。残念です。家でビデオでも観ましょうか。

 

それでは今日はこの辺で。