Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

サザンロック

この人の、この1枚『レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)/Collectybles』

今日の「この人の、この1枚」はレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Collectybles』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、引き続きレーナード・スキナードです。今回はデビュー前のレコーディング、デモ、ライヴなども含まれたまさに未発表音源…

この人の、この1枚『レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)/Authorized Bootleg Live シリーズ』

今日の「この人の、この1枚」はレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Authorized Bootleg Live シリーズ』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はレーナード・スキナードです。彼らも多くの未発表音源があります。 その中から『Authorized …

テデスキ・トラックス・バンド(Tedeschi Trucks Band)/『Layla Revisited』入手

テデスキ・トラックス・バンド(Tedeschi Trucks Band)が2019年にバージニア州アーリントンで行われた「LOCKN' Festival」に出演した時の模様が今回発売されました。早速購入しました。そのライヴでデレク&ザ・ドミノスのアルバム「いとしのレイラ」を全…

レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) /『Live At Knebworth ‘76』入手

1976年のネブワース・フェスティバルでのレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) のライブの模様が単独で発売されました。早速購入しました。タイトルは『Live At Knebworth ‘76』です。CDとDVDの2枚組です。 このフェスティバルはローリング・ス…

聴き比べ  ニール・ヤング (Neil Young)の『サザン・マン(Southern Man)』

今日の「聴き比べ」はニール・ヤング (Neil Young)の『サザン・マン(Southern Man)』です。 この曲はニール・ヤングの1970年の3枚目のソロ・アルバム『After the Gold Rush』に収録された曲です。アメリカの黒人差別を批判した曲です。 この曲と、この…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)/American University 12/13/70』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の『American University 12/13/70』です。 我が家のCD棚を漁っていたらまたしてもオールマンズの1970年のライヴ盤が出てきました。1970年12月13日、…

聴き比べ  レーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd)の『Gimme Back My Bullets』

今日の「聴き比べ」はまたまた性懲りもなくレーナード・スキナード (Lynyrd Skynyrd)の『Gimme Back My Bullets』です。 この曲は1976年の4枚目のアルバム『Gimme Back My Bullets』からの曲です。 プロデュースはアル・クーパーと決別しトム・ダウト(T…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)/Live at the Atlanta International Pop Festival』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の『Live at the Atlanta International Pop Festival』です。 このアルバムもCD時代になって発売された昔の音源です。先日紹介した『Live at Ludlow Garage,1970…

聴き比べ レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Gimme Three Steps』

今日の「聴き比べ」はまたしてもレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Gimme Three Steps』です。 この曲は彼らの1973年のファースト・アルバム『Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd』に収録されました。アル・クーパー(Al Kooper)のプロデュースです…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothes Band)/Live at Ludlow Garage,1970』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothes Band)の『Live at Ludlow Garage』です。 CDの売上げがレコードを抜いたのはいつだったかを調べたら面白いことがわかりました。 CDが世に出たのは1983年でした。…

聴き比べ  レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Saturday Night Special』

今日の「聴き比べ」はレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Saturday Night Special』です。 この曲は彼らの1975年の3枚目のアルバム『Nuthin' Fancy』に収録され、シングルカットされました。その前年には映画『ロンゲスト・ヤード』にも使われ…

聴き比べ  レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『That Smell』

今日の「聴き比べ」は レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『That Smell』です。 この曲は1977年のアルバム『Street Survivors』に収録された曲です。そしてこのアルバムのリリースの3日後、あの忌まわしい飛行機事故が起こるのです。ロニー・ヴ…

聴き比べ  レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Tuesday's Gone』

今日の「聴き比べ」はレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Tuesday's Gone』です。 この曲は彼らの1973年のデビュー・アルバム『Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerd』に収録された曲です。 このアルバムは名曲揃いでこの曲の他にも『Simpleman』『Fre…

この人の、この1枚 『The Allman Brothers Band/Trouble No More: 50th Anniversary Collection』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の『Trouble No More: 50th Anniversary Collection』です。 オールマン・ブラザーズのベスト・アルバム5枚組です。 なにを今更ベスト盤なんか、と思ったのですが…

この人の、この1枚『ストーリーヴィル(Storyville)/A Piece Of Your Soul』

今日の「この人の、この1枚」はストーリーヴィル(Storyville)の『A Piece Of Your Soul』です。 以前、スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan)のバック・バンド、ダブル・トラブル(Double Trouble)のことを書きました。 今回はそのダブル・ト…

この人の、この1枚『エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)/レット・イット・フロー(Let It Flow)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きエルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)です。彼の4作目のアルバム『レット・イット・フロー(Let It Flow)』です。 1974年、エルヴィン・ビショップはなんとそれまでのエピック・レコードからサザン・ロックの最…

『Warren Haynes Presents The Benefit Concert Volume 16』入手

ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)主催のベネフィット・コンサート『Warren Haynes Presents The Benefit Concert Volume 16』を入手しました。 今回はCDとDVDの組み合わせです。このコンサートは第1回が1999年で2002年の第4回まで毎年行…

この人の、この1枚『セイルキャット(Sailcat)/モーターサイクル・ママ(Motorsycle Mama)』

今日の「この人の、この1枚」はセイルキャット(Sailcat)の『モーターサイクル・ママ(Motorsycle Mama)』です。 またまた生前整理で出てきました。もうなんだかよくわかりません。これも学生時代に買ったものだと思います。 セイルキャットはアラバマ出身の…

この人の、この1枚『シー・レヴェル(Sea Level)/荒海(Sea Level)』

今日の「この人の、この1枚」はシー・レヴェル(Sea Level)のファースト・アルバム『荒海(Sea Level)』です。 シー・レヴェルは1976年にオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)が最初の解散をしたときに、残った3人のメンバー、チャ…

この人の、この1枚 『アラン・トゥーサン(Allen Toussaint)/サザン・ナイツ(Southern Nights)』

)今日の「この人の、この1枚」はアラン・トゥーサン(Allen Toussaint)の『サザン・ナイツ(Southern Nights』です。 アラン・トゥーサンは1938年、ニューオリンズ生まれのピアニストであり、ヴォーカリストであり、作曲家であり、プロデューサーであり、…

聴き比べ E.ビショップとロッド『愛に狂って(Fooled Around and Fell in Love)』

今日の「聴き比べ」はエルビン・ビショップ(Elvin Bishop)の『愛に狂って(Fooled Around and Fell in Love)』です。 エルヴィン・ビショップの数少ないシングルヒットではないでしょうか。1975年に全米第3位に輝いた曲です。 エルヴィン・ビショップに…

この人の、この1枚『38 Special/Tour de Force』

今日の「この人の、この1枚」は38 Specialの『Tour de Force』です。 38specialはレーナード・スキナード(LYnyrd Skynyrd)のヴォーカリスト、ロニー・ヴァン・ザント(Ronnie Van Zant)の実弟であるドニー・ヴァン・ザント(Donnie Van Zant,vo,g)が中心になっ…

訃報 C.ダニエルズ & ロッド・スチュワート(Rod Stewart)『ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック Vol.Ⅲ』入手

3日連続の訃報です。チャーリー・ダニエルズが亡くなりました。83歳でした。 チャーリー・ダニエルズ・バンドのリーダーとしても、また多くのアーティストのアルバムのセッション・マンとしても活躍しました。また一人、ロック界の大物が逝ってしまいまし…

聴き比べ ストーンズとオールマンズ『ハート・オブ・ストーン(Heart of Stone)』

今日の「聴き比べ」は『ハート・オブ・ストーン(Heart of Stone)』です。 この曲はローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の曲で、イギリスでは3枚目のアルバム『Out of Our Heads』、アメリカでの3枚目のアルバム『The Rolling Stones Now !』にそれ…

聴き比べ オールマンズとザッパ『ウィッピング・ポスト(Whipping Post)』

今日の聴き比べは『ウィッピング・ポスト(Whipping Post)』です。 前回に引き続きオールマンズです。この曲はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の1969年のデビューアルバムに収録され、その後もライブアルバムの定番となってい…

聴き比べ『ステイツボロ・ブルース (Statesboro Blues)』

今日の「聴き比べ」は『ステイツボロ・ブルース (Statesboro Blues)』です。 この曲はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の今やライブアルバムの最高峰とまで言われるようになった、1971年発表の『フィルモア・イースト・ライブ(…

聴き比べ レーナードとG.ミュール『シンプル・マン(Simple Man)』

今日の「聴き比べ」は『シンプル・マン(Simple Man)』です。 レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の1973年のファーストアルバム『Pronounced 'Lĕh-'nérd 'Skin-'nérd』に収録された曲です。レーナードの曲の中でも人気のある曲です。ライブの定番で…

聴き比べ 『ブリックヤード・ブルース(Play Something Sweet (Brickyard Blues))』

今日の「聴き比べ」は『Play Something Sweet (Brickyard Blues)』です。 通称『ブリックヤード・ブルース』です。オリジナルはアラン・トゥーサン(Allen Toussaint)です。アラン・トゥーサンと言えばニューオリンズを代表するミュージシャンでありプロデュ…

聴き比べ JJとレーナード、クラプトン『コール・ミー・ザ・ブリーズ(Call Me The Breeze)』

今日の「聴き比べ」は『コール・ミー・ザ・ブリーズ(Call Me The Breeze)』です。 この曲はJ.Jケイル(J.J Cale)が書いて、自身のアルバム『ナチュラリー(Naturally)』で発表した曲です。朴訥とした歌い方と、バックのレイドバックした演奏が彼の魅力でした…

聴き比べ『ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート(Dark End Of The Street)』

今日の「聴き比べ」は『ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート(Dark End Of The Street)』です。 これは私の大好きな曲で、バラードの名曲中の名曲です。オリジナルはジェイムス・カー(James Carr)で1967年のアルバム『You Got My Mind Messed Up』に収…