Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ウェストコーストロック

この人の、この1枚『ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)/Live at Winterland '68』

今日の「この人の、この1枚」はジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)の『Live at Winterland '68』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はジャニス・ジョプリンです。正確に言うと Janis Joplin With 『Big Brother And The Holding Company』です…

聴き比べ イーグルスの『ハリウッド・ワルツ(Hollywood Waltz)』

今日の「聴き比べ」はまたまたイーグルス(Eagles)の『ハリウッド・ワルツ(Hollywood Waltz)』です。 この曲もアルバム『呪われた夜(One Of These Nights)』に収録された曲です。 地味な曲ですがなかなかの名曲です。バーニー・レドン(Bernie Leadon)も曲作り…

聴き比べ イーグルスの『いつわりの瞳(Lyin' Eyes)』

今日の「聴き比べ」はイーグルス(Eagles)の『いつわりの瞳(Lyin' Eyes)』です。 またしてもイーグルスです。4枚目のアルバム『呪われた夜(One Of These Nights)』に収録されたきょいくです。シングルカットされビルボードの2位となるヒットでした。この曲で…

聴き比べ イーグルスの『呪われた夜(One Of These Nights)』

今日の「聴き比べ」はイーグルス(Eagles)の『呪われた夜(One Of These Nights)』です。 イーグルスの曲もたくさん「聴き比べ」てきましたが、今回はイーグルスの中でも一番のお気に入りのアルバム『呪われた夜(One Of These Nights)』からのタイトル曲です。…

この人の、この1枚『ジーン・クラーク(Gene Clark)/Silverado '75 - Live & Unreleased』

今日の「この人の、この1枚」はジーン・クラーク(Gene Clark)の『Silverado '75 - Live & Unreleased』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回も引き続きジーン・クラークです。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1975年2月19日、コロラド州デ…

この人の、この1枚『ジーン・クラーク(Gene Clark)/Under The Silvery Moon』

今日の「この人の、この1枚」はジーン・クラーク(Gene Clark)の『Under The Silvery Moon』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はバーズ(The Byrds)のオリジナルメンバーのジーン・クラークです。 lynyrdburitto.hatenablog.com 2003年に発…

この人の、この1枚『フライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)/Authorized Bootleg/Fillmore East 』

今日の「この人の、この1枚」はフライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)の『Devils In Disguise 』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回もフライング・ブリトー・ブラザーズ(FBB)ですが、これでお終いにします。 lynyr…

この人の、この1枚『フライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)/Live At The Palomino』

今日の「この人の、この1枚」はフライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)の『Live At The Palomino, North Hollywood, June 8th 1969』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回もフライング・ブリット・ブラザーズ(FBB)で…

この人の、この1枚『フライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)/Seattle Pop Festival』

今日の「この人の、この1枚」はフライング・ブリトー・ブラザーズ(The Flying Burrito Brothers)の『Seattle Pop Festival』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はフライング・ブリトー・ブラザーズ(FBB)です。彼らもまたCD時代になって多…

聴き比べ ニール・ヤングの『孤独の旅路(Heart of Gold)』

今日の「聴き比べ」はニール・ヤング(Neil Young)の『孤独の旅路(Heart of Gold)』です。 もう、すっかり書いたつもりでいましたが、まだでした。 この曲はニール・ヤングの1972年のソロ第4作目の『ハーヴェスト(Harvest)』に収録された曲で、彼の最大…

スティーヴ・ミラー(Steve Miller Band)/『Live! Breaking Ground / August 3, 1977』入手

スティーヴ・ミラー・バンド(Steve Miller Band)の絶頂期のライブが発売されました。 1977年8月3日、メリーランド州ランドオーヴァーのキャピタル・シアターでのライブです。彼らのライブはこれまでにもたくさん発売されていますが、非公式なものが多…

聴き比べ  イーグルス(Eagles) の『New Kid in Town』

今日の「聴き比べ」はイーグルス(Eagles) の『New Kid in Town』です。 この曲はイーグルスの1976年の5枚目のアルバム『ホテル・カリフォルニア(Hotel California)』に収録された曲です。 イーグルスはこのアルバムによって人気の絶頂期を迎えました。…

聴き比べ イーグルス(Eagles)の『言い出せなくて(I Can't Tell You Why)』

今日の「聴き比べ」は『言い出せなくて(I Can't Tell You Why)』です。 この曲は1979年のイーグルス(Eagles)のアルバム『The Long Run』のオープニング曲です。このアルバムは1980年、イーグルスの解散前の実質上のラスト・スタジオ・アルバムです。…

聴き比べ  ジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)とドッケン(Dokken) 『Today』

今日の「聴き比べ」はジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『Today』です。 ジェファーソン・エアプレインの1967年のセカンド・アルバム『Surrealistic Pillow』に収録されました。グレイトフル・デッド(Grateful Dead)のジェリー・ガル…

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Gram Parsons Archives Vol.1』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の2007年にリリースされた『Gram Parsons Archives Vol.1』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、前回に引き続きグラム・パーソンズです。ただし、このアルバムは副題として『Live …

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Another Side Of This Life』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の『Another Side Of This Life』です。 グラム・パーソンズは私のフェヴァリット・アーティストの一人ですからもう何度も書いていますが、彼もまたその死後に数多くのコンピレーション・ア…

聴き比べ  ジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『あなただけを(Somebody To Love)』

今日の「聴き比べ」はジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『あなただけを(Somebody To Love)』です。 この曲は1967年のジェファーソン・エアプレインの大ヒット曲です。元々はグレイス・スリック(The Grace Slick)がまだグレイト・ソサ…

聴き比べ  ニール・ヤング (Neil Young)の『サザン・マン(Southern Man)』

今日の「聴き比べ」はニール・ヤング (Neil Young)の『サザン・マン(Southern Man)』です。 この曲はニール・ヤングの1970年の3枚目のソロ・アルバム『After the Gold Rush』に収録された曲です。アメリカの黒人差別を批判した曲です。 この曲と、この…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/The Woodstock Experience』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『The Woodstock Experience』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、ジェファーソン・エアプレインの最終回にします。まだまだあるのですが、同じような時期が多いの…

聴き比べ  ニール・ヤング (Neil Young)の『See the Sky About to Rain』

今日の「聴き比べ」はニール・ヤング (Neil Young)の『See the Sky About to Rain』です。 この曲はニール・ヤングの1974年のアルバム『渚にて(On The Beach)』に収録されました。 本来であれば、このアルバムは次作『今宵その夜(Tonight's the Night)』…

訃報 寺内タケシ & 聴き比べ  ニール・ヤング(Neil Young)の『Cowgirl in the Sand』

昨夜、訃報が飛び込んできました。寺内タケシさんが亡くなりました。82歳でした。 我々世代にとっては寺内タケシさんはまさに「エレキの神様」でした。エレキブームの先駆けでした。 アメリカのザ・ベンチャーズと共に日本でのエレキブームを巻き起こした…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/Last Flight』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『Last Flight』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、ジェファーソン・エアプレインの2回目です。この『Last Flight』は1972年の解散前にサンフランシスコのウ…

聴き比べ 『ワズント・ボーン・トゥ・フォロー(Wasn't Born to Follow)』

今日の「聴き比べ」は『ワズント・ボーン・トゥ・フォロー(Wasn't Born to Follow)』です。 この曲は先日「聴き比べ」た映画『イージー・ライダー』の主題歌『イージー・ライダーのバラード(Ballad of Easy Rider)』のシングルのB面としてリリースされた曲…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/Live at the Fillmore East』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『Live at the Fillmore East』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジェファーソン・エアプレインです。このバンドもCD時代になってオリジナルアルバムに…

聴き比べ  『イージー・ライダーのバラード(Ballad of Easy Rider)』

今日の「聴き比べ」は『イージー・ライダーのバラード(Ballad of Easy Rider)』です。 この曲は、もちろん1970年に日本でも公開された、アメリカン・ニューシネマの代表作『イージー・ライダー』の主題歌です。 主演のピーター・フォンダはエンディング…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/Fillmore West 1969』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『Fillmore West 1969』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、グレイトフル・デッドの3回目になります。これで終わりにしましょう。きりがありません。 lynyrdburitto.hatenablog…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/The Closing of Winterland』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『The Closing of Winterland』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はグレイトフル・デッドの2回目です。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com 今…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/Ladies and Gentlemen...』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『Ladies and Gentlemen...』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はグレイトフル・デッドでいきます。このバンドもまたオリジナルアルバムにはボーナストラックが山のように…

この人の、この1枚『ザ・ドアーズ(The Doors)/Live at the Matrix '67』

今日の「この人の、この1枚」はザ・ドアーズ(The Doors)の『Live at the Matrix '67』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はドアーズです。数が多いのでどれにしようか迷いましたが、録音の古い方から行こうかと思いこれを選びました。 lynyrdbu…

この人の、この1枚『カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ(Country Joe & The Fish)/ Live! Fillmore West 1969』

今日の「この人の、この1枚」はカントリー・ジョー&ザ・フィッシュ(Country Joe & The Fish)の『Live! Fillmore West 1969』です。 すっかりシリーズ化した「CD時代の未発表音源」、今日はカントリー・ジョー&ザ・フィッシュの1969年のライヴです。…