Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

聴き比べ 小川知子の『初恋のひと』

今日の「聴き比べ」は小川知子の『初恋のひと』です。 この曲は彼女にとって「ゆうべの秘密」に次ぐヒットとなった曲です。 彼女の恋人、レーサーの福沢幸雄がレースで事故死した時に、フジテレビの「夜のヒットスタジオ」に出演し、泣きながらこの歌を歌っ…

聴き比べ 小川知子の『ゆうべの秘密』

今日の「聴き比べ」は小川知子の『ゆうべの秘密』です。 「あこがれのお姉さん」シリーズ。第3弾です。 小川知子さんは子役としてデビューし、その後女優、司会者などをしながら1968年に『ゆうべの秘密』で歌手デビューしました。いきなり大ヒットでし…

映画『ワン・プラス・ワン』を観る

先日のキネ旬シアターは『ワン・プラス・ワン』でした。 ワン・プラス・ワ』でした。 監督:ジャン=リュック・ゴダール 出演:ザ・ローリング・ストーンズ 製作:1968年 イギリス 1978年 日本公開 チャーリー・ワッツ追悼記念と銘打って、約42年…

聴き比べ 伊東ゆかりの『恋のしずく』

今日の「聴き比べ」は伊東ゆかりの『恋のしずく』です。 1968年の大ヒット曲です。作曲は平尾昌晃、作詞が安井かずみです。「小指の思い出」路線で次々とヒットを飛ばしていた頃です。彼女の絶頂期でした。4週連続オリコン1位、オリコン初の女性歌手1…

この人の、この1枚『ルーサー・アリソン(Luther Allison)/Love Me Mama』

今日の「この人の、この1枚」はルーサー・アリソン(Luther Allison)の『Love Me Mama』です。 ルーサー・アリソンの記念すべきデビュー・アルバムです。 ルーサー・アリソンは1939年、アーカンソー州ワイドナー出生まれました。綿花農家の15人兄弟の…

聴き比べ 伊東ゆかりの『小指の思い出』

今日の「聴き比べ」は伊東ゆかりの『小指の思い出』です。 「あこがれの姉さん」シリーズ、第2弾は伊東ゆかりさんです。きれいだったですね。 幼少期から進駐軍キャンプで歌い始め、11歳でデビューと言いますから凄いです。 中尾ミエ、園まりと「スパーク…

この人の、この1枚『ロンサム・サンダウン(Lonesome Sundown)/Been Gone Too Long』

今日の「この人の、この1枚」はロンサム・サンダウン(Lonesome Sundown)の『Been Gone Too Long』です。 ロンサム・サンダウンは1928年、ルイジアナ州のドナルドソンヴィルという町で生まれました。12人兄弟です。若い頃からピアノを独学で覚えました…

聴き比べ いしだあゆみの『砂漠のような東京で』

今日の「聴き比べ」はいしだあゆみの『砂漠のような東京で』です。 この曲がいしだあゆみさんにとっては最後のヒット曲になったかもしれません。 この後、彼女は女優として大活躍するようになります。ショーケン(萩原健一)との結婚、そして離婚。音楽活動で…

聴き比べ いしだあゆみの『あなたならどうする』

今日の「聴き比べ」はいしだあゆみの『あなたならどうする』です。 「太陽は泣いている」に続き「ブルー・ライト・ヨコハマ」が大ヒットし、その後も順調にヒット曲を出し続け、1970年に彼女にとって2番目のヒットなる『あなたならどうする』が発表され…

映画『世界で一番美しい少年』を観る

先日のキネ旬シアターは『世界で一番美しい少年』でした。 監督:クリスティーナ・リンドストロム、クリスティアン・ペトリ 出演:ビョルン・アンドレセン、池田理代子、酒井政利 制作:2021年 スウェーデン 2021年 日本公開 ビョルン・アンドレセン…

聴き比べ いしだあゆみの『太陽は泣いている』

今日の「聴き比べ」はいしだあゆみの『太陽は泣いている』です。 この曲はいしだあゆみさんが1968年に発表した、初めてのヒット曲です。それまで24枚のシングルをビクター・レコードから出していましたが、売れ行きはさっぱりでした。そこでレコード会…

この人の、この1枚『ジミー・リード(Jimmy Reed)/I'm Jimmy Reed』

今日の「この人の、この1枚」はジミー・リード(Jimmy Reed)のその名も『I'm Jimmy Reed』です。 シカゴ・ブルースの代表選手と言えば普通はマディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、あるいはこれまでに紹介してきたオーティス・ラッシ…

聴き比べ ブレッドの『イフ(If)』

今日の「聴き比べ」はブレッド(Bread)の『イフ(If)』です。 この曲はブレッドの1971年の3枚目のアルバム『マナ〜神の糧(Manna)』に収録され、全米で4位になった彼らの代表曲の一つです。曲はメンバーのデヴィッド・ゲイツ(David Gates)です。 lynyrdbu…

この人の、この1枚『フィリップ・ウォーカー(Phllip Walker)/Bottom of the Top』

今日の「この人の、この1枚」はフィリップ・ウォーカー(Phllip Walker)の『Bottom of the Top』です。 フィリップ・ウォーカーは1937年にルイジアナ州ウェルシュで生まれました。8歳の時にはテキサス州のポートアーサーに移住しました。そこでブルース…

聴き比べ クリスティの『イエロー・リバー(Yellow River)』

今日の「聴き比べ」はクリスティ(Christie)の『イエロー・リバー(Yellow River)』です。 クリスティはイギリスのバンドです。リーダーはジェフ・クリスティ(Jeff Chrisie)。 1970年にジェフは同じくイギリスの人気バンド、トレメローズ(The Tremeloes)の…

聴き比べ ステッペン・ウルフの『ワイルドでいこう(Born to Be Wild)』

今日の「聴き比べ」はステッペン・ウルフ(Steppenwolf)の『ワイルドでいこう(Born to Be Wild)』です。 この曲はご存じ、アメリカン・ニュー・シネマの代表作、映画『イージーライダー』のたぶん冒頭部分だったと記憶していますが、あのハーレーダビッドソン…

ストーリーヴィル(Storyville)/『Dog Years』入手

ストーリーヴィル(Storyville)の『Dog Years』を入手しました。 スティーヴィー・レイ・ヴォーンのバック・バンド、ダブル・トラブル(Double Trouble)のメンバーだったクリス・レイトンとトミー・シャーノンが中心となって結成されたバンドです。以前にも紹…

聴き比べ ゾンビーズの『ふたりのシーズン』

今日の「聴き比べ」はゾンビーズ(The Zombies)の『ふたりのシーズン(Time of the Season)』です。 1969年のゾンビーズの大ヒット曲です。ゾンビーズは日本のグループ・サウンズのカーナビーツがカバーしたことでも有名です。 皮肉なことにこの曲がヒッ…

この人の、この1枚『ジョン・リトルジョン(John Littlejohn)/John Littlejohn's Chicago Blues Stars』

今日の「この人の、この1枚」はジョン・リトルジョン(John Littlejohn)の『John Littlejohn's Chicago Blues Stars』です。 ジョン・リトルジョンは1931年生まれのシカゴ・ブルースマンです。ミシシッピ州レイクの生まれでジャクソンで育ちました。ライ…

聴き比べ 『輝く星座/レット・ザ・サンシャイン・イン(Aquarius / Let the Sunshine In)』

今年最初の「聴き比べ」はフィフス・ディメンション(The Fifth Dimension)の『輝く星座/レット・ザ・サンシャイン・イン(Aquarius / Let the Sunshine In)』です。 1969年に大ヒットした曲です。ミュージカル『ヘアー』の挿入歌として使われました。6週…

この人の、この1枚『エディ・テイラー(Eddie Taylor)/ I Feel So Bad 』

皆様、明けましておめでとうございます。今年も引き続きよろしくお願いいたします。あっという間に酒浸りの正月3が日も終わりました。 今年一発目の記事はブルースです。エディ・テイラー(Eddie Taylor)の『I Feel So Bad 』です。 エディ・テイラーは19…

今年の映画 ベスト10 並びに御礼

早いもので、またまた大晦日がやってきました。このブログを始めて5回目の大晦日です。恒例の今年の映画ベスト10を選びたいと思います。 今年劇場で観た映画を列挙します。 1月 『アーニャは、きっと来る』 『真夏の夜のジャズ』 『ハッピー・バースデ…

ジェフ・ヒーリー(The Jeff Healey Band)/『Live At Montreux 1997&1999』入手

久しぶりに買いそびれていたジェフ・ヒーリー(The Jeff Healey Band)の『Live At Montreux 1997&1999』を入手しました。 2008年に若干41歳で亡くなった盲目のギタリスト、ジェフ・ヒーリー率いるジェフ・ヒーリー・バンドの1997年及び1999年…

聴き比べ S.マッケンジーの『花のサンフランシスコ』

今日の「聴き比べ」はスコット.マッケンジー(Scott McKenzie)の『花のサンフランシスコ(San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)』です。 この曲は1967年開催の「モントレー・ポップ・フェスティバル」のプロモーション用にママス&パパス…

この人の、この1枚『フェントン・ロビンソン(Fenton Robinson)/Somebody Loan Me A Dime』

今日の「この人の、この1枚」はフェントン・ロビンソン(Fenton Robinson)の『Somebody Loan Me A Dime』です。 フェントン・ロビンソンは1935年、ミシシッピ州の生まれで、1951年にはメンフィスへ移住、そして1962年にシカゴに定住するようにな…

聴き比べ ママス&パパスの『夢のカリフォルニア(California Dreamin')』

今日の「聴き比べ」はママス&パパス(The Mamas & The Papas)の『夢のカリフォルニア(California Dreamin')』です。 ママス&パパスについては以前書いていますので、詳しくは触れません。 lynyrdburitto.hatenablog.com 『夢のカリフォルニア』は1965年…

貫井徳郎の『修羅の終わり』を読む

貫井徳郎の『修羅の終わり』を読了しました。忘れないうちに書いておきます。 新装版 修羅の終わり(上) (講談社文庫) 作者:貫井徳郎 講談社 Amazon 新装版 修羅の終わり(下) (講談社文庫) 作者:貫井徳郎 講談社 Amazon この作家の小説は既に相当な数を読…

映画『悪なき殺人』を観る

先日のキネ旬シアターは『罪なき殺人』でした。 監督:ドミニク・モル 出演:ドゥニ・メノーシェ、ロール・カラミー、 ダミアン・ボナール 制作:2019年 フランス・ドイツ 2021年 日本公開 同じ出来事を複数の人物の視点で語るサスペンス・ドラマ仕…

聴き比べ つのだひろの『メリー・ジェーン』

今日の「聴き比べ」はつのだひろの『メリー・ジェーン』です。 この曲は1971年、当時つのだひろが所属していたバンド、ストロベリー・パス(後のフライド・エッグ)時代の1971年のアルバム『大烏が地球にやってきた日』に収録され、後につのだひろが…

この人の、この1枚『マジック・サム(Magic Sam)/Black Magic』

今日の「この人の、この1枚」は前回に続きマジック・サム(Magic Sam)の『Black Magic』です。 デルマーク・レコードに残された2枚目のオリジナル・アルバムです。オリジナル・アルバムとしては遺作になります。 Side A 1.I Just Want A Little Bit 2.What …