Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

Mick Fleetwood & Friends/『Celebrate The Music Of Peter Green & The Early Years Of Fleetwood Mac』入手

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)のメンバーであるミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)が音頭を取り、豪華メンバーを集めて、ピーター・グリーン(Peter Green)のトリビュート・コンサートを開きました。2020年2月25日でした。 そしてそのち…

聴き比べ テレサ・テンの『つぐない』

今日の「聴き比べ」はテレサ・テンの『つぐない』です。 テレサ・テンちゃんの1984年のヒット曲です。 当時、私はテレビの歌番組はほとんど見ていなかったので、どんな曲がヒットしているかなどはほとんどわかりませんでした。そんな私がこの曲を知った…

映画『ファーザー』を観る ~ キネ旬シアター

先日のキネ旬シアターは『ファーザー』でした。 原作・監督・脚本:フローリアン・ゼレール 『Le Père 父』 出演:アンソニー・ホプキンス、オリヴィア・コールマン 製作:2021年 イギリス・フランス この映画はアカデミー賞の6部門にノミネートされ、…

映画 『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』を観る ~ キネ旬シアター

先日のキネ旬シアターは『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』でした。 撮影:シドニー・ポラック 映画化プロデューサー:アラン・エリオット 出演:アレサ・フランクリン 製作:2018年 米国 2021年 日本公開 2018年に他界したソウ…

聴き比べ 『セント・ジェームス病院(St. James Infirmary)』

今日の「聴き比べ」は『セント・ジェームス病院(St. James Infirmary)』です。 私がこの曲を知ったのは浅川マキさんの5枚目のアルバム『裏窓 MAKI Ⅴ』で聴いた時でした。 しかし、元歌はアメリカの古い楽曲で作者も不明ということになっていましたが、ジョ…

スティーヴ・ミラー(Steve Miller Band)/『Live! Breaking Ground / August 3, 1977』入手

スティーヴ・ミラー・バンド(Steve Miller Band)の絶頂期のライブが発売されました。 1977年8月3日、メリーランド州ランドオーヴァーのキャピタル・シアターでのライブです。彼らのライブはこれまでにもたくさん発売されていますが、非公式なものが多…

聴き比べ 浅川マキの『ふしあわせという名の猫』

今日の「聴き比べ」は浅川マキの『ふしあわせという名の猫』です。 この曲は浅川マキさんのデビュー・アルバム『浅川マキの世界』に収録された曲です。「夜が明けたら」に続く、セカンド・シングルです。 作詩は寺山修司です。マキさんはこのアルバムでも寺…

レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) /『Live At Knebworth ‘76』入手

1976年のネブワース・フェスティバルでのレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) のライブの模様が単独で発売されました。早速購入しました。タイトルは『Live At Knebworth ‘76』です。CDとDVDの2枚組です。 このフェスティバルはローリング・ス…

聴き比べ 浅川マキの『夜が明けたら』

今日の「聴き比べ」は浅川マキの『夜が明けたら』です。 この曲は1969年にシングル発売されています。B面が『かもめ』でした。どちらの曲もそれまでの歌謡曲やフォークとは一線を画した、独特の曲調と歌唱で、私などは一遍に虜になりました。 lynyrdbur…

映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』 ~ キネ旬シアター

先日のキネ旬シアターは『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』でした。 監督:香月秀之 出演:水野勝、剛力彩芽、橋爪功、高畑淳子、松下由樹 製作:2021年 日本 熟年夫婦の終活をめぐる話をコメディ・タッチで描いた映画です。 菅野涼太は勤めてい…

映画『永い言い訳』を観る ~ キネ旬シアター

今日のキネ旬シアターは『永い言い訳』でした。 原作・監督・脚本:西川美和 出演:本木雅弘、竹原ピストル、深津絵里、堀内敬子、黒木華 製作:2016年 日本 先週、西川美和監督の『すばらしき世界』を観たばかりですが、今週はまた西川監督の『永い言い…

聴き比べ『遠くで汽笛を聞きながら』

今日の「聴き比べ」はアリスの『遠くで汽笛を聞きながら』です。 アリスの中でも特に好きな曲です。1976年のリリースです。作詞が谷村新司、作曲が堀内孝雄です。この曲は二人ともソロになっても歌っています。 ちょうど学生時代でした。詩が身に沁みま…

この人の、この1枚『フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)/Before The Moon』

今日の「この人の、この1枚」はフェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)の『Before The Moon』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はフェアポート・コンヴェンションです。このバンドもCD時代になって未発表音源が続々とリリース…

聴き比べ 谷村新司の『22歳』

今日の「聴き比べ」は谷村新司の『22歳』です。 特別なアリス・ファンでもなければ谷村新司ファンでもありませんが、アリスや谷村新司、堀内孝雄の曲には胸を打たれる曲があります。 以前にアリスの『秋止符』を聴き比べましたが、この『22歳』も同じよ…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/ブルース(Blues)』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『ブルース(Blues)』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はコンピレーション・アルバムです。ジミヘンが生前演奏したブルースを集めた編集盤です。といってもアウトテイクや…

聴き比べ  イーグルス(Eagles) の『New Kid in Town』

今日の「聴き比べ」はイーグルス(Eagles) の『New Kid in Town』です。 この曲はイーグルスの1976年の5枚目のアルバム『ホテル・カリフォルニア(Hotel California)』に収録された曲です。 イーグルスはこのアルバムによって人気の絶頂期を迎えました。…

映画『すばらしき世界』を観る ~ キネ旬シアター

先日のキネ旬シアターは『すばらしき世界』でした。 原案:佐木隆三『身分帳』 監督・脚本:西川美和 出演:役所広司、仲野太賀、梶芽衣子、橋爪功、六角精児、長澤まさみ 製作:2021年 日本 直木賞を受賞した『復讐するは我にあり』や『狭山事件』『死…

映画『海辺の彼女たち』を観る ~ キネ旬シアター

先日のキネ旬シアターは『海辺の彼女たち』でした。 監督:藤元明緒 出演:ホアン・フォン、フィン・トゥエ・アン、クィン・ニュー 製作:2020年 日本・ベトナム 2021年 日本公開 ネタバレです。 ベトナムからやってきた3人の女性、アン、ニュー、…

聴き比べ ギルバート・オサリバン(Gilbert O'Sullivan)の『アローン・アゲイン(Alone Again (Naturally))』

今日の「聴き比べ」はギルバート・オサリバン(Gilbert O'Sullivan)の『アローン・アゲイン(Alone Again (Naturally))』です。 ギルバート・オサリバンはイギリスのシンガー・ソングライターでイギリスでは人気のアーティストでした。日本ではこの曲の大ヒッ…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/BBC Sessions』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『BBC Sessions』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジミヘンの『BBC Sessions』です。リリースは1998年です。 BBCに残された音源を集めて編集したものです。この…

聴き比べ イーグルス(Eagles)の『言い出せなくて(I Can't Tell You Why)』

今日の「聴き比べ」は『言い出せなくて(I Can't Tell You Why)』です。 この曲は1979年のイーグルス(Eagles)のアルバム『The Long Run』のオープニング曲です。このアルバムは1980年、イーグルスの解散前の実質上のラスト・スタジオ・アルバムです。…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/Stages』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『Stages』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジミヘンですが、この人ほど死後に数多くのレコードやCDがリリースされたアーティストも珍しいでしょう。それほど彼の死は…

聴き比べ  バドカンとタリスマンの『Run with the Pack』

今日の「聴き比べ」はバッド・カンパニー(Bad Company)の1976年リリースの3枚目のアルバムのタイトル曲で『Run with the Pack』です。 ポール・ロジャース(Paul Rodgers)はフリー(Free)を解散すると、同じくフリーのドラマー、サイモン・カーク(Simon K…

聴き比べ  ジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)とドッケン(Dokken) 『Today』

今日の「聴き比べ」はジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『Today』です。 ジェファーソン・エアプレインの1967年のセカンド・アルバム『Surrealistic Pillow』に収録されました。グレイトフル・デッド(Grateful Dead)のジェリー・ガル…

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Gram Parsons Archives Vol.1』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の2007年にリリースされた『Gram Parsons Archives Vol.1』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、前回に引き続きグラム・パーソンズです。ただし、このアルバムは副題として『Live …

聴き比べ  スペンサー・デイヴィス・グループ (The Spencer Davis Group)の『愛しておくれ(Gimme Some Lovin')』

今日の「聴き比べ」はスペンサー・デイヴィス・グループ (The Spencer Davis Group)の『愛しておくれ(Gimme Some Lovin')』です。 1966年にスペンサー・デイヴィス・グループがヒットさせた曲です。マフとスティーヴのウィンウッド兄弟とスペンサー・デ…

映画 上半期ベスト5

早いもので今年もあっという間に半年が過ぎました。 例によって上半期に観た映画の復習をしてみたいと思います。昨年は新型コロナで劇場が3月から6月まで休館だったためこのコーナーはありませんでした。 いつものようにテレビ、DVDは除きます。今年は…

映画『明日の食卓』を観る

一昨日のキネ旬シアターは『明日の食卓』でした。 原作:椰月美智子 監督:瀬々敬久 出演:菅野美穂、高畑充希、尾野真千子 製作:2021年 日本 椰月美智子原作の同名小説の映画化です。 たまたま同じ姓で同じ名を持つ3人の子供とその母親たちの子育てに…

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Another Side Of This Life』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の『Another Side Of This Life』です。 グラム・パーソンズは私のフェヴァリット・アーティストの一人ですからもう何度も書いていますが、彼もまたその死後に数多くのコンピレーション・ア…

聴き比べ  ジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『あなただけを(Somebody To Love)』

今日の「聴き比べ」はジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)の『あなただけを(Somebody To Love)』です。 この曲は1967年のジェファーソン・エアプレインの大ヒット曲です。元々はグレイス・スリック(The Grace Slick)がまだグレイト・ソサ…