Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ブルースロック

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve miller)/ロック・ラヴ(Rock Love)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きスティーヴ・ミラー(Steve miller)です。6枚目のアルバムとなる『ロック・ラヴ(Rock Love)』です。 1971年、スティーヴ・ミラーは交通事故で首を骨折しました。そしてしばらくの休養の後、変則的なアルバム『ロッ…

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve Miller)/ナンバー5 (Number 5)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きスティーヴ・ミラー(Steve Miller)で、その名の通り5枚目のアルバム『ナンバー5 (Number 5)』です。 1970年にリリースされた5作目のスタジオ・アルバムです。メンバーに大幅な変更がありました。オリジナルメン…

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve Miller)/ユア・セイヴィング・グレイス(Your Saving Grace )』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きスティーヴ・ミラー(Steve Miller)で4作目の『ユア・セイヴィング・グレイス(Your Saving Grace )』です。 前作からわずか半年でリリースされたのが4枚目のアルバム『ユア・セイヴィング・グレイス(Your Saving Grac…

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve Miller)/すばらしき新世界(Brave New World)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きスティーヴ・ミラー(Steve Miller)で彼の第3作目、『すばらしき新世界(Brave New World)』です。 前作後にボズ・スキャッグスとジム・ピーターマンが去って、代わりにベン・シドラン(Ben Sidran,key)とプロデュースを…

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve Miller)/セイラー(Sailor)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きスティーヴ・ミラー(Steve Miller)です。1968年のセカンド・アルバム『セイラー(Sailor)』です。 鳴り物入りでキャピトルと契約し、リリースされたファースト・アルバムが結果として芳しい成果を上げられませんで…

この人の、この1枚『スティーヴ・ミラー(Steve MIller)/未来の子供達(Children of the Future)』

皆さま、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 飲んだくれの三が日でした。 新春一発目の記事を何にしようか迷いましたが、例によって古い話から始めようかと思います。 ということで、今日の「この人の、この1枚」はスティー…

この人の、この1枚『アル・クーパー(Al Kooper)/クーパー・セッション(Kooper Session)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きアル・クーパー(Al Kooper)の『クーパー・セッション(Kooper Session)』です。 1968年の『スーパー・セッション(Super Sessin)』の大成功にあやかって、翌年にリリースしたライヴ・アルバム『フィルモアの奇蹟』…

この人の、この1枚『アル・クーパー(Al Kooper)/フィルモアの奇蹟(The Live Adventures of Mike Bloomfield and Al Kooper )』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きアル・クーパー(Al Kooper)の『フィルモアの奇蹟(The Live Adventures of Mike Bloomfield and Al Kooper )』です。 1968年の『Super Session』の成功によって、アル・クーパーは今度はそれをライヴでできないか…

この人の、この1枚『アル・クーパー(Al Kooper)/スーパー・セッション(Super Session)』

今日の「この人の、この1枚」はアル・クーパー(Al Kooper)の『スーパー・セッション(Super Session)』です。 今回も『ブルースの名手たち』で紹介したアーティストです。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1965年のボブ・ディランのアルバム『追憶のハイウ…

この人の、この1枚『エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)/レット・イット・フロー(Let It Flow)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きエルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)です。彼の4作目のアルバム『レット・イット・フロー(Let It Flow)』です。 1974年、エルヴィン・ビショップはなんとそれまでのエピック・レコードからサザン・ロックの最…

この人の、この1枚『エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)/ロック・マイ・ソウル(Rock My Soul)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きエルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)です。3作目の『ロック・マイ・ソウル(Rock My Soul)』です。 前作から2年の間隔を経て、1972年にサード・アルバム『ロック・マイ・ソウル(Rock My Soul)』をリリースしま…

この人の、この1枚『 エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)/Feel It !』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きエルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)です。彼のセカンド・アルバム『Feel It !』です。 前作から約1年、エルヴィン・ビショップは新たに女性ヴォーカリスト、ジョー・ベイカー(Jo Baker)を加入させ、全面的にヴォー…

この人の、この1枚『エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)/The Elvin Bishop Group』

今日の「この人の、この1枚」は再びアメリカに戻り、エルヴィン・ビショップ(Elvin Bishop)のファースト・アルバム『Elvin Bishop Group』です。 この人も『ブルースロックの名手たち』で取り上げたアーティストです。 lynyrdburitto.hatenablog.com ポール…

この人の、この1枚『ジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)/Bare Wires』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)としての通算5枚目のアルバム『Bare Wires』です。 ブルースブレイカーズ名義の通算5枚目です。1968年にリリースされました。前…

この人の、この1枚『ジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)/革命(Crusade)』

今日の「この人の、この1枚」は前回に引き続きジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)の『Crusade』です。 ピーター・グリーンがバンドを去り、代わりのギタリストを募集しました。以前に一緒にプレイしたことのある…

この人の、この1枚『ジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)/with Eric Clapton』

今日の「この人の、この1枚」はジョン・メイオール & ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)の『Bluesbreakers with Eric Clapton』です。 前回までアメリカの白人ブルース・ロック・バンドを2組紹介しました。今回からはイギリスのブル…

この人の、この1枚『ポール・バターフィールド・ブルースバンド(The Paul Butterfield Blues Band)/East-West』

今日の「この人の、この1枚」はポール・バターフィールド・ブルースバンド(The Paul Butterfield Blues Band)の『East-West』です。 1965年、デビュー・アルバムで華々しくデビューしたポール・バターフィールド・ブルースバンドは勢いに乗って翌年セカ…

この人の、この1枚『ポール・バターフィールド・ブルース・バンド(The Paul Butterfield Blues Band)』

今日の「この人の、この1枚」はポール・バターフィールド・ブルース・バンド(The Paul Butterfield Blues Band)のファースト・アルバム『ポール・バターフィールド・ブルース・バンド(The Paul Butterfield Blues Band)』です。 このシリーズでは前回まで「…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/ニュー・エイジ(New Age)』

今日の「この人の、 この1枚」はキャンド・ヒート(Canned Heat)の9枚目のアルバムとなる『ニュー・エイジ(New Age)』です。 ジョエル・スコット・ヒルとアントニオ・デ・ラ・バレダが去ったキャンド・ヒートは新たにジェームズ・シェーン(James Shane,g,b,…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/Historical Figures And Ancient Heads』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きキャンド・ヒート(Canned Heat)の8枚目のアルバムとなる『Historical Figures And Ancient Heads』です。 オリジナルメンバーのラリー・テイラーがバンドを去り、アラン・ウィルソンが亡くなったキャンド・ヒートは…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/オン・ステージ(Canned Heat '70 Concert Recorded Live in Europe)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きキャンド・ヒート(Canned Heat)で彼らの初めてのライヴアルバム『オン・ステージ(Canned Heat '70 Concert Recorded Live in Europe)』です。 前作同様、ハーヴィー・マンデルが参加しています。アラン・ウィルソンの…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/未来のブルース(Future Blues)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続き、キャンド・ヒート(Canned Heat)の5作目『未来のブルース(Future Blues)』です。 1970年、新メンバーによるアルバム『未来のブルース(Future Blues)』がリリースされました。新メンバーのハーヴィー・マンデル(…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/ハレルヤ(Hallelujah)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きキャンド・ヒート(Canned Heat)で、彼らの4作目になる『ハレルヤ(Hallelujah)』です。 1969年7月に4枚目のアルバム『ハレルヤ(Hallelujah)』がリリースされました。 Side A 1.Same All Over 2.Change My Ways 3.…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/キャンド・ヒートの魂(Living The Blues)』

今日の「この人の、この1枚」は前回に引き続きキャンド・ヒート(Canned Heat)の『キャンド・ヒートの魂(Living The Blues)』です。 日本盤にはすごいタイトルがついています。キャンド・ヒートのレコードが最初に発売されたのがアメリカでのサード・アルバ…

この人の、この1枚『キャンド・ヒート(Canned Heat)/ブギー・ウィズ・キャンド・ヒート(Boogie With Canned Heat)』

今日の「この人の、この1枚」はキャンド・ヒート(Canned Heat)の『ブギー・ウィズ・キャンド・ヒート(Boogie With Canned Heat)』です。 このブログを始めた頃に、『ブルースロックの名手たち』というシリーズで何組かのアーティストをまとめて紹介した記事…

『Warren Haynes Presents The Benefit Concert Volume 16』入手

ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)主催のベネフィット・コンサート『Warren Haynes Presents The Benefit Concert Volume 16』を入手しました。 今回はCDとDVDの組み合わせです。このコンサートは第1回が1999年で2002年の第4回まで毎年行…

ティンズリー・エリス(TInsley Ellis)『Ice Cream in Hell』入手

ティンズリー・エリス(TInsley Ellis)の約2年ぶりの新譜を入手しました。『Ice Cream in Hell』です。最近特に気に入っているアーティストです。 lynyrdburitto.hatenablog.com これは彼の大傑作アルバムです。全曲オリジナルです。最近は優れたアルバムを出…

ウォルター・トラウト(Wlter TRout)の『Ordinary Madness』入手

マイ・フェヴァリット・アーティストの一人、ウォルター・トラウト(Wlter TRout)の最新作『Ordinary Madness』を入手しました。 一時期は肝臓移植をして命の危機を騒がれましたが、見事立ち直り、順調にアルバムをリリースしています。 今回も元気にブルース…

この人の、この1枚『ヤングブラッズ(The Youngbloods)/ヤングブラッズ(The Youngbloods)』

今日の「この人の、この1枚」はヤングブラッズ(The Youngbloods)のファースト・アルバム『ヤングブラッズ(The Youngbloods)』です。このアルバムは後に『ゲット・トゥゲザー(Get Together)』というタイトルで再発売されました。 ヤングブラッズは1960年…

訃報 ピーター・グリーン(Peter Green)、逝く!

今朝、パソコンを開いたらとんでもないニュースが飛び込んできました。7月25日、ピーター・グリーン(Peter Green)が亡くなったというのです。73歳でした。安らかな最期だったようです。白人ブルース・ギタリストの最高峰でした。 ピーター・グリーンと…