Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

ブリティッシュロック

この人の、この1枚『ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)/Notes from San Francisco』

今日の「この人の、この1枚」はロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)の『Notes from San Francisco』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回も引き続きロリー・ギャラガーです。これで締めたいと思います。 2011年にリリースされた2枚組の未発…

この人の、この1枚『ロリー・ギャラガー(Rory Gallgher)/Live at Montreux』

今日の「この人の、この1枚」はロリー・ギャラガー(Rory Gallgher)の『Live at Montreux』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回もロリー・ギャラガーです。モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライヴ音源です。年代は1975、77、79、…

聴き比べ プロコル・ハルムの『ソルティ・ドッグ(A Salty Dog)』

今日の「聴き比べ」はプロコル・ハルム(Procol Harum)の『ソルティ・ドッグ(A Salty Dog)』です。 この曲はプロコル・ハルムの1969年のサード・アルバム『A Salty Dog』に収録された曲で、シングル・カットもされました。 「青い影」で一躍人気バンドに…

この人の、この1枚『ロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)/BBC Sessions』

今日の「この人の、この1枚」はロリー・ギャラガー(Rory Gallagher)の『BBC Sessions』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はロリー・ギャラガーです。彼も1995年の死以降数多くの未発表音源が発表されてきました。これもCD時代の賜物かも…

聴き比べ ビートルズの『ヒア・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)』

今日の「聴き比べ」はビートルズ(The Beatles)の『ヒア・カムズ・ザ・サン(Here Comes The Sun)』です。 もうビートルズの「聴き比べ」は打ち止めにしたはずでしたが、たまたまこの曲を聴いてしまったので掟破りです。 1969年のアルバム『アビイ・ロード…

聴き比べ ポール・マッカートニーの『ジェット(Jet)』

今日の「聴き比べ」はポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)の『ジェット(Jet)』です。 1974年のヒット曲です。アルバム『バンド・オン・ザ・ラン(Band on the Run)』に収録されました。勿論シングル・カットにもなりました。アル…

聴き比べ ポール・マッカートニーの『007 死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)』

今日の「聴き比べ」はポール・マッカートニー&ウイングス(Paul McCartney & Wings)の『007 死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)』です。 この曲は1973年に公開された『007シリーズ』の第8作、ジェイムス・ボンド役がショーン・コネリーからロジャー・…

この人の、この1枚『デイヴ・メイソン(Dave Mason)/Live At Perkins Palace』

今日の「この人の、この1枚」はデイヴ・メイソン(Dave Mason)の『Live At Perkins Palace』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はデイヴ・メイソンです。ソロになってからの音源です。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.c…

この人の、この1枚『プロコル・ハルム(Procol Harum)/BBC Live In Concert』

今日の「この人の、この1枚」はプロコル・ハルム(Procol Harum)の『BBC Live In Concert』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はプロコル・ハルムです。彼らも時期は異なれど、多くの未発表音源がリリースされています。 lynyrdburitto.hatenabl…

この人の、この1枚『モット・ザ・フープル(Mott the Hoople)/All The Way From Stockholm To Philadelphia』

今日の「この人の、この1枚」はモット・ザ・フープル(Mott the Hoople)の『All The Way From Stockholm To Philadelphia』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回もモット・ザ・フープルです。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1998年に発売され…

聴き比べ ジョン・レノンの『ハッピー・クリスマス(Happy Xmas (War Is Over)』

今日の「聴き比べ」はジョン・レノン(John Lennon)の『ハッピー・クリスマス(Happy Xmas (War Is Over)』です。 季節外れで申し訳ありません。 正式にはジョン・レノン&オノ・ヨーコの作品と言わなければなりません。 1971年にシングルで発表されました…

この人の、この1枚『モット・ザ・フープル(Mott the Hoople)/Original Mixed Up Kids』

今日の「この人の、この1枚」はモット・ザ・フープル(Mott the Hoople)の『Original Mixed Up Kids』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はモット・ザ・フープルです。1996年に発売でBBCに残された音源です。 lynyrdburitto.hatenablog.c…

この人の、この1枚『キンクス(The Kinks)/BBC Sessions 1964 - 1977』

今日の「この人の、この1枚」はキンクス(The Kinks)の『BBC Sessions 1964 - 1977』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はキンクスです。長い歴史ですから未発表音源も多いです。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com ly…

聴き比べ サイモン&ガーファンクルの『アイ・アム・ア・ロック(I Am a Rock)』

今日の「聴き比べ」はサイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel) の『アイ・アム・ア・ロック(I Am a Rock)』です。 この曲は元々がポール・サイモン(Paul Simon)がイギリスで活動中にソロアルバムとして発表した『ポール・サイモン・ソングブック(The Pa…

聴き比べ サイモン&ガーファンクルの『早く家に帰りたい(Homeward Bound)』

今日の「聴き比べ」はサイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)の『早く家に帰りたい(Homeward Bound)』です。 彼らの曲も随分「聴き比べ」てきました。 この曲はポール・サイモン(Paul Simon)がS&Gのファースト・アルバムが売れずに失意の末、イギリ…

この人の、この1枚『フリー(Free)/Live at the BBC』

今日の「この人の、この1枚」はフリー(Free)の『Live at the BBC』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はフリーです。1968年から1971年にかけてBBCに残っていた音源集です。セッションとコンサートに分かれています。 リリースは20…

この人の、この1枚『フリートウッド・マック(Fleet Woodmac)/Shrine '69』

今日の「この人の、この1枚」はフリートウッド・マック(Fleet Woodmac)の『Shrine '69』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、またしてもフリートウッド・マックです。これで最後にします。 1969年1月25日、ロサンゼルスのShrine オーディトリ…

この人の、この1枚『フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)/The Vaudeville Years Of Fleetwood Mac 』

今日の「この人の、この1枚」はフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の『The Vaudeville Years Of Fleetwood Mac 』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回もフリートウッド・マックです。 1998年に発売されたマックの1968年から1970…

この人の、この1枚『フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)/Live at the BBC』

今日の「この人の、この1枚」はフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の『Live at the BBC』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はフリートウッド・マックです。このバンドもCD時代になって昔の音源がたくさんリリースされました。 その中か…

聴き比べ バッドフィンガーの『嵐の恋(No Matter What)』

今日の「聴き比べ」はバッドフィンガー(Badfinger)の『嵐の恋(No Matter What)』です。 1970年の彼らの大ヒット曲です。この曲を収録したアルバム『No Dice』もヒットしました。 彼らについては以前にも書いていました。 lynyrdburitto.hatenablog.com l…

Mick Fleetwood & Friends/『Celebrate The Music Of Peter Green & The Early Years Of Fleetwood Mac』入手

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)のメンバーであるミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)が音頭を取り、豪華メンバーを集めて、ピーター・グリーン(Peter Green)のトリビュート・コンサートを開きました。2020年2月25日でした。 そしてそのち…

聴き比べ  バドカンとタリスマンの『Run with the Pack』

今日の「聴き比べ」はバッド・カンパニー(Bad Company)の1976年リリースの3枚目のアルバムのタイトル曲で『Run with the Pack』です。 ポール・ロジャース(Paul Rodgers)はフリー(Free)を解散すると、同じくフリーのドラマー、サイモン・カーク(Simon K…

聴き比べ  スペンサー・デイヴィス・グループ (The Spencer Davis Group)の『愛しておくれ(Gimme Some Lovin')』

今日の「聴き比べ」はスペンサー・デイヴィス・グループ (The Spencer Davis Group)の『愛しておくれ(Gimme Some Lovin')』です。 1966年にスペンサー・デイヴィス・グループがヒットさせた曲です。マフとスティーヴのウィンウッド兄弟とスペンサー・デ…

聴き比べ  『すべての若き野郎ども(All the Young Dudes)』

今日の「聴き比べ」はモット・ザ・フープル(Mott The Hoople)でヒットした『すべての若き野郎ども(All the Young Dudes)』です。 アルバムを出せども出せども売れなかったモット・ザ・フープル。そんな彼らの転機となったアルバムが1972年の 『すべての…

この人の、この1枚『ジェスロ・タル(Jethro Tull)/Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970』

今日の「この人の、この1枚」はジェスロ・タル(Jethro Tull)の『Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970』です。 ジェスロ・タルもまたCD時代になって、過去のアルバムがボーナストラック付きで再発され、さらにはスペシャル・エディションが2…

聴き比べ  ボブ・ディラン (Bob Dylan)の『明日は遠く(Tomorrow Is A Long Time)』

今日の「聴き比べ」はボブ・ディラン (Bob Dylan)の『明日は遠く(Tomorrow Is A Long Time)』です。 ディランの「聴き比べ」はいったい何曲になったでしょう。まあ、それだけカバーされているということですね。 この曲はディランの1971年にリリースされ…

聴き比べ  サンディ・デニー (Sandy Denny)の『時の流れを誰が知る (Who Knows Where the Time Goes?)』

今日の「聴き比べ」はサンディ・デニー (Sandy Denny)の『時の流れを誰が知る (Who Knows Where the Time Goes?)』です。 この曲は元々はサンディ・デニーがストローブス(Strawbs)在籍時の1967年に作って録音しましたが、このアルバム『All Our Own Work…

聴き比べ  ロビン・トロワー (Robin Trower)の『Days of The Eagle』

今日の「聴き比べ」はロビン・トロワー (Robin Trower)の『Days of The Eagle』です。 ロビン・トロワーの1974年にリリースされたセカンド・アルバム『Bridge of Sighs』のオープニング・ナンバーです。 彼は1971年にアルバム『Broken Barricades』…

聴き比べ  デレク&ザ・ドミノス(Derek & The Dominos)の『Bell Bottom Blues』

今日の「聴き比べ」はデレク&ザ・ドミノス(Derek & The Dominos)の『Bell Bottom Blues』です。 この曲は1971年のアルバム『いとしのレイラ(Layla And Other Assorted Love Songs)』に収録された曲です。 エリック・クラプトン(Eric Clapton)がジョージ…

聴き比べ  レッド・ツェッペリン (Led Zeppelin)の『Thank You』

今日の「聴き比べ」はレッド・ツェッペリン (Led Zeppelin)の『Thank You』です。 この曲は1969年のレッド・ツェッペリンのセカンド・アルバム『Led Zeppelin Ⅱ』に収録された曲です。ロバート・プラント (Robert Plant)とジミー・ペイジ(Jimmy Page)に…