Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

聴き比べ  レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『That Smell』

今日の「聴き比べ」は レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)『That Smell』です。

 

この曲は1977年のアルバム『Street Survivors』に収録された曲です。そしてこのアルバムのリリースの3日後、あの忌まわしい飛行機事故が起こるのです。ロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズ、そして姉のキャシー・ゲインズが亡くなりました。アルバム・ジャケットは生々しすぎるとしてしばらくの間差し替えられました。そしてバンドはこれより10年間、解散状態になりました。『That Smell』はアルバムの第2弾シングルでしたがチャート入りはなりませんでした。それでも大好きな曲です。

 

That Smell

By Allen Collins / Ronnie Van Zant

 

Whiskey bottles and brand new cars

Oak tree you're in my way

There's too much coke and too much smoke

Look what's going on inside you

 

Ooh, that smell

Can't you smell that smell?

Ooh, that smell

The smell of death surrounds you

 

Angel of darkness is upon you

Stuck a needle in your arm (You fool, you)

So take another toke, have a blow for your nose

One more drink, fool, would drown you (Hell yeah)

 

Ooh, that smell

Can't you smell that smell?

Ooh, that smell

The smell of death surrounds you

 

Now they call you Prince Charming

Can't speak a word when you're full of 'ludes

Say you'll be alright come tomorrow

But tomorrow might not be here for you (Yeah, you)

Primis Player Placeholder

 

Ooh, that smell

Can't you smell that smell?

Ooh, that smell

The smell of death surrounds you

 

Oh, you a fool, you

Go on, stick them needles in your arm

Ooh hoo hoo hoo

I know I been there before

 

One little problem that confronts you

Got a monkey on your back

Just one more fix, Lord, might do the trick

One hell of a price for you to get your kicks (Hell yeah)

 

Ooh, that smell

Can't you smell that smell?

Ooh, that smell

The smell of death surrounds you

 

Ooh, that smell (Whoa)

Can't you smell that smell?

Ooh, that smell

The smell of death surrounds you

 

Oh, you a fool, you

Go on, stick those needles in your arm

You're just a fool, just a fool, just a fool

Gimme one more blow

One more blow for my nose, whoa yeah

 

 


That Smell

 

この曲をウォレン・ヘインズ(Warren Haynes)がカバーしてくれました。アルバム『One More For The Fans』です。

 


Warren Haynes - That Smell (Lynyrd Skynyrd - One More For The Fans)

 

キャンド・ヒート(Canned Heat)がカバーしてくれました。アルバム『An AllStar Tribute to lynyrd skynyrdです。もう蜂(アラン)も熊(ボブ)もいません。


That Smell

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/リッチ・マン(Rich Man)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの5作目『リッチ・マン(Rich Man)』です。

 

前作後、キーボード奏者のアーサー・ウッドとドラムスのジョージ・ニューサムがバンドを去りました。代わりにドラマーのジョン・カフリー(John Cuffley ,ds)が加入しました。4人編成となりました。

1972年、このメンバーによる5枚目のアルバム『リッチ・マン(Rich Man)』がリリースされました。

f:id:lynyrdburitto:20200724123633j:plain f:id:lynyrdburitto:20200724123657j:plain

 

Side A

1.Rich Man

2.Mole On The Dole

3.You Make Me Sick

4.Standing By A River

 

Side B

1.Shake Your Love

2.All The Time In The World

3.If You Wanna Know

4.Don't You Mind People Grinning In Your Face

 

メンバーは

コリン・クーパー(Colin Cooper, vo, harmonica,sax,g)

ピート・ヘイコック(Peter Haycock ,g, vo)

デレク・ホルト(Derek Holt ,vo, b,p)

ジョン・カフリー(John Cuffley ,ds)

 

プロデュースはリチャード・ゴッテラー(Richard Gottehrer)です。

 

B4がサン・ハウスです。

その他はバンド・オリジナルです。

 

ストレートなロックとブルース・ロックとジャズとポップなロックが入り混じった不思議なアルバムになりました。これ以降のバンドの方向性は見えたような気がします。

 

翌年、バンドは初めてのライヴアルバムをリリースします。その辺りは次回ということで。

 


Climax Blues Band Rich Man


Climax Blues Band - Mole On the Dole


Climax Blues Band - All the Time In the World


Climax Blues Band - If You Wanna Know

 

それでは今日はこの辺で。

聴き比べ  レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)の『Tuesday's Gone』

今日の「聴き比べ」はレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)『Tuesday's Gone』です。

 

この曲は彼らの1973年のデビュー・アルバム『Pronounced Leh-Nerd Skin-Nerdに収録された曲です。

このアルバムは名曲揃いでこの曲の他にも『Simpleman』『Freebird』『Gimme Three Stepsなど、彼らのライヴでの定番曲が多く収録されたアルバムです。

 

レーナード・スキナードに関しては今まで数えきれないくらい書いていますので、今更書くことはありませんが、この曲はレーナードの中でも私の好きな曲のベスト5には入るでしょう。もちろん、中野サンプラザでの初来日公演でも演ってくれました。

 

Tuesday’s Gone

By  Allen Collins / Ronnie Van Zant

 

Train roll on, on down the line

Won't you please take me far away?

Now I feel the wind blow outside my door

Means I'm, I'm leaving my woman at home

Lord and

Tuesday's gone with the wind

My baby's gone with the wind again

 

And I don't know, oh where I'm going

I just want to be left alone

Well, when this train ends I'll try again

I'm leaving my woman at home

Lord and

Tuesday's gone with the wind

Tuesday's gone with the wind

Tuesday's gone with the wind

My baby's gone with the wind

Train roll on, Tuesday's gone

 

Train roll on many miles from my home

See I'm, I'm riding my blues away, yeah

Tuesday, you see, she had to be free, lawd but

Somehow I've got to carry on

Lord and

Tuesday's gone with the wind

Tuesday's gone with the wind

Tuesday's gone with the wind, whoa

My baby's gone with the wind

Train roll on

 

Roll on

'Cause my baby's gone

I'm riding my blues, babe

Tryin' to ride my blues

Ride on train, ride on train

Ride my blues babe

Goodbye to you, babe

Goodbye to you yeah

Oh train

 


Lynyrd Skynyrd - Tuesday's Gone

 

そしてこの曲を、これも大好きなガヴァメント・ミュール(Gov't Mule)がカバーしてくれました。残念ながらいい映像がありませんでした。


Tuesday's Gone - Gov't Mule with Jackie Greene and Shawn Pelton December 31, 2018

 

今は亡きグレッグ・オールマン(Greg Allman)がアルバム『One More For The Fans』でカバーしました。

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

 


Gregg Allman - Tuesday's Gone (Lynyrd Skynyrd - One More For The Fans)

 

メタル界からはメタリカ(Metallica)です。1998年のカバー集『Garage Inc.』です。この曲にはレーナードのギタリスト、ゲイリー・ロッシントン、ブルース・トラヴェラーからジョン・ポッパー、アリス・イン・チェインジスからジェリー・カントレル、ショーン・キニー、フェイス・ノーモアからジム・マーティンなど凄いメンバーが参加しています。


Tuesday's Gone

 

ライバルだったアトランタ・リズム・セクション(Atlanta Rhythm Section)がカバーしました。2011年のアルバム『 With All Due Respect』です。

lynyrdburitto.hatenablog.com


Tuesday's Gone

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/タイトリー・ニット(Tightly Knit)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの4作目『タイトリー・ニット(Tightly Knit)』です。

 

1971年、4枚目のアルバム『タイトリー・ニット(Tightly Knit)』がリリースされました。

f:id:lynyrdburitto:20200724113930j:plain f:id:lynyrdburitto:20200724114016j:plain

 

Side A

1.Hey Mama

2.Shoot Her If She Runs

3.Towards The Sun

4.Come On In My Kitchen

 

Side B

1.Who Killed McSwiggin

2.Little Link

3.St. Michael's Blues

4.Bide My Time

5.That's All

 

メンバーは

コリン・クーパー(Colin Cooper, vo, harmonica,sax)

ピート・ヘイコック(Peter Haycock ,g, vo)

デレク・ホルト(Derek Holt ,vo, b)

アーサー・ウッド(Arthur Wood ,key)

ジョージ・ニューサム(George Newsome ,ds)

 

プロデュースはクリス・トーマス (Chris Thomas)です。

 

A4はお馴染み、ロバート・ジョンソン

 

もろブルース・ロックもありますが、ポップ色の強い曲もちらほら出てきました。バンドとしてどっちの方向に進むべきか迷っているようです。

それでもB3は聴きものです。圧巻のブルース・ロックです。あのハンブル・パイを思わせるようなロックです。このアルバムも好きです。

 

翌年に5枚目のアルバムをリリースします。それは次回ということで。

 


The Climax Blues Band - Hey Mama.wmv

 


Climax Blues Band-Towards the Sun


Climax Blues Band - St. Michael's Blues


Climax Blues Band - Bide My Time

 

それでは今日はこの辺で。

 

聴き比べ 『スリル・イズ・ゴーン(The Thrill Is Gone)』

今日の「聴き比べ」は『スリル・イズ・ゴーン(The Thrill Is Gone)』です。

 

この曲は1951年にロイ・ホーキンス(Roy Hawkins)リック・ダーネル(Rick Darnell)によって書かれたマイナー・ブルースです。ロイ・ホーキンスはこの年にリリースして、ビルボードのR&B部門で6位になるヒットとなりました。

 

しかし、この曲が後にブルースのスタンダードになるまでになったのはB.B キング(B.B King)のカバーによるところが大です。1969年のアルバム『Completely Well』に収録されたこの曲は大ヒットし、ビルボードの総合15位になりました。ソウル部門では3位です。

 

多くのブルースマンやロック・ミュージシャンにカバーされました。

 

The Thrill is Gone

By  Rick Darnell, Roy Hawkins

 

The thrill is gone

The thrill is gone away

The thrill is gone, baby

The thrill is gone away

You know you done me wrong, baby

And you'll be sorry someday

 

The thrill is gone

It's gone away from me

The thrill is gone, baby

The thrill is gone away from me

Although I'll still live on

But so lonely I'll be

 

The thrill is gone

It's gone away for good

Oh, the thrill is gone, baby

It's gone away for good

Someday, I know I'll be over it all, baby

Just like I know a man should

 

You know I'm free, free now, baby

I'm free from your spell

I'm free, free, free now

I'm free from your spell

And now that it's all over

All I can do is wish you well

 

本家のロイ・ホーキンスから。


Roy Hawkins-The Thrill Has Gone

 

続いてB.B キングです。


The Thrill Is Gone

 

ジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)がカバーしました。2016年のアルバム『Live At The Greek Theatre』です。DVD付きです。これはカッコいい。


Joe Bonamassa Official - "The Thrill Is Gone" - Live At The Greek Theatre

 

ちょっと意外だったのがホセ・フェリシアーノ(Jose Feliciano)です。


Jose Feliciano - The Thrill is Gone

 

ゲイリー・ムーア(Gary Moore)がBBと競演しました。


BB King RIP with Gary Moore RIP - The Thrill Is Gone - Hi Quality

 

エリック・クラプトン(Eric Clapton)とBBの競演です。


Eric Clapton & B.B King - The Thrill Is Gone - live at The White House

 

BBとクラプトン、ロバート・クレイ(Robert Cray)、ジミー・ヴォーン(Jimmi Voughn)の競演です。2010年のクロスロード・フェスティバル。


"The Thrill Is Gone" BB King, Eric Clapton, Robert Cray, Jimmi Vaughn (HD)

 

それでは今日はこの辺で。

 

映画『ミナリ』を観る

先日のキネ旬シアターは『ミナリ』でした。

f:id:lynyrdburitto:20210503095913p:plain

 

監督:リー・アイザック・チョン

出演:ティーヴン・ユァン、ハン・イェリ、ユン・ヨジョン

製作:2020年 アメリカ合衆国 2021年 日本公開

 

この映画は今年のゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を獲得しました。またアカデミー賞の作品賞にもノミネートされましたが、残念ながら受賞はなりませんでしたが、出演女優のユン・ヨジョンがアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

ちなみに作品賞は『ノマドランド』でした。中国人監督の作品です。製作はアメリカです。昨年の作品賞は『パラサイト』で、このところアジア系の映画が注目されています。

 

映画は韓国系移民のジェイコブ・イが一獲千金を夢見て妻のモニカ、そして娘のアンと息子のデビッドを連れて、アメリカ南部のアーカンソー州の田舎にやってきます。ジェイコブはここで農地を開拓し大農場主になる夢を見ていました。

長旅の末にたどり着いた土地には古びたトレーラーハウスが待ち受けていました。ご機嫌なジェイコブとは打って変わって「約束が違う」と憮然とするモニカ。

f:id:lynyrdburitto:20210506133821p:plain


いきなり農場主になれるわけもなくジェイコブ夫婦は近所の孵卵場へ働きに出掛けます。長男のデビッドは心臓に病を抱え、病院までは1時間以上もかかることにも不満が溜まるモニカとの夫婦間の諍いが絶えず、子供たちも不安になります。

 

そこでモニカの母親スンジャを韓国から呼び寄せ子供たちの面倒を見てもらうことにしたのです。ところがこの母親スンジャは子供たちが想像した優しいおばあちゃんではなく、やかましく、口が悪く、学もなく、料理もできない。得意なのは花札という変なおばあちゃんでした。

f:id:lynyrdburitto:20210506134009p:plain 

デビッドはこのおばあちゃんを毛嫌いしていましたが、あることがきっかけとなり仲良くなっていくのです。

一方、ジェイコブは孵卵場での勤務の傍ら、農場で食物の栽培を始めますが、なかなかうまくいきません。モニカの我慢は限界に近づいていました。

そんな中、或る事件が起きるのです・・・。

f:id:lynyrdburitto:20210506134146p:plain

 

今回はネタバレはやめます。と言っても、たいしてドラマティックな出来事が起きるような話ではありません。 あくまでも自分の夢を追いかける仕事中心の夫とそれよりも家庭を大事にしたい妻。そしてその夫婦仲の悪さに戸惑う子供たち。しかし、或ることをきっかけに家族を取り戻していくという、よくある話です。その触媒がおばあちゃんです。

 

ミナリとは韓国語のセリのことで「たくましく地に根を張り、2度目の旬が最もおいしいことから、子供世代の幸せのために、親の世代が懸命に生きるという意味が込められている」ということらしいです。

エンドロールの最後に「すべてのおばあちゃんに捧ぐ」とありました。なるほど、です。

 

このところ、アジア系の映画がアメリカでもてはやされています。反対にそのアメリカでアジア系の人間に対するヘイトクライムのニュースが頻繁に流されています。しかも黒人によるアジア系人種に対する暴力が横行しています。以前からもこのような差別はあったのでしょうが、ここのところのヘイトクライムはトランプ前大統領の出現が拍車をかけたものだと推測されています。まさにアメリカの分断を生んだこの4年間でした。このような現象は世界各地で見られるようになっています。

せめて映画の世界だけはこのようなことが起こらないように願うばかりです。

 

www.youtube.com

 

それでは今日はこの辺で。

 

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/ロット・オブ・ボトル(A Lot of Bottle)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの3作目、『ロット・オブ・ボトル(A Lot of Bottle)』です。

 

日本盤タイトルは『ロック・ブルース/クライマックス・シカゴ』でした。

f:id:lynyrdburitto:20200724111343j:plain f:id:lynyrdburitto:20200724111410j:plain

 

Side A

1.Country Hat

2.Everyday

3.Reap What I've Sowed

4.Brief Case

5.Alright Blue ?

 

Side B

1.Seventh Son

2.Please Don't Help Me

3.Morning Noon And Night

4.Long Lovin' Man

5.Louisiana Blues

6.Cut You Loose

 

メンバーは

コリン・クーパー(Colin Cooper, vo, harmonica,sax)

ピート・ヘイコック(Peter Haycock ,g, vo)

デレク・ホルト(Derek Holt ,vo, b)

アーサー・ウッド(Arthur Wood ,key)

ジョージ・ニューサム(George Newsome ,ds)

 

プロデュースはクリス・トーマス(Chris Thomas)です。

 

B1はウィリー・ディクソン。

B5はマディ・ウォーターズ

 

ブルースを踏襲しながらも、ロックへの道を模索しているといった内容になっています。インストナンバーも多く、激しいロックンロールもあります。かと思うともろブルースもあります。中途半端感は否めません。

 

翌年には70年代後半の変身ぶりを垣間見せるアルバムをリリースします。それは次回ということで。

 


Climax Chicago Blues Band - Everyday


Climax Chicago Blues Band - Reap What I've Sowed


Climax Chicago Blues Band - Please Don't Help Me


Climax Chicago Blues Band - Long Lovin' Man

 

それでは今日はこの辺で。