Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚『フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)/ミスター・ワンダフル(Mr. Wonderful)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)です。彼らのセカンド・アルバム『ミスター・ワンダフル(Mr. Wonderful)』です。

 

前作から半年ほどでリリースされたセカンド・アルバムです。

f:id:lynyrdburitto:20200717105809j:plain

f:id:lynyrdburitto:20200717105822j:plain

 

Side A

1.Stop Messin' Round

2.I've Lost My Baby

3.Rollin' Man

4.Dust My Broom

5.Love That Burns

6.Doctor Brown

 

Side B

1.Need Your Love Tonight

2.If You Be My Baby

3.Evenin' Boogie

4.Lazy Poker Blues

5.Coming Home

6.Trying So Hard to Forget

 

メンバーは

ピーター・グリーン(Peter Green ,vo, g, harmonica)

ジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer ,vo, slide g, p)

ジョン・マクヴィー(John McVie ,b)

ミック・フリートウッド(Mick Fleetwood ,ds)

 

アディショナル・ミュージシャン は

ダスター・バーネット(Duster Bennett ,harmonica) 

クリスティン・パーフェクト(Christine Perfect ,p)

ティーヴ・グレゴリー(Steve Gregory ,alto sax)

デヴィッド・ホワード(Dave Howard ,alto sax)

ジョニー・アーノルド(Johnny Almond ,tenor sax)

ローランド・ヴォーガン(Roland Vaughan ,tenor sax)

クリスティン・パーフェクトは後にジョン・マクヴィーと結婚。チッキン・シャック在籍。

プロデュースはマイク・ヴァーノン(Mike Vernon)です。

 

A1、A3、A5、B2、B4、B6がピーター・グリーンとクリフォード・アダムスの共作。

A2、B1、B3がジェレミー・スペンサー作。

A4、B5がエルモア・ジェイムス。

A6はトーマス・ブラウン。

 

セカンドも純粋なブルースアルバムですが、ジェレミー・スペンサーのスライドがエルモアのリフで少々食傷気味です。

ホーン・セクションも取り入れファーストとは違った面も出しています。ピーター・グリーンのギターは相変わらず素晴らしく、ヴォーカルも俄然うまくなりました。

 

この後、変則的なアルバムが2枚ほどリリースされます。イギリス盤とアメリカ盤と日本盤が入り乱れて、当時は情報不足でよくわからりませんでした。

そのあたりのことは次回ということで。

 


Fleetwood Mac - Stop Messin' Round


Dust My Broom


Love That Burns


Trying so Hard to Forget

 

それでは今日はこの辺で。




 

この人の、この1枚『ジョン・ウェスト(John West)/パーマネント・マーク(Permanent Mark)』

今日の「この人の、この1枚」はジョン・ウェスト(John West)『パーマネント・マーク(Permanent Mark)』です。

 

ジョン・ウェストはご存じ、アーテンション(Artension)ロイヤル・ハント(Royal Hunt)のヴォーカリストです。

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

1996年にヴィタリ・クープリ(Vitalij Kuprij,key)らが結成したアーテンションに参加し、ファースト・アルバムをリリースした翌年、最初のソロ・アルバムをリリースします。『Mind Jurney』です。ジョン・ウェストの迫力満点のヴォーカルがいかんなく発揮されたアルバムです。中身はアーテンションの延長線上で、ネオ・クラシカルなメロディアスなヘヴィメタです。

 

アーテンションの活動と並行して、ソロ・アルバムも製作し続けます。1998年にはセカンド・アルバム『Permanent Mark』をリリースします。

 

01.Permanent Mark

02.Restless Heart

03.High Speed Life

04.The Burning Times

05.Pariah

06.Revolutionary

07.Destiny

08.History's The Future

09.Ship Of Dreams

10.Iron Horses

 

パーソナルは

Vocals – John West

Bass  – Barry Sparks

Drums – Shane Gaalaas

Guitar – Jeff Kollman, Scott Stine, James Murphy

Keyboards – Lonnie Park, Bobby Twining

   

プロデュースはJohn West, Mike Varneyです。

 

このアルバムではジョン・ウェスト色が一段と強まり、ジョンのヴォーカルは冴え、叙情的なメロディにも磨きがかかっています。このアルバムの目玉はジョンのヴォーカルの他に3人のギタリストが参加していることです。

ジェフ・コールマンはEdwin Dareのメンバーでソロ・アルバムも3枚リリースしています。

スコット・スタインはCrimenyのメンバーでソロ・アルバムも1枚リリースしています。

もう一人、ジェイムス・マーフィーは前作でも参加していました。

ジェイムスは1曲のみの参加ですが、二人のギターバトルは壮絶です。

 

隠れた名盤ではないでしょうか。

 

ジョンは1998年からD.C クーパーに代わってロイヤル・ハントにのヴォーカリストも掛け持ちします。

 

この後、2002年に3作目、2006年に4作目をリリースしています。

3作目の『Earth Maker』ではヴィタリ・クープリがゲスト参加しています。その他ハルフォードのメンバーやアーテンションのメンバーも参加しています。

 

 


Restless Heart


The Burning Times


Destiny


History's the Future

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

 

山田宗樹『百年法』を読む

久しぶりの「読書」記事です。

山田宗樹『百年法』を読み終えました。

この作家は嫌われ松子の一生で有名になりましたが、私もこの小説で彼を知って以来、何冊か読みました。『嫌われ松子・・・』も想像していた内容と違い、主人公の壮絶な人生を描いた大作でした。

その後も医学ミステリーなど幅広い分野の小説を書いています。

 

今回読み終えた『百年法』は言ってみればSFです。架空の日本国家の出来事です。

 

簡単なあらすじだけ。

1945年、日本がアメリカの原爆投下により敗戦。以後、アメリカの統治下に入ります。日本は共和制を敷き日本共和国となります。そして1948年、アメリカが開発したヒト不老化技術HAV1を導入し、不老不死の世界を手に入れます。ただし、不老化処置を受けるのは自由意志です。それでもほとんどの人間は処置を受けました。しかし、そこには不老処置を受けてから百年後には死ななければならないという生存制限法、通称『百年法』が同時に制定されました。そうしなければ誰も死なず、国民の新陳代謝が行われず、国全体が老化し、やがて国が滅びてしまうからです。

 

そして現在、2048年。その百年目を迎え、『百年法』を施行するか一時凍結するかで政府内はもめています。政府内にも期限を目前に控えた議員がいるからです。そしてその決断を国民投票で行うということになりました。処置を受けた時に了解していたはずなのに、死を目前にした国民は迷います。

結果、『百年法』は凍結されます。しかし、国家の滅亡を憂いた一部の官僚たちが『百年法』の施行に向けて動き出します。

 

ここから先が読み応え十分なのですが、ネタバレになりますので控えます。

最後はただひたすら、私利私欲を排除し、国家のために働く官僚や政治家、民間人に救われるのですが、その途中、政府内の対立・駆け引き、陰謀論、独裁政治、地下組織、クーデター、不治の病を引き起こすウイルスの発生など、今の日本にも通じる様々な諸問題が描かれ、読み応え十分な小説です。上下巻の大作であり、力作でした。

この小説では、国のリーダーになった者たちが、あくまでも冷徹な判断で国家滅亡の危機を救うのですが、私利私欲にまみれたどこかの国のリーダーに読ませてあげたいものです。

 

小説を読みながら、改めて感じたのは、年を取らないということはどういうことだろう、死なないということはどういうことだろう、などという素朴な疑問でした。

100歳を超えても20歳の容姿のままです。ですから歳の差恋愛など当たり前です。年齢が60歳違いでも結婚します。親子関係は疎遠になります。

小説の中で自殺者が増える村が登場するのですが、死ねないという恐怖に耐えきれず、自殺するのです。人類の願望である不老不死を手に入れたのに、実際には死ねないことに対する絶望というのもわかる気がします。逆に明日、安楽死を施される気持ちはいかばかりか。

やはり、寿命はわからない方が幸せなのでしょうか。

私の父親は二十数年前に亡くなりましたが、癌を罹患しました。その時、担当の医師から「告知しますか?」と聞かれました。当時は告知をするかどうか家族に訪ねる、というのが一般的でした。医師は「私だったら告知を受けます。なぜなら癌ならば死を準備出きるから」と言いました。医師らしいな、と思いましたが、私たちは悩んだ挙句、告知をしませんでした。高齢の父親が死の恐怖に耐えられるだろうか、と勝手に考えたからです。それから13年後、母親も癌に罹患しました。この時も告知はしませんでした。理由は同じでした。それが正しかったのかは今でもわかりません。しかし、人間は余命を告げられても一時的には混乱するかもしれませんが、落ち着けば死を受け入れられるのかもしれません。

現在は直接告知するのが当然のようになっています。もちろん私も罹患すれば告知を受けます。そして、余命宣告をされれば死の準備をすることでしょう。私の両親たちもそれを望んだのでしょうか。そうであるならば、もっと色々な準備が出来たのかもしれません。そして、子供たちにもっと何かを言い残すことが出来たのかもしれません。そんなことを思うと、あの時の判断が誤っていたのかもしれない、などと考えてしまいます。幸い両親とも穏やかな死を迎えることが出来たので、よかったのかな、などと自分に言い聞かせています。

そんなことをふと考えさせられる小説でした。

 

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (上) (角川文庫)

  • 作者:山田 宗樹
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 文庫
 
百年法 (下) (角川文庫)

百年法 (下) (角川文庫)

  • 作者:山田 宗樹
  • 発売日: 2015/03/25
  • メディア: 文庫
 

 

「読書」記事ももっともっと書きたいのですが、読了するそばから内容を忘れてしまうので書くに書けません。認知症一歩手前です。

 

それでは今日はこの辺で。

 

聴き比べ キンクスとビッグ・スター『エンド・オブ・ザ・デイ(Till The End of the Day)』

今日の「聴き比べ」はキンクス(The Kinks)の1965年のヒット曲『エンド・オブ・ザ・デイ(Till The End of the Day)』です。

 

この曲は「You Really Got Me」以来ヒットを飛ばし続けるキンクスの11枚目のシングルです。全英では6位にとどまったものの、相変わらずのキンクス人気でした。

アルバムではイギリスでの3枚目のアルバム『The Kink Kontroversy』に収録されました。これまたご機嫌なロック・ナンバーです。

f:id:lynyrdburitto:20201022103722j:plain 

 

Till the End of the Day

By  Ray Davies

 

Baby, I feel good

From the moment I arise

Feel good from morning

Till the end of the day

Till the end of the day

 

Yeah, you and me

We live this life

From when we get up

Till we go sleep at night

You and me, we're free

We do as we please, yeah

From morning, till the end of the day

Till the end of the day

 

Yeah, I get up

And I see the sun up

And I feel good, yeah

Cause my life has begun

You and me, we're free

We do as we please, yeah

From morning, till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day (alright)

Primis Player Placeholder

 

You and me, we're free

We do as we please, yeah

From morning, till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day

Till the end of the day

 

 


the kinks Till The End Of The Day

 

この曲をアレックス・チルトン(Alex Chilton)率いるアメリカのパワー・ポップ・バンド、ビッグ・スター(Big Star)がカバーしました。

彼らの1975年の3枚目のアルバム『Third』は録音されるもリリースに至りませんでした。というのも、彼らの1st『#1 Record』、2ndRadio City、ともに一部ではかなり高い評価を得たにもかかわらず、商業的には全く不振でした。そして3枚目のアルバムも宣伝用に250枚がプレスされただけでお蔵入りになってしまいました。そしてバンドは解散。

ところが、1978年になってイギリスで1st、2nd、が発売されるとこれがファンの心をつかみました。そして幻のサード・アルバムが『Third/Sister Lovers』というタイトルで発売されました。このアルバムが1992年にボーナストラック付きで再発されました。そのボーナストラックに「Till The End of the Day」が収録されたのです。


Till The End Of The Day

 

それから数十年、キンクスレイ・デイヴィス先生とアレックス・チルトンがレイ先生のアルバム『See My Friend』でこの曲を取り上げました。最高でしょう。

アレックス・チルトンはこのアルバムがリリースされた2010年に他界しました。59歳でした。

lynyrdburitto.hatenablog.com


Ray Davies and Alex Chilton ~ Till The End Of The Day

 

それでは今日はこの辺で。

 

この人の、この1枚『フリートウッド・マック(Peter Green's Fleetwood Mac)/フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)』

今日の「この人の、この1枚」はフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)のファースト・アルバムフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)』です。

再びイギリスに戻って来ました。

1970年代に世界的人気バンドになるフリーウッド・マックですが、この時点ではまだバンド名は『Peter Green's Fleetwood Mac(以下、マック)と名乗り、バリバリのブルース・バンドでした。ちなみにフリートウッド・マックとはピーターグリーンがブルースブレイカーズ時代に作った曲でリズム・セクションにちなんでつけた曲名から来ています。フリートウッドとマクヴィーです。

このバンドも『ブルースロックの名手たち』で書き足りなかったバンドです。

lynyrdburitto.hatenablog.com

マックはサヴォイ・ブラウン(Savoy Brown)チッキン・シャック(Chicken Shack)と並んでイギリスの3大ブルース・ロック・バンドと呼ばれました。

 

結成は1967年。ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ(John Mayall & The Bluesbreakers)を辞めたピーター・グリーン(Peter Green)は同じバンドにいたミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)に一緒にバンドをやろうと持ち掛けました。ミックはそれならばやはり同じバンドのジョン・マクヴィー(John McVie)を誘おうとしましたが、本人が固辞しました。それならばと、ピーターはもう一人のギタリストとベーシストを募集しました。プロデューサーのマイクヴァーノンがスライド・ギタリストのジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer)を連れてきました。そしてベースはのボブ・ブランニング(Bob Brunning)に決まりました。ボブ・ブランニングはもしジョン・マクヴィが加入したら自分はやめるという条件で加入しました。

 

こうして『Peter Green's Fleetwood Macはスタートしました。ステージを数回こなした時点でジョン・マクヴィーが加入しました。そして1968年にファースト・アルバムフリートウッド・マック(Fleetwood Mac)』がリリースされました。

f:id:lynyrdburitto:20200717101002j:plain f:id:lynyrdburitto:20200717101032j:plain

 

Side A

1.My Heart Beat Like a Hammer

2.Merry Go Round

3.Long Grey Mare

4.Hellhound on My Trail

5.Shake Your Moneymaker

6.Looking for Somebody

 

Side B

1.No Place to Go

2.My Baby's Good to Me

3.I Loved Another Woman

4.Cold Black Night

5.The World Keep On Turning

6.Got to Move

 

メンバーは

ピーター・グリーン(Peter Green ,vo, g, harmonica)

ジェレミー・スペンサー(Jeremy Spencer ,vo, slide g, p)

ジョン・マクヴィー(John McVie ,b)

ミック・フリートウッド(Mick Fleetwood ,ds)

 

ボブ・バーニング(Bob Brunning – bass on A3)

1曲だけ ボブ・バーニングの録音がありました。

 

プロデュースはマイク・ヴァーノン(Mike Vernon)です。

 

A1、B2、B4はジェレミー・スペンサーの曲。

A2、A3、A6、B3、B5はピーター・グリーンの曲。

A4はロバート・ジョンソン

A5はエルモア・ジェイムス。

B1はチェスター・バーネット。

B6はホームシック・ジェイムス。

 

このアルバムはまさにブルース・ロック・アルバムです。ピーター・グリーンの名前は既にブルースブレイカーズで有名になっており、そのせいもあってかアルバムはイギリスのチャート4位になる好成績を収め、評価も上々でした。

これぞイギリスの白人ブルースです。大好きなアルバムです。

 

半年後にはセカンド・アルバムがリリースされます。それは次回に回します。

 


FLEETWOOD MAC /// 1. My Heart Beat Like A Hammer - (Peter Green's Fleetwood Mac) - (1968)


Merry Go Round- Fleetwood Mac


Fleetwood Mac - Looking for Somebody - Peter Green's Fleetwood Mac - 1968


Peter Green's Fleetwood Mac - Cold Black Night

 

それでは今日はこの辺で。

スウェーデン哀歌『ミカエル・アーランドソン(Mikael Erlandsson)/The 1』

今日の「この人の、この1枚」はラスト・オータムズ・ドリーム(Last Autumn's Dream,LAD)のリード・ヴォーカリストミカエル・アーランドソン(Mikael Erlandsson)がLADに参加する前に発表したソロ・デビュー作『The 1』です。

 

ミカエル・アーランドソンについては以前ラスト・オータムズ・ドリームの記事で触れています。また彼の別プロジェクトについても書きましたが、ソロ作についてはまだでした。

 

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

1994年に発表されたアルバム『The 1』スウェーデンではもちろん日本でも評判を呼びました。それもそのはず、彼の作るメロディーは日本人の感性にドンピシャリです。哀愁漂うメロディはまるで哀しい演歌を聴いているようです。LADに比べれば、よりポップなポップ・ロックアルバムになっています。昭和の流行歌を聴いているような気分になります。もちろん誉め言葉です。

 

01.Wish You Were Here

02.Show Me

03.Reason

04.Life Is A Hard Game To Play

05.It's Alright

06.I Believe

07.We Don't Talk Anymore

08.For You

09.Can't Keep Hiding

10.Mr. Weirdstough

11.The 1

 

パーソナルは

Mikael Erlandsson - Vocals, Keyboards

Bengt Sandblom - Acoustic Guitar

Morgan Hjalmarsson - Acoustic Guitar

Stigge Ljunglöf - Bass  

M.P. Persson - Drums, Perc, Bass, Guitar, Keyboards, Accordion

 

プロデュースはM.P. Persson、Aymeric Desombre、Mikael Erlandssonです。

 

この後、ソロ・アルバムを3枚リリースします。いずれもファーストより明るめなポップ・ロックになっています。それでも中には泣きのメロディーは何曲かあります。

 

 


Wish You Were Here


Life Is a Hard Game to Play


It's Alright


The 1

 

それでは今日はこの辺で。

 

 

 

聴き比べ キンクスの『オール・オブ・ザ・ナイト(All Day and All of the Night)』

今日の「聴き比べ」はキンクス(The Kinks)『オール・オブ・ザ・ナイト(All Day and All of the Night)』です。

この曲はキンクスの第4弾のシングルで全英で1位、全米では6位を記録した曲です。「You Really Got Me」に続く全英ナンバー1ヒットです。アルバムはアメリカ盤の『Kinks-Size』、イギリス盤の『Greatest Hits』に収録されました。ご機嫌なロック・ナンバーです。

f:id:lynyrdburitto:20201021122516j:plain f:id:lynyrdburitto:20201021123403j:plain

 

All Day and All of the Night

By  Ray Davies

 

I'm not content to be with you in the daytime

Girl, I want to be with you all of the time

The only time I feel all right is by your side

Girl, I want to be with you all of the time

All day and all of the night

All day and all of the night

All day and all of the night

 

I believe that you and me last forever

Oh yeah, all day and nighttime yours, leave me never

The only time I feel alright is by your side

Girl, I want to be with you all of the time

All day and all of the night

All day and all of the night

Oh, come on

 

I believe that you and me last forever

Oh yeah, all day and nighttime yours, leave me never

The only time I feel alright is by your side

Girl, I want to be with you all of the time

All day and all of the night

All day and all of the night-time

All day and all of the night

 

この曲も多くのアーティストにカバーされましたが、メタル系を集めてみました。

 

まずはイギリスのヘヴィメタ・バンド、プレイング・マンティス(Praying Mantis)のデビューアルバム『Time Tells No Lies』から。

 


Praying Mantis - All Day And All Of The Night

 

メタルではないですが、ステイタス・クォー(Status Quo)の2003年のアルバム『Riffs』から。


Status Quo-All Day And All Of The Night

 

2011年のスコーピオンズ(Scopions)のアルバム『Comeblack』から。


Scorpions - All Day And All Of The Night (Comeblack 2011)

 

ヴァン・ヘイレン(Van Halen)の映像がありました。「You Really Got Me」に続くカバーです。


Van Halen covers The Kinks: "All Day and All of the Night"

 

レイ・デイヴィス先生がメタリカ(Metallica)をバックに歌っています。


Metallica - All day and all of the night

 

キンクス最高!

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

lynyrdburitto.hatenablog.com

 

それでは今日はこの辺で。