Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この1枚シリーズ

Mick Fleetwood & Friends/『Celebrate The Music Of Peter Green & The Early Years Of Fleetwood Mac』入手

フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)のメンバーであるミック・フリートウッド(Mick Fleetwood)が音頭を取り、豪華メンバーを集めて、ピーター・グリーン(Peter Green)のトリビュート・コンサートを開きました。2020年2月25日でした。 そしてそのち…

スティーヴ・ミラー(Steve Miller Band)/『Live! Breaking Ground / August 3, 1977』入手

スティーヴ・ミラー・バンド(Steve Miller Band)の絶頂期のライブが発売されました。 1977年8月3日、メリーランド州ランドオーヴァーのキャピタル・シアターでのライブです。彼らのライブはこれまでにもたくさん発売されていますが、非公式なものが多…

レーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) /『Live At Knebworth ‘76』入手

1976年のネブワース・フェスティバルでのレーナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd) のライブの模様が単独で発売されました。早速購入しました。タイトルは『Live At Knebworth ‘76』です。CDとDVDの2枚組です。 このフェスティバルはローリング・ス…

この人の、この1枚『フェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)/Before The Moon』

今日の「この人の、この1枚」はフェアポート・コンヴェンション(Fairport Convention)の『Before The Moon』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はフェアポート・コンヴェンションです。このバンドもCD時代になって未発表音源が続々とリリース…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/ブルース(Blues)』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『ブルース(Blues)』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はコンピレーション・アルバムです。ジミヘンが生前演奏したブルースを集めた編集盤です。といってもアウトテイクや…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/BBC Sessions』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『BBC Sessions』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジミヘンの『BBC Sessions』です。リリースは1998年です。 BBCに残された音源を集めて編集したものです。この…

この人の、この1枚『ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)/Stages』

今日の「この人の、この1枚」はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の『Stages』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジミヘンですが、この人ほど死後に数多くのレコードやCDがリリースされたアーティストも珍しいでしょう。それほど彼の死は…

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Gram Parsons Archives Vol.1』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の2007年にリリースされた『Gram Parsons Archives Vol.1』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、前回に引き続きグラム・パーソンズです。ただし、このアルバムは副題として『Live …

この人の、この1枚『グラム・パーソンズ(Gram Parsons)/Another Side Of This Life』

今日の「この人の、この1枚」はグラム・パーソンズ(Gram Parsons)の『Another Side Of This Life』です。 グラム・パーソンズは私のフェヴァリット・アーティストの一人ですからもう何度も書いていますが、彼もまたその死後に数多くのコンピレーション・ア…

この人の、この1枚『ジェスロ・タル(Jethro Tull)/Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970』

今日の「この人の、この1枚」はジェスロ・タル(Jethro Tull)の『Nothing Is Easy: Live at the Isle of Wight 1970』です。 ジェスロ・タルもまたCD時代になって、過去のアルバムがボーナストラック付きで再発され、さらにはスペシャル・エディションが2…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/The Woodstock Experience』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『The Woodstock Experience』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、ジェファーソン・エアプレインの最終回にします。まだまだあるのですが、同じような時期が多いの…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/Last Flight』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『Last Flight』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、ジェファーソン・エアプレインの2回目です。この『Last Flight』は1972年の解散前にサンフランシスコのウ…

この人の、この1枚『ジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)/Live at the Fillmore East』

今日の「この人の、この1枚」はジェファーソン・エアプレイン(Jefferson Airplane)の『Live at the Fillmore East』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はジェファーソン・エアプレインです。このバンドもCD時代になってオリジナルアルバムに…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/Fillmore West 1969』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『Fillmore West 1969』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、グレイトフル・デッドの3回目になります。これで終わりにしましょう。きりがありません。 lynyrdburitto.hatenablog…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/The Closing of Winterland』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『The Closing of Winterland』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はグレイトフル・デッドの2回目です。 lynyrdburitto.hatenablog.com lynyrdburitto.hatenablog.com 今…

この人の、この1枚『グレイトフル・デッド(Grateful Dead)/Ladies and Gentlemen...』

今日の「この人の、この1枚」はグレイトフル・デッド(Grateful Dead)の『Ladies and Gentlemen...』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はグレイトフル・デッドでいきます。このバンドもまたオリジナルアルバムにはボーナストラックが山のように…

この人の、この1枚『ザ・ドアーズ(The Doors)/Live at the Matrix '67』

今日の「この人の、この1枚」はザ・ドアーズ(The Doors)の『Live at the Matrix '67』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」、今日はドアーズです。数が多いのでどれにしようか迷いましたが、録音の古い方から行こうかと思いこれを選びました。 lynyrdbu…

この人の、この1枚『カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ(Country Joe & The Fish)/ Live! Fillmore West 1969』

今日の「この人の、この1枚」はカントリー・ジョー&ザ・フィッシュ(Country Joe & The Fish)の『Live! Fillmore West 1969』です。 すっかりシリーズ化した「CD時代の未発表音源」、今日はカントリー・ジョー&ザ・フィッシュの1969年のライヴです。…

この人の、この1枚『ザ・バーズ(The Byrds)/Live At The Fillmore - February 1969』

今日の「この人の、この1枚」はザ・バーズ(The Byrds)の『Live At The Fillmore - February 1969』です。 「CD時代の未発表音源シリーズ」みたいになってきました。 バーズはCD時代に入ると全オリジナル・アルバムにボーナストラックが付いて、それも半…

この人の、この1枚『ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)/Live At The Fillmore West, 30th June 1971』

今日の「この人の、この1枚」はボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)の『Live At The Fillmore West, 30th June 1971』です。 CD時代になって、やたら昔の未発表音源が発売されるようになりました。ボズ・スキャッグスのこの2枚組CDもその類です。これはプ…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)/American University 12/13/70』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の『American University 12/13/70』です。 我が家のCD棚を漁っていたらまたしてもオールマンズの1970年のライヴ盤が出てきました。1970年12月13日、…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)/Live at the Atlanta International Pop Festival』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)の『Live at the Atlanta International Pop Festival』です。 このアルバムもCD時代になって発売された昔の音源です。先日紹介した『Live at Ludlow Garage,1970…

この人の、この1枚『オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothes Band)/Live at Ludlow Garage,1970』

今日の「この人の、この1枚」はオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothes Band)の『Live at Ludlow Garage』です。 CDの売上げがレコードを抜いたのはいつだったかを調べたら面白いことがわかりました。 CDが世に出たのは1983年でした。…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/FM/ライヴ(FM/Live)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの通算6枚目のアルバムで初めてのライヴアルバムです。タイトルが『FM/ライヴ(FM/Live)』です。 このアルバムはニューヨークのミュージック・アカ…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/リッチ・マン(Rich Man)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの5作目『リッチ・マン(Rich Man)』です。 前作後、キーボード奏者のアーサー・ウッドとドラムスのジョージ・ニューサムがバンドを去りました。代わ…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/タイトリー・ニット(Tightly Knit)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの4作目『タイトリー・ニット(Tightly Knit)』です。 1971年、4枚目のアルバム『タイトリー・ニット(Tightly Knit)』がリリースされました。 Si…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/ロット・オブ・ボトル(A Lot of Bottle)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの3作目、『ロット・オブ・ボトル(A Lot of Bottle)』です。 日本盤タイトルは『ロック・ブルース/クライマックス・シカゴ』でした。 Side A 1.Coun…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/プレイズ・オン(Plays On)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)です。彼らの2作目『プレイズ・オン(Plays On)』です。 前作後、リチャード・ジョーンズがバンドを抜けて5人編成となりました。 1969年、ファーストのリリ…

この人の、この1枚『クライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)/The Climax Chicago Blues Band』

今日の「この人の、この1枚」はクライマックス・ブルース・バンド(Climax Blues Band)のファースト・アルバム『The Climax Chicago Blues Band』です。 このバンドも『ブルースロックの名手たち』で書き足りなかったバンドです。 lynyrdburitto.hatenablog.…

この人の、この1枚『チッキン・シャック(ChickenShack)/さらばチッキン・シャック(Goodbye ChickenShack)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きチッキン・シャック(ChickenShack)です。彼らの通算7枚目で初めてのライヴアルバム『さらばチッキン・シャック(Goodbye ChickenShack)』です。 前作後、再びメンバー全員が入れ替わりました。さすがにスタン・ウェブ…