Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

日本映画

映画『スパイの妻』を観る

昨日のキネ旬シアターは『スパイの妻』でした。 監督:黒沢清 主演:蒼井優、高橋一生、東出昌大 製作:2020年 日本 黒沢清監督がベェネツィア国際映画祭で監督賞にあたる「銀獅子賞」を受賞した作品です。 戦時中に日本軍の国家機密を世界に知らしめよ…

映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』を観る

昨日のキネ旬シアターは『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』でした。 監督:田部井一真 出演:ムヒカ、安藤サクラ(声) 製作:2020年 日本 2020年10月20日に政界を引退した、南米ウルグアイの第40代大統領、ホセ・ムヒカの人…

聴き比べ 『南国土佐を後にして』

今日の「聴き比べ」は『南国土佐を後にして』です。 この曲については、私などはペギー葉山さんの歌でよく知っていました。ところが調べてみるとそのずっと以前、戦前の歌だったのです。 元々は中国大陸中部に出兵した陸軍朝倉歩兵236連隊(鯨部隊)内で自然…

聴き比べ 『セーラー服と機関銃』と『夢の途中』

今日の「聴き比べ」は『セーラー服と機関銃』と『夢の途中』です。 ご存じのようにこの2曲は異名同曲です。小説『セーラー服と機関銃』が角川映画によって映画化されるにあたって、主題歌は来生たかおの『夢の途中』に決まっていたのですが、監督の相米 慎…

聴き比べ 裕次郎となおみ『こぼれ花』

今日の「聴き比べ」は石原裕次郎(裕ちゃん)の『こぼれ花』です。 この曲は裕ちゃんの曲の中でも、私にとってはベスト5に入るほど好きな曲です。 1967年の日活映画『夜霧よ今夜も有難う』の挿入歌でした。中学生だったはずです。 アメリカ映画「カサブ…

聴き比べ 『人生劇場』

今日の「聴き比べ」は『人生劇場』です。 「人生劇場」といえば尾崎士郎の自伝的大河小説です。1933年(昭和8年)から戦争を跨いで1959年(昭和34年)までに「青春篇」「愛慾篇」「残侠篇」「風雲篇」「離愁篇」「夢幻篇」「望郷篇」「蕩子篇」が…

映画『はりぼて』を観る

昨日のキネ旬シアターは『はりぼて』でした。 監督:五百旗頭幸男、 砂沢智史 ナレーション:山根基世 声の出演:佐久田脩 製作:2020年 日本 富山県の小さなテレビ局、チューリップ・テレビが地方政治の不正に立ち向かった政治ドキュメンタリーです。 …

映画『MOTHER マザー』を観る

昨日のキネ旬シアターは『MOTHER マザー』でした。 監督:大森立嗣 主演:長澤まさみ、奥平大兼、阿部サダヲ 製作:2020年 日本 KADOKAWA 2014年に実際に埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害した『川口高齢夫婦殺人事件』をモチーフにした映画…

聴き比べ 『無法松の一生(度胸千両入り)』

今日の聴き比べは『無法松の一生(度胸千両入り)』です。 もちろん、村田英雄の歌唱で有名です。 『無法松の一生』とは元は岩下俊作の小説を映画化して有名になった話です。荒くれ者の人力車夫・富岡松五郎とその恩人とその家族との交流を描いた話です。 何…

渡哲也 逝く!!

昨夜、またしても聞きたくなかったニュースを聞いてしまいました。渡哲也さんが逝ってしまいました。10日のことでした。78歳でした。 近年の渡さんを観ていて、何か嫌な予感はしていました。それが現実になってしまいました。昭和の大スターがまた一人亡…

聴き比べ『蒲田行進曲』

今日の「聴き比べ」は『蒲田行進曲』です。 私などは『蒲田行進曲』と言えば、1982年のあの名作映画とその同名曲を思い浮かべますが、調べてみるとこの曲は1929年(昭和4年)の松竹映画『親父とその子』の主題歌であることがわかりました。監督は五…

映画『三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜』を観る

昨日のキネ旬シアターは『三島由紀夫vs東大全共闘〜50年目の真実〜』でした。 監督:豊島圭介 主演:三島由紀夫、芥正彦、木村修、橋爪大三郎 製作:2020年 日本 1969年5月13日、東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた三島由紀夫と東大全…

映画『Fukushima 50』を観る

昨日のキネ旬シアターは『Fukushima 50』でした。 監督:若松 節朗 原作:門田 隆将『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』 主演:佐藤 浩市、渡辺 謙 製作:2020年 松竹 2011年3月11日14時46分、東北地方を大きな揺れが襲いました。東北…

『昭和ブルース』の聴き比べ

今日の「聴き比べ」は『昭和ブルース』です。 この曲は、テレビドラマ『非情のライセンス』で主演の天知茂が歌ったことで有名になりましたが、元を辿ればザ・ブルーベル・シンガーズが歌った曲でした。 元々この曲は確か1969年の映画『若者はゆく‐続・若…

聴き比べ『あの丘越えて』

今日の「聴き比べ」は『あの丘越えて』です。 『越後獅子の唄』に引き続き、私の生まれる前の曲です。 1951年、映画『あの丘越えて』の主題歌です。歌っているのはもちろん美空ひばり様です。この曲もひばりさんの歌の中では好きな曲の中の1曲です。 監…

聴き比べ『越後獅子の唄』

今日の「聴き比べ」は『越後獅子の唄』です。 1951年の映画『とんぼ返り道中』の主題歌です。歌っていたのは美空ひばり様です。シングルはその前年にリリースされました。ひばりさん13歳の時のヒット曲です。 監督:斎藤虎次郎 主演:美空ひばり、市川…

聴き比べ『上海帰りのリル』

今日の「聴き比べ」は『上海帰りのリル』です。 これまた私の生まれる前の曲です。 歌っていたのは津村謙です。といっても知るわけがありません。随分後になって、テレビかどこかの名画座で映画『上海帰りのリル』を観て、その存在を知った程度です。 しかし…

聴き比べ『川は流れる』

今日の「聴き比べ」は『川は流れる』です。 またしても懐メロです。 この歌は1961年の仲宗根美樹の大ヒット曲です。仲宗根美樹は両親が沖縄出身で、本人は東京出身です。 私は彼女が歌っている姿をリアルタイムで観たのを憶えています。この曲以外の曲を…

映画『続・男はつらいよ』を観る

昨日のキネ旬シアターは『続・男はつらいよ』です。 監督:山田洋次 主演:渥美清、倍賞千恵子、佐藤オリエ 製作:1969年 松竹 先週に引き続き「男はつらいよ」シリーズの第2作です。 この作品ではマドンナ役がテレビ版と同じく佐藤オリエさんです。恋…

映画『NO SMOKING』を観る

昨日のキネ旬シアターは『NO SMOKING』でした。 監督:佐渡岳利 主演:細野晴臣 出演:ヴァン・ダイク・パークス、坂本龍一、高橋幸宏、マック・デマルコ他 ナレーション:星野源 製作:2019年 日本 デビュー50周年を迎えた細野晴臣先生の音楽活動を追…

映画『男はつらいよ』を観る

新春一発目のキネ旬シアターは正月にふさわしく『男はつらいよ』でした。 『男はつらいよ』シリーズの記念すべき第1作です。昨年暮れに50作目として公開された『男はつらいよ お帰り寅さん』の上映を記念してこの1作目が上映されたものと思います。私も…

今年の映画、ベスト10 並びに御礼。

早いもので今年も大晦日を迎えてしまいました。毎年毎年月日の経つのが早く感じるこの頃です。 今日も昨年の大晦日同様、今年劇場で観た映画で印象に残ったものを選んでみたいと思います。 上半期のベスト5は以下の記事に載っています。 lynyrdburitto.hate…

梅宮辰夫、逝く!

「辰兄ぃ」、「辰ちゃん」こと梅宮辰夫さんが逝ってしまいました。81歳でした。 昨日の突然の訃報に驚きました。 1960年代、70年代の東映映画を彩った看板スターがまた一人いなくなってしまいました。 鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、菅原文太、松方…

聴き比べ 健さんとお登紀さん『時代遅れの酒場』

今日の「聴き比べ」は『時代遅れの酒場』です。 この曲は高倉健さんの映画『居酒屋 兆治』の主題歌になりました。 監督:降旗康男 原作:山口 瞳 主演:高倉 健、大原麗子、加藤登紀子 制作:1983年 東宝 健さんと大原麗子さんの恋が何とももどかしく切…

高倉 健『唐獅子牡丹』の歌詞は

映画『網走番外地』と並んで、高倉 健さんの人気シリーズ『昭和残侠伝』の主題歌『唐獅子牡丹』についてです。 『昭和残侠伝』は『網走番外地』と同じ、1965年にスタートしました。まさに任侠映画の王道を行くシリーズでした。監督は佐伯清です。 この映…

高倉 健『網走番外地』の歌詞は

高倉 健さんの大出世作、『網走番外地』の主題歌はレコードになっているものでも2通りあるようです。 映画『網走番外地』は1965年に第1作が公開されました。監督は鬼才・石井輝男でした。それまでの健さんは東映でも多くの作品に出演していましたが今…

映画女優 吉永小百合の素顔とは

先日、NHK・BSのドキュメンタリー番組「仕事の流儀 吉永小百合スペシャル」という番組を観ました。 私は小学校から吉永小百合さんのファンです。小学校の頃に小百合さんが出演していた日活映画を観てたちまちファンになりました。その辺のことは何度か書いた…

この人の、この1枚 『ハーレム・スキャーレム(Harem Scarem)/Mood Swings』

今日の「懐かしのヘヴィメタ・シリーズ(懐メタ)」はカナダのバンド、ハーレム・スキャーレム(Harem Scarem)です。 結成は1987年、トロントです。その時のメンバーは ハリー・ヘス(Harry Hess,vo,key) ダレン・スミス(Darren Smith,b,ds,vo) ピート・レス…

現代にも通じる  映画『キューポラのある街』

昭和37年公開の日活映画、『キューポラのある街』です。吉永小百合さんの出世作となった映画です。カンヌ映画祭に出品した際に浦山桐郎監督がフランス・ヌーヴェルバーグのフランソワ・トリュフォー監督と対談した際には、主演の女優が素晴らしいと話した…

映画『新聞記者』を観る

先日のキネ旬シアターは『新聞記者』でした。 監督:藤井道人 原案:望月衣塑子 主演:シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、田中哲司 制作:2019年 日本 この映画は東京新聞の社会部記者である望月衣塑子のノンフィクションを原案として映画化したもの…