Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

日本のフォーク&ロック

『デイドリーム(Daydream Believer)』モンキーズとタイマーズ

今日の聴き比べは『デイドリーム(Daydream Believer)』です。 今では完全に懐メロになってしまいましたが、モンキーズ(The Monkees)の1967年のヒット曲です。アルバムは翌年の『The Birds, The Bees & The Monkees』に収録されました。ビルボード1位に…

『孤独の世界(From A Distance)』の聴き比べ

今日の聴き比べは『孤独の世界(From A Distance)』です。 この曲はP.F.スローン(P.F.Sloan)が1966年に発表した曲です。P.F.スローンと言えばその前年にバリー・マクガイア(Barry McGuire)が歌って大ヒットした『明日なき世界(Eve of Destruction)』の作…

聴き比べ 井上陽水の『傘がない』

今日の「聴き比べ」は井上陽水の『傘がない』です。 『心もよう』の時にも書きましたが、陽水をまともに聴いた最初に曲だと思います。 1972年のアルバム『断絶』に収録されていました。当時はまだ高校生も学生運動に興味津々でしたので、この『傘がない…

聴き比べ 井上陽水の『ジェラシー』

今日の「聴き比べ」は井上陽水の『ジェラシー』です。 この曲は1981年リリースのアルバム『あやしい夜をまって』に収録された曲で、もちろんシングル発売もされました。このアルバムは陽水の怪しげな雰囲気にますます磨きがかかったアルバムで、車通勤の…

聴き比べ 井上陽水の『心もよう』

今日の「聴き比べ」は井上陽水の『心もよう』です。 この曲を初めて聴いたのは、学生時代に聴いていた深夜放送だったと思います。 かなりの衝撃でした。それまでにも陽水の曲では『傘がない』など印象に残る曲が合ったのですが、この曲はその中でも極め付き…

聴き比べ 『横浜ホンキー・トンク・ブルース』

今日の「聴き比べ」は『横浜ホンキー・トンク・ブルース』です。 以前に原田芳雄さんや松田優作さん、そして山崎ハコちゃんの記事でも出てきたと思いますが彼らがステージで必ずと言っていいほど歌っていた曲です。もちろんハコちゃんは今でも歌っています。…

聴き比べ 『どうしてこんなに悲しいんだろう』

今日の「聴き比べ」はよしだたくろう(吉田拓郎)の名曲『どうしてこんなに悲しいんだろう』です。 この曲はよしだたくろうの1971年のアルバム『人間なんて』に収録された曲です。このアルバムの中の「結婚しようよ」が大ヒット。これによって、いわゆる…

聴き比べ 『恋のバカンス』

今日の「聴き比べ」は『恋のバカンス』です。 ご存じザ・ピーナッツの1963年のヒット曲です。 岩谷時子と宮川泰のコンビでした。ザ・ピーナッツは世界最強の女性デュエットだと個人的に思っています。彼女達の代表曲です。 恋のバカンス 作詞:岩谷時子 …

聴き比べ『死んだ女の子』

今日の「聴き比べ」は『死んだ女の子』です。 この曲はトルコの詩人、ナジム・ヒクメット(Nâzım Hikmet)が1956年に発表した詩です。広島への原子爆弾投下によって死んだ7歳の少女を詠んだ詩です。この詩は各国で翻訳されました。そして各国で曲を付け歌…

高石・岡林・風船『ランブリング・ボーイ(Ramblin' Boy)』

今日の「聴き比べ」は『ランブリング・ボーイ(Ramblin' Boy)』です。 この曲はアメリカのフォークシンガー、トム・パクストン(Tom Paxton)の曲で、彼の1964年のメジャー・デビューアルバムに収録されました。 トム・パクストンはボブ・ディランやフィル…

聴き比べ『灰色の瞳』

今日の「聴き比べ」は『灰色の瞳』です。 昨日の『黒の舟歌』で思い出しました。「和製ホセ・フェリシアーノ」の長谷川きよしと「お登紀さん」こと加藤登紀子のデュエットでヒットしました。 原曲はアルゼンチンのケーナ奏者、ウニャ・ラモス(Uña Ramos)が作…

『黒の舟歌』の聴き比べ

今日の「聴き比べ」は『黒の舟歌』です。 元は作家の野坂昭如が歌った歌でした。1971年に『マリリン・モンロー・ノー・リターン』のB面として発売されましたが、『黒の舟歌』の人気が高く、後にAB面逆にして再発されました。 野坂昭如はメディアへの出…

ボブ・ディランから岡林信康まで『女の如く(Just Like A Woman)』

今日の「聴き比べ」は『女の如く(Just Like A Woman)』です。 この曲はボブ・ディラン(Bob Dylan)の1966年の7枚目のアルバム『ブロンド・オン・ブロンド(Blonde on Blonde)』に収録されました。 Just Like A Woman by Bob Dylan Nobody feels any pain …

棺に入れる1枚は?

先日、伯父が亡くなりました。享年100歳、満99歳。あと半年で満100歳でしたが、眠るように亡くなり大往生でした。伯父は医師で85歳まで公立病院の院長を務めました。多彩な趣味を持ち、クラシック音楽や文学などにも深い造詣を持っていました。よ…

聴き比べ 岡林信康の『君に捧げるラブ・ソング』

今日の「聴き比べ」は『君に捧げるラブ・ソング』です。 この曲は岡林信康大先生の1979年の『街はステキなカーニバル』に収録された曲です。 この曲は岡林先生がデビューしたときからずっと彼の写真を撮り続けた川仁忍というカメラマンに捧げた曲だった…

聴き比べ 高石と岡林『白い傘』と『生きのこり』

今日の「聴き比べ」は『白い傘』です。 この曲は高石友也先生のアルバム『想い出の赤いヤッケ 高石友也 フォーク・アルバム第1集』に収められた曲でした。 男の哀愁が漂った、まるでヤクザ映画を観ているようです。 白い傘 作詞・作曲 不詳 補作詩:青山 喬 …

聴き比べ りりィと研ナオコ『私は泣いています』

今日の「聴き比べ」は『私は泣いています』です。 この曲は1974年のリリースで大ヒットしたりりィの曲です。 りりィはデビュー当時も謎めいたシンガー・ソングライターで、その声も直につぶれて出なくなるんじゃないかと心配するぐらいのハスキーヴォイ…

聴き比べ『バラ色の雲』と『思い出の指輪』

今日の「聴き比べ」は『バラ色の雲』です。 1967年、グループサウンズのヴィレッジ・シンガーズの最初のヒット曲です。彼らは1966年にデビューし、2枚のシングルを出しますが全く売れませんでした。次が売れなければ解散するという崖っぷちで、メン…

聴き比べ バニーズの『愛のリメンバー』と『太陽野郎』

今日の「聴き比べ」は『愛のリメンバー』です。 「聴き比べ」といってもセルフです。 この曲は1967年の寺内タケシとバニーズの曲です。バニーズは1966年に寺内タケシがブルージーンズを一時抜けて結成したグループです。 メンバーには黒沢年男の弟、…

聴き比べ ブルコメと宏美『すみれ色の涙』

今日の「聴き比べ」は『すみれ色の涙』です。 この曲はどちらかというと岩崎宏美のヒット曲として知られているのではないでしょうか。しかし、元はジャッキー吉川とブルー・コメッツの曲でした。 1968年、シングル『こころの虹』のB面として発売されま…

聴き比べ 岡林と赤い鳥『お父帰れや』

今日の「聴き比べ」は『お父帰れや』です。 私がこの曲を知ったのは、岡林信康大先生のファーストアルバム『私を断罪せよ』でした。 まだまだ出稼ぎ労働というものがあった時代です。この曲を聴いただけで、東北地方の貧しい農家の姿が目に浮かぶようです。 …

聴き比べ『池上線』

今日の「聴き比べ」は70年代フォークの『池上線』です。 学生時代、深夜放送から流れてきたこの曲に、失恋したときの思い出が重なり、妙に引き付けられた思い出の曲です。 歌ったのは西島三重子。作曲も彼女で作詞は佐藤順英です。1976年のリリースで…

聴き比べ ハコとミレイ『ざんげ・・・』と『白い花』

今日の「聴き比べ」は山崎ハコちゃんと北原ミレイさんの競演です。 ハコちゃんはライブではよく『ざんげの値打ちもない』を歌います。この曲は阿久悠作詞で、1970年の北原ミレイさんのデビュー曲です。 北原ミレイさんが当時歌った歌詞は次のようなもの…

聴き比べ カップスとブルージーンズ『長い髪の少女』

今日の「聴き比べ」は『長い髪の少女』です。 この曲はザ・ゴールデン・カップスの最大のヒット曲です。グループサウンズ全盛時代の1967年『いとしのジザベル』でレコードデビューします。 当時のメンバーにはデイブ・平尾、マモル・マヌー、エディ・潘…

聴き比べ ピーナッツ、シルクロード、ヴィーナス『情熱の花』

今日の「聴き比べ」は『情熱の花』です。 この曲の原曲はベートーヴェンの「エリーゼのために」です。それをアレンジしてカテリーナ・バレンテというイタリアの歌手が「PASSION FLOWER」としてヒットさせ、それをさらにアレンジして日本のザ・ピーナッツが1…

聴き比べ クリス、ジャニス、デッドそして中川『ミー・アンド・ボビー・マギー(Me and Bobby McGee)』

今日の「聴き比べ」は『ミー・アンド・ボビー・マギー(Me and Bobby McGee)』です。 作ったのはクリス・クリストファーソン(Kris Kristofferson)とフレッド・フォスター(Fred L Foster)です。ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)によって知られました。 クリ…

聴き比べ ダーツとジャイアンツ『ケメ子の歌』

今日の「聴き比べ」は『ケメ子の歌』です。 1960年代後半、「帰って来たヨッパライ」や「受験生ブルース」など、いわゆるコミカルな歌がはやりだし、いろいろな曲が出て来ました。そのなかでもヒットしたのが「ケメ子の歌」でした。「ケメ子」というのは…

聴き比べ 『この世の果てまで(The End of the World)』

今日の「聴き比べ」は私の大好きな曲『この世の果てまで(The End of the World)』です。 この曲は1962年のヒット曲と言いますから、私が聴いたのはずっと立ってからのことです。このメロディがたまらなく好きです。 歌っていたのはスキータ・デイヴィス(…

山崎ハコ ライブ!

記事を書いている途中で誤って投稿してしまったようです。失礼しました。改めて投稿します。 1年ぶりに山崎ハコちゃんのライブに行ってきました。場所は昨年と同じ亀戸文化センター・カメリアホールです。 朝から生憎の雪まじりの寒い一日でしたが頑張って…

映画『NO SMOKING』を観る

昨日のキネ旬シアターは『NO SMOKING』でした。 監督:佐渡岳利 主演:細野晴臣 出演:ヴァン・ダイク・パークス、坂本龍一、高橋幸宏、マック・デマルコ他 ナレーション:星野源 製作:2019年 日本 デビュー50周年を迎えた細野晴臣先生の音楽活動を追…