Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

90年以降のイギリスのロック・シーン 私の好きなアルバム

今日は90年以降、グランジブームが去った後のいわゆるブリット・ポップの中で、私が気に入っているバンドをいくつか紹介します。メロハーでの失敗がありますので、数の設定はしません。コメントも極力最小限にします。好きなアルバムは2枚に限定しています。本当は足りないのですが、心を鬼にして絞りました。

 

オアシス(Oasis)

まずはノエルとリアムのギャラガー兄弟のオアシス。ブリット・ポップの代表選手。実はこの兄弟、凄く仲が悪かったという噂。2009年に解散

 

オーシャン・カラー・シーン(Ocean Colour Scene)

オアシスのノエルやスタイル・カウンシルのポール・ウェーラーとの関係も深いバンド。

 

 

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)

通称マニックス。ギター、作詞のリッチー・エドワーズが1995年に失踪、その後死亡宣告。残ったメンバーは3人で活動継続。実は10年ほど前、下記のアルバムを購入したのですが、その時はピンと来ず売却しました。そのご数年経って、何かの機会で再び購入、今度はえらく気に入り、結局すべて揃えました。人間の耳なんてあてになりません。

 

 

ザ・コーラル(The Coral)

いいバンドですが人気はあまりありません。ちょっとサイケっぽく、60年代を思わせるところがあります。好きです。

 

 

スーパー・ファリー・アニマルズ(Super Furry Animals)

つかみどころのないグループ。でも病みつきになるグループ。面白い。

 

 

クーラ・シェイカー(Kula Shaker)

これもサイケデリックっという感じです。素晴らしい。一旦解散し、再結成しました。アルバムは4枚のみ。インド音楽を取り入れています。

 

 

ザ・ズートンズ(The Zutons)

これは凄い、キンクスです。いや、フーかな、いやスモール・フェイセスかな。

現在活動中止状態。アルバムも3枚のみ。もっと聴きたい。

 

 

フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)

バンド名です。これも60年代を思わせるサウンドです。ガレージっぽいところもあるし、パンクっぽいところもあるし、ノリはいいし。不思議なバンドです。

 

 

ヘヴィー・ステレオ(Heavy Stereo)

オアシスのギタリストが在籍していたバンド。オアシス加入でバンドは解散。たった1枚のアルバムを残しただけ。でもこれがいい。

 

ラヴィス(Travis)

ポップで美しい。

 

 

デラミトリ(Del Amitri)

イギリスのバンドですがサウンドはアメリカっぽい。カントリーの匂いがします。そこがまたいい。

 

 

 

シェッド・セヴン(Shed Seven)

これはストーンズの影響大です。嬉しくなります。

 

 

ザ・ブルートーンズ(The Bluetones)

デビューアルバムでいきなりの大ヒット。一旦解散も最近再結成したようです。再結成後はまだ聴いていません。

 

 

キャスト(Cast)

ソフトロックか。ポップアルバム。これも一旦解散し再結成です。世界中再結成ブームです。

   

 

 エンブレイス(Embrace)

おとなしめのバンド。ポップです。

 

 

ザ・ビューティフル・サウス(The Beautiful South)

男女3人のヴォーカルが特徴のまさに美しいバンド。いいです。アコースティックでイギリスらしいトラディショナル・フォーク風もあります。

 

 

ミューズ(Muse)

3人組ですが壮大なるロックを展開します。

   

 

スターセイラー(Starsailor)

これもトラヴィスに似て静かめなバンドですが美しい。ピアノがいい。

 

 

アスリート(Athlete)

ロディアスでポップ。聴きやすいです。

 

 

キーン(Keane)

美しい、癒されます。

 

 

カタトニア(Catatonia)

カタトニアと言ってもへヴィメタの方ではありません。この女性ヴォーカルが何ともいい雰囲気を醸し出します。癖になります。

 

 

 

コールド・プレイ(Cold Play)

これを出さないわけにはいきませんね。実はこれも買い直した口です。情けない。

ブリット・ポップの代表選手。

 

 

デッド60(Dead 60')

これはご機嫌なロック。たった2枚であえなく解散。もう少し聴きたかった。

 

 

エコーベリー(Echobelly)

女性ヴォーカル。オーソドックスなロック。

 

 

 ステレオフォニックス(Stereophonics)

 3人組バンド。これはなかなかいいです。ポップだし、ロックだし。

 

   

 

ザ・シーホーセズ(The Seahorses)

ストーン・ローゼスを脱退したジョン・スクワイアが作ったバンド。たった1枚のみであえなく解散

 

 プライマル・スクリームPrimal Scream

プライマルは色々なジャンルの音楽を取り入れているので、私自身アルバムによって好き嫌いがあります。好きなのはこの2枚。やっぱりストレートなロックがいいです。

 

 

ポール・ウェラーPaul Weller)

ソロになってからのポール。ジャムとスタイル・カウンシルは90年以前なので除いておきます。この人を除くわけにはいかないでしょうね。

   

 

結局28になってしまいました。絞り切れません。決断力がありません。

今日はこの辺で。