Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』を観る

今日のキネ旬シアターは『わたしは、ダニエル・ブレイク』です。

監督:ケン・ローチ

主演:デイヴ・ジョーンズ、ヘイリー・スクワイアーズ

イギリス作品、2016年公開

第69回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞

 

イギリスの社会・福祉政策への痛烈な批判を込めた作品です。胸が痛みます。

 

トーリーはイギリス・ニューカッスルの大工職人、ダニエルは重篤な心臓病のため医師に就業を止められます。止む無くダニエルは国の支援手当の請求をするため、役所での審査を受けます。その質問内容が心臓とは全く無関係なものばかりなので腹を立てたダニエルはいい加減な回答をしてしまいます。後日、役所から不支給の通知が来ます。驚いたダニエルは役所に電話しますが、不服なら不服申し立てをして、再請求をしなさいと一方的に言われ、なおかつ相当に時間がかかると言われてしまいます。困ったダニエルは、求職者手当の申請をするために職業安定所を訪ねます(医師からは就業を止められているにもかかわらず国は就労可との判定をしています)。そこで申請をしようとしましたが手続きは全てパソコンです。パソコンなど触ったこともないダニエルは愕然とします。しかし役所は取り合いません。パソコンで、の一点張りです。

そこに二人の子供連れの母親・ケイティが就職紹介の申請にやってきますが、遅刻したという理由で今日は受付ない、罰則を適用しますと役所は厳しい態度で親子を追い返そうとします。遅刻の理由は引っ越してきたばかりで道に迷ったというものです。しかし一向に取り合いません。近くで聞いていたダニエルは、「困っている人にはちゃんと対応してやれ、それがお前たちの仕事だ」と叫びますが、一緒に追い返されてしまいます。

ダニエルとケイティ、ディジー、ディランの3人はケイティの家で食事をとり、そこでダニエルはケイティの窮状を知ります。ケイティはまだ学生のシングルマザーで、子供2人を育てていましたが、ロンドンのアパートを追い出され、ホームレス宿舎に暫くいたがディランが情緒不安定になり、役所に相談したらこの家を紹介されてきたとのことでした。ダニエルはなんとかこの親子の力になろうと面倒を見るようになります。

ダニエルは求職活動を始めようとしますが、そのハードルは高く、週35時間の求職活動とその証明書、証拠の提出が義務付けられています。さらに履歴書の書き方も講義を受けないと罰則があります。なんとか求職活動をして役所の定時面接に行きますが、活動の証明がないと言われ却下されてしまいます。親切な役所の女性が、それでも申請を続けるべきだと、説得しますが、嘘の申請までして、自分の尊厳は捨てられないと断ります。そして役所の外の壁に「わたしは、ダニエル・ブレイク、・・・・」と、自分の主張と待遇の改善を書き連ねます。群衆からはやんやの喝采を受けます。

ケイティのほうも仕事が見つからず、とうとうコンビニで万引きをしてしまいます。そこで見つかった警備員に金に困っているならいい仕事を紹介すると言われます。その日家に帰ると娘のデイジーが貧乏のためいじめられていると打ち明けられます。ケイティは警備員に電話して会いに行きます。仕事は売春でした。それに感づいたダニエルは売春宿に行き、ケイティにこんなことは止めろ、と言いますが、ケイティにこれで子供たちにご飯を食べさせることができるの、と言われ何も言えなくなってしまいました。

無収入のダニエルは家具も売り払い、引きこもるようになりました。心配したデイジーがダニエルを訪ね、「ダニエルは私たちを助けてくれた。今度は私たちに助けさせて」という言葉に説得されて、ダニエルは心臓病だということを打ち明けます。それを聞いたケイティが人伝に弁護士を探し、支援手当の再請求を手助けしてくれることになったと、ダニエルを説得し共に役所に向かいます。ダニエルも弁護士に会いホッと一安心しトイレに行きますが、そこで心臓発作を起こし、あえなく亡くなってしまいます。

葬儀の日、ケイティはダニエルが支援手当申請のために残した文書を読み上げます。そこには、「私はきちんと税金を収めるまっとうな市民だ。慈悲は望まぬが、最低限の権利はあると思う。私はダニエル・ブレイク。一人の市民だ。それ以上でも以下でもない。人間だ。犬ではない」と書かれてありました。

 

戦後、「ゆりかごから墓場まで」の福祉政策を掲げてきたイギリス。しかし現状は貧富の差の拡大、貧困の連鎖、福祉の打切り、弱者の切捨て社会になってしまいました。

パソコン、スマホ、ネット、こういったものが使えない老人はこの世に住む価値などない、と国は言っているのでしょう。

監督は一旦引退を決意したそうですが、この現状を見るに見かねてメガホンを取ったそうです。

我が国も福祉予算は削減され、その分軍事費に当てられるという、すでに始まっている少子高齢社会に向けてどのようなかじ取りをするつもりなのでしょうか。

これからの年寄りはどのように生きて行ったらいいのでしょうか。世の中の進歩について来れるように努力せよ、70歳までは働け、との命令ですね。頑張らなくちゃ!

 

ちなみに、ダニエルの葬儀は朝の9時から始まりました。朝1番の葬儀は「貧者の葬儀」というそうです。なぜなら、葬儀費用が安く済むかららしいです。

 

それでは今日はこの辺で。