Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

懐かしのメロディー 「国内女性」編 3

「薬師丸ひろ子」の画像検索結果 「チェリッシュ」の画像検索結果

懐かしのメロディー 「国内女性」編も3回目になってしまいました。選曲が訳が分からなくなってきました。思いつくままやっているとこんなことになってしまいますが、今更どうしようもありません。進むだけです。

 

 なお動画がパソコンでは見られますが、スマホ等で見られない場合があるようです。その場合はそのまま「YouTubeで見る」をを押していただければ、別画面で視聴可能です。理由は分かりません。無知なもので申し訳ありません。ご迷惑をお掛け致します。よろしくお願いいたします。

 

セーラー服と機関銃薬師丸ひろ子

とにかくかわいかった。初めて観たのが「野生の証明」だったかな。


セーラー服と機関銃 薬師丸ひろ子

 

『古いお寺にただひとり/チェリッシュ』

本当は『だから私は北国へ』を載せようと思ったのですが、映像がありません。この歌は思い出深いのです。引っ越したばかりの友人のアパートに泊まったのですが、布団がないのです。冬です。コートを被って寝ているとこの歌がラジオから流れてきました。忘れられません。始発電車の音を聞いて駅に向かいました。

残念ですが致し方ありません。この歌も好きな曲です。


古いお寺にただひとり

 

『学生時代/ペギー葉山

懐かしすぎます。先日亡くなられたペギー葉山の代表曲。「南国土佐・・・」と迷いましたが、こちらを。舞台は青山学院らしいです。


学生時代(昭和39年)ペギー葉山

 

『愛のくらし/ちあきなおみ

オリジナルは加藤登紀子ですが映像が無かったものですから、ちあきなおみにしました。うまいです。こちらのほうがいいかも。


ちあきなおみ 愛のくらし

 

『坊がつる賛歌/芹洋子』

日本唱歌の味わいです。落ち着きます。


坊がつる讃歌  芹洋子

 

『花車/小柳ルミ子

ヒット曲多数で、選曲迷いましたが、これにしました。まだ清楚です。


花車・小柳ルミ子

 

『挽歌/由紀さおり

由紀さおりはこれですね。「手紙」もいいですが。


由紀さおり ÷ 挽歌

 

 

 

『別れ/ミーナ』

初めて聴いたときはびっくりしました。カンツォーネです。


別離(わかれ)日本語 UN ANNO D'AMOREGiappone Mina ミーナ

 

『酒場にて/江利チエミ

初代3人娘。高倉健の元奥方。すでに亡くなられました。


江利チエミ「酒場にて」

 

 

 

『思秋期/岩崎宏美

阿久悠作詞。岩崎宏美の中では1,2を争います。


岩崎宏美 思秋期 1991

 

「国内女性」編も30曲になってしまいました。あとからあとから思い出してきて収拾がつきません。決して好きな順番ではありませんので、たまたまこうなっただけという、なんとも情けない選曲でした。

 

それでは今日はこの辺で。