Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚『スペンサー・デイヴィス・グループ(The Spencer Davis Group)/Mojo Rhythms & Midnight Blues - Vol.1』

今日の「この人の、この1枚」はスペンサー・デイヴィス・グループ(The Spencer Davis Group)Mojo Rhythms & Midnight Blues - Vol.1: Sessions 1965-1968』です。

 

「CD時代の未発表音源シリーズ」、今回はスペンサー・デイヴィス・グループです。ご承知のようにこのバンドはスティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)の出身グループです。スティーヴは結成時の1963年から1967年まで在籍しました。その後トラフィック(Traffic)を結成します。バンド自体は1969年に一旦解散します。スティーヴの退団が大きかったのです。スティーヴのソウルフルなヴォーカルが売りのバンドでした。スペンサー・デイヴィス(Spencer Davis - g)、スティーヴの兄のマフ・ウィンウッド(Muff Winwood - b,vo)、それにピート・ヨーク(Pete York - ds)というラインナップでした。

 

今回取り上げるのはMojo Rhythms & Midnight Blues - Vol.1: Sessions 1965-1968』です。Vol.2は次回取り上げます。

 

Live Sessions...1965

01.Midnight Special

02.It's Gonna Work Out Fine

03.Dimples

04.Watch Your Step

05.It Hurts Me So

06.I Can't Stand It

 

Live Sessions...1966

07.She Put The Hurt On Me

08.Keep On Running

09.Goodbye Stevie

10.We'll Be Together, Til The End Of Time

11.When I Come Home

12.Mean Woman Blues

13.Can't Get Enough Of It

14.Oh! Pretty Woman

15.Neighbour Neighbour

 

Live Sessions...1967

16.I'm A Man

17.Gimme Some Lovin'

18.Don't Want You No More

19.Mr. Second Class

20.Time Seller

 

Live Sessions...1968

21.Moonshine

22.Feel Your Way

23.With Their New Face On

 

メンバーは

スペンサー・デイヴィス(Spencer Davis - g)

スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood - vo,g,key)

マフ・ウィンウッド(Muff Winwood - b,vo)

ピート・ヨーク(Pete York - ds)

 

1968年のライヴ・セッションにはスティーヴはいません。

 

若かりし頃のスティーヴの絶品ヴォーカルが堪能できます。


Spencer Davis Group - It Hurts Me So (Live 1965, Mojo Rhythms & Midnight Blues)


Keep On Running (Radio Session, 1966) (Live)


Spencer Davis Group - Goodbye Stevie (Live 1966, Mojo Rhythms & Midnight Blues)

 

 それでは今日はこの辺で。