Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚 『グレイト・ホワイト(Great White)/トゥワイス・シャイ(Twice Shy)』

グレイト・ホワイト(Great White)はL.Aメタル盛んなりし1980年代前半に結成されたグループですが、流行りのL.Aメタルとは明らかに一線を画していました。というのは彼らの根底にはブルースがありました。ブルースに根差した骨太のハードロックです。

バンドの結成を遡れば、その経歴は古く1970年代の後半に、ジャック・ラッセル(Jack Russell,vo)マーク・ケンドール(Mark Kendall,g)が中心になって結成されたグループが母体となっており、1982年にバンド名を正式に「グレイト・ホワイト」にして、ドン・ドッケンのプロデュースでEPOn Your Kneedsを制作、1984年にはファーストアルバム『Great White』をリリース。しかし、売れ行きはさっぱりで、レコード会社に契約を切られるという厳しい現実がありました。

それでも1986年のセカンドアルバムShot In The Darkがまずまずの売行きを達成し、メジャーのCapitolとの契約を成立させます。

そして1987年のサードアルバムOnce Bitten...でブレイクします。アルバムは全米23位まで上がり、シングル「Rock Me」がヒットします。

1989年の4枚目のアルバムがTwice Shyです。ちなみにバンド名の「グレイト・ホワイト」はグレイト・ホワイト・シャーク(ホオジロザメ)からきています。このジャケットにも描かれています。

 

 

01.Move It

02.Heart The Hunter

03.Hiway Nights

04.The Angel Song

05.Bitches And Other Women *

06.Mista Bone

07.Baby's On Fire

08.House Of Broken Love

09.She Only

10.Once Bitten Twice Shy

11.Wasted Rock Ranger *

*は日本盤ボーナストラック

 

この時のメンバーは

ジャック・ラッセル(Jack Russell,vo)

マーク・ケンドール(Mark Kendall,g)

マイケル・ローディ(Michael Lardie,key)

オーディ・デスブロウ(Audie Desbrow,ds)

トニー・モンタナ(Tony Montana,b)

です。

このアルバムは全米で9位、シングル「Once Bitten, Twice Shy」は全米で5位を記録します。

02、03などはブルージーでついつい引き込まれます。

04はバラードで、ジャック・ラッセルのヴォーカルはややハイトーンですが、ここでは囁くように歌います。これがまたいいですね。

05のボーナストラックはストーンズの「It's Only Rock 'n' Roll」「Bitch」、それにフォーリナーの「Women」のメドレーです。

06はマーク・ケンドールのブルースギターがたっぷり聴けるブルージーな曲。

08はスローブルースロックナンバー。抑え目なヴォーカルがいい。

09はバラード。最後まで静かな曲。

10はヒット曲。これはモット・ザ・フープルのイアン・ハンターのファーストソロに収められていた曲です。でもこれをアルバムのタイトルにするとは、よほど気に入ったのでしょうか。もちろんロックンロール。

 

このアルバム後、スタジオアルバムを5枚ほど出しますが、あまり芳しい成績を残すことが出来ませんでした。

2000年にはジャック・ラッセルを除きメンバーが脱退、事実上の解散状態に追い込まれました。それでもジャックは「ジャック・ラッセルズ・グレイト・ホワイト」というソロプロジェクトで活動していましたが、その活動中に出演していたナイトクラブで火事があり100人を超える死者を出し、プロジェクトのギタリストも死亡するという事故がありました。

事故の解決をみ、2006年に「グレイト・ホワイト」は再結成し、2007年に8年ぶりのアルバムをリリースします。

その後は再びジャック・ラッセルがバンドを離れ、残ったメンバーで活動しています。

 

彼らのこの他の代表的なアルバムです。

           

 

アメリカンハードロックの貴重なバンドです。

 


Great White~ Once Bitten Twice Shy

 


Great White - Rock Me (Lyrics In Description)

 


Great White - 'House Of Broken Love' [Lyrics]

 

それでは今日はこの辺で。