Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚 『アトランタ・リズム・セクション(Atlanta Rhythm Section)/アー・ユー・レディー!(Are You Ready!)』

アトランタ・リズム・セクション(以下、A.R.S)の通算9枚目のアルバムはライブ2枚組(レコード)です。待ちに待ったライヴで、ベスト盤的な意味合いもありました。

A.R.Sは南部ジョージア州の出身。このライブ時のメンバーは

バリー・ベイリー(Barry Bailey,g)

ロニー・ハモンド(Ronnie Hammond,vo)

ポール・ゴダード(Paul Goddard,b)

J.R コッブ(J.R Cobb,g)

ディーン・ドートリー(Dean Daughtry,key)

ですが、この前までドラムでロバート・ニックス(Robert Nix,ds)が在籍していましたが、この時は体調不良で、替わりにロイ・イエーガーが務めました。その後正式メンバーになりました。

 

このバンドの結成は古く1971年に遡ります。このバンドのプロデュースをファーストアルバムから一貫して務めているバディ・ブイ(Buddy Buie)スタジオ・ワンの感性と共にアトランタのスタジオ・ミュージシャンを集めてバンドを作ろうという構想が生まれ、集められたのが上記のメンバーでした。正しくはその時はヴォーカルはロドニー・ジャストでしたが、ファーストアルバムをリリース後にソロ活動に専念すということで現在のロニー・ハモンドに替わります。

スタジオ・ミュージシャンの集まりなので技術は申し分ないのですが、ステージ経験が不足しており、どうしても地味な印象が拭えませんでした。それでも専門家筋は高く評価しており、アル・クーパーなども盛んにライヴに顔を出していましたし、彼のソロアルバムにもA.R.Sのメンバーが参加したりしていました。

彼らがメキメキ頭角を現すようになったのは4枚目の『Dog Days』、5枚目の『Red Tape』あたりではないでしょうか。ちょうど1970年代の中ごろです。オールマン・ブラザース、レナード・スキナードと並び称されるほどになりました。

1976年の『Rock And Roll Alternative』、1978年の『Champagne Jam』あたりで最高潮を迎えます。そうした中で発表されたのが今日取り上げる『Are You Ready!』です。

f:id:lynyrdburitto:20170828091716j:plain

Side A
       0. Prelude: Tara's Theme
       1. Sky High
       2. Champagne Jam
       3. I'm Not Gonna Let It Bother Me Tonight
       4. Large Time
Side B
1. Back Up Against the Wall
  2. Angel (What in the World's Coming Over Us)
  3. Conversation
  4. Imaginary Lover
Side C
  1. Dorville
  2. Another Man's Woman
Side D
  1. Georgia Rhythm
  2. So Into You
  3. Long Tall Sally
 
B面の2と4がセカンドアルバム『Back Up Against The Wall』から。
C面の1はサードアルバム『Third Annual Pipe Dream』から。
C面の2とは『Red Tape』から
A面の1とD面の1、そして大ヒットしたD面の3は『Rock And Roll Alternative』から。
A面の2,3,4とB面の4は『Champigne Jam』から。
残念ながら『Dog Days』からは選曲されませんでした。
それでもヒット曲は網羅されており、ベスト盤とライブ盤を一遍に味わうことが出来るアルバムとなりました。
 
このジャケットを見てもわかりますように、この観客の多さと凄まじい熱気には圧倒されます。A.R.Sも当初は南部の匂いがしましたが、この頃になるとすっかり垢抜けて、都会的バンドになってきました。
 
この後もバンドは活動を続けますが、メンバーのバリー・ベイリーは37才の時に心臓発作で、ロニー・ハモンドは60才の時に心臓発作で、ロバート・ニックスは多発性骨髄腫で67歳の時に、そしてポール・ゴダードはガンで68歳の時にそれぞれなくなりました。現在のA.R.Sにオリジナルメンバーで残っているのは、ディーン・ドートリーだけになっています。
 

f:id:lynyrdburitto:20170828095836j:plain f:id:lynyrdburitto:20170828095902j:plain f:id:lynyrdburitto:20170828095934j:plain

 
それでは今日はこの辺で。