Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

聴き比べ ディランとバンド『怒りの涙(Tears of Rage)』

今日の「聴き比べ」は『怒りの涙(Tears of Rage)』です。

 

この曲は先日も紹介した、ボブ・ディラン(Bob Dylan)がバイク事故で引きこもったウッドストック近郊の家、「ビッグ・ピンク」でのザ・ホークス(The Hawks)(後のザ・バンド(The Band))とのセッションでできた曲の中の1曲です。

 

ディランとしての音源は1975年のアルバム『地下室(The Basement Tapes)』の発表まで待たねばなりませんでしたが、ザ・バンドの方が1968年のデビューアルバム『Music From Big Pink』で発表しました。

 

詞はボブ・ディランで曲はリチャード・マヌエルです。ザ・バンドのバージョンでもリチャードがヴォーカルを執っています。

 

 

Tears of Rage

By  Bob Dylan, Richar Manuel

 

We carried you in our arms on Independence Day

And now you'd throw us all aside and put us all away

Oh, what dear daughter 'neath the sun could treat a father so?

To wait upon him hand and foot and always tell him "No"

 

Tears of rage, tears of grief

Why must I always be the thief?

Come to me now, you know we're so alone

And life is brief

 

It was all so very painless

When you ran out to receive

All that false instruction

Which we never could believe

And now the heart is filled with gold

As if it was a purse

But, oh, what kind of love is this

Which goes from bad to worse?

 

Tears of rage, tears of grief

Why must I always be the thief?

Come to me now, you know we're so alone

And life is brief

 

We pointed you the way to go

And scratched your name in sand

Though you just thought it was nothing more

Than a place for you to stand

I want you to know that while we watched

You discovered no one would be true

That I myself was among

The ones who thought

It was just a childish thing to do

 

Tears of rage, tears of grief

Why must I always be the thief?

Come to me now, you know we're so alone

And life is brief

 

何故か『地下室』での映像がありません。 残念です。

ザ・バンドのバージョンです。これが最高です。

www.youtube.com

 

ザ・バーズ(The Byrds)を辞めたジーン・クラーク(Gene Clark)が1971年に発表した傑作アルバム『White Light』でこの曲をカバーしました。

www.youtube.com

 

フォーク・デュオのイアン&シルヴィア(Ian & Sylvia)が1968年のアルバム『Full Circle』でカバーしました。

 

www.youtube.com

 

ジョーン・バエズ(Joan Baez)が1968年にボブ・ディランに捧げたアルバム『Any Day Now』でカバーしました。

www.youtube.com

 

それでは今日はこの辺で。