Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

この人の、この1枚『チッキン・シャック(ChickenShack)/さらばチッキン・シャック(Goodbye ChickenShack)』

今日の「この人の、この1枚」は引き続きチッキン・シャック(ChickenShack)です。彼らの通算7枚目で初めてのライヴアルバム『さらばチッキン・シャック(Goodbye ChickenShack)』です。

 

前作後、再びメンバー全員が入れ替わりました。さすがにスタン・ウェブもこれ以上のバンド継続は無理と判断したのか、最後にライヴを行って解散を決断しました。

前作のリリースが1973年8月ですから、それからまもなく行われたライヴです。1973年10月26日、ブルネル大学での録音でした。

 そしてこのアルバムがとりあえずのラストアルバムとなりました。しかし、不死鳥スタン・ウェブはまだ死んでいませんでした。

f:id:lynyrdburitto:20200723115156j:plain

f:id:lynyrdburitto:20200723115218j:plain

 

Side A

1.Intro (spoken)

2.Everyday I Have The Blues

3.Thrill Is Gone

4.Going Down

5.You Take Me Down

 

Side B

1.Webb's Boogie

2.You're Mean

3.Poor Boy

4.Webb's Guitar Shuffle

5.Tutti Frutti

 

メンバーは

スタン・ウェブ(Stan Webb ,g, vo)

ロブ・ハル(Rob Hull ,b)

アラン・パウエル(Alan Powell ,ds)

デイヴ・ウィルキンソン(Dave Wilkinson,p)

 

プロデュースはバリー・マレイ(Barry Murray)です。

 

お馴染みの曲が並びます。BBキング、ドン・ニックス、リトル・リチャードのカバーの他、オリジナルも思いっきりブルースしています。これで解散なんてもったいないと、当時は思ったものでした。

 

スタン・ウェブはこの後、なんとサヴォイ・ブラウンに参加します。その辺りはサヴォイ・ブラウンのところで書きました。しかし、1枚のアルバムを残して退団。その後、1977年頃チッキン・シャックを再結成します。といってもバンド名は『Stan Webb's Chicken Shack』だったり、スタン・ウェブの個人名だったり様々です。

 

その辺りのことは機会を改めて書きたいと思います。まだまだ書き足りませんが、とりあえず一旦終了します。

 

スタン・ウェブ、まだ74歳です。最近あまり名前を見かけなくなりました。どうしているのでしょう。フリートウッド・マックピーター・グリーンサヴォイ・ブラウンキム・シモンズ、そしてチッキン・シャックスタン・ウェブ、イギリスの3大ブルース・ロック・バンドのリード・ギタリストたちでした。イギリスのブルース・ロックが最高に盛り上がった時期の立役者たちでした。


CHICKEN SHACK - Everyday I Have The Blues (Goodbye CHICKEN SHACK)


CHICKEN SHACK - The Thrill Is Gone (Goodbye CHICKEN SHACK)


CHICKEN SHACK - Going Down (Goodbye CHICKEN SHACK)


CHICKEN SHACK - Webb’s Boogie (Goodbye CHICKEN SHACK)

 

それでは今日はこの辺で。