Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

聴き比べ  秋の歌『秋冬』

今日の「聴き比べ」は『秋冬』です。

 

秋になって思い出される曲の第2弾、『秋冬』です。

この曲を知ったのは高田みづえの歌唱でした。1984年のリリースです。

ところが調べてみると、元々は作詞が中山丈二、作曲が堀江童子中山丈二はこの曲をデモテープに残し36歳で亡くなりました。1980年のことでした。このテープの中に『秋冬』がありました。生前交流のあった人たちがこの曲の自主製作盤を400枚ほど製作し、ひそかに聴き続けられました。

1983年に橋美喜がシングル発売し、翌年には何人かが競作でシングルリリースしたのです。その中に高田みずえもいました。(以上、ウィキペディアより)

その他のカバーは原大輔、小田陽子、三ツ木清隆、江童子やしきたかじん、ロスプリモス、村上幸子、などです。

この詩がグっときます。なんと悲しい詩なのでしょう。

 

秋冬

作詞:中山 丈二

作曲:堀江 童子

 

しゃれた日焼けに 涙が流れる

あぁ 秋かしら

やさしく 説くように

別れを告げた あなたでした

 

心の水面に さざ波が立って

あぁ 秋ですね

鏡を見つめて小さな声で

一人でつぶやく 秋の詩

 

季節の変わり目を

あなたの心で知るなんて

もう恋も もう恋も 終るのね

 

好きな曲ばかり ラジオに流れる

あぁ 秋かしら

私のわがままに

いつも微笑んだ あなたでした

 

深い空から枯葉が舞って

あぁ 秋ですね

あなたが返した 合鍵が似合う

無口な私になりました

 

季節の変わり目を

あなたの心で知るなんて

もう恋も もう恋も 終るのね

別れの北風が あなたと私に吹き込んで

もう冬も もう冬も 近いのね

 

まずは本家の中山丈二から。デモテープなので音質は悪いです。


中山丈二 秋冬

 

一番馴染み深い高田みづえバージョン。

f:id:lynyrdburitto:20201108085638j:plain


秋冬 高田みづえ

 

原大輔バージョン。


原大輔 秋冬.wmv

 

そして、これまた31歳の若さで早世した村上幸子バージョン。


秋冬   村上幸子

 

最後にテレサ・テンちゃん。


秋冬 テレサ・テン Teresa Teng

 

秋ですね。

 

それでは今日はこの辺で。