Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

音楽

この人の、この1枚 『マシューズ・サザン・コンフォート(Matthews Southern Comfort)/Later That Same Year』

イギリスのシンガー、イアン・マシューズ(Ian Matthews)は1946年のイギリス生まれで、1967年にポップ・デュオ、ザ・ピラミッド(The Pyramid)を結成しますが、シングル1枚で鳴かず飛ばずに解散します。1968年にはフェアポート・コンベンションに…

この人の、この1枚 『ストーングラウンド(Stoneground)/Family Albam』

アメリカ西海岸のバンド『ストーングラウンド(Stoneground)』は当初は3人でスタートしました。ティム・バーンズ(Tim Barnes,g,vo)、マイケル・マウ(Mochael Mau,ds)、ルーサー・ビルド(Luther Bildt,vo,g)の3人です。間もなくそこにジョー・ブレイクリー(J…

無名なことで有名だった『サンズ・オブ・チャンプリン(Sons Of Champlin)』

1960年代から70年代にかけて、シスコサウンドを牽引してきた『Sons Of Champlin』ですが、地元西海岸を除いては意外と知られていませんでした。 ただし、地元サンフランシスコではグレイトフル・デッドやジェファーソン・エアプレーン、クイックシルバ…

『ジョー・ママ(Jo Mama)』を忘れてはいけません

先日、アティテューズ(Attitudes)の記事を書きながら、あれっ、ひょっとしてジョー・ママ(Jo Mama)はかいたっけ、と思い見直してみると、書いていませんでした。ショック!。ダニー・クーチのことを書いて、ジョー・ママを書いていなかったなんて、間抜けな…

この人の、この1枚 『メイソン・プロフィット(Mason Proffit)/Wanted』

メイソン・プロフィット(Mason Proffit)などと言っても、今このバンドを憶えている人はほとんどいないのではないかと思えるくらい最近では名前を聞きません。 もっとも当時でも日本盤は1枚も発売されなかったのではないでしょうか。 メイソン・プロフィット…

この人の、この1枚 『ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)/Nils Lofgren』

ニルス・ロフグレン(Nils Lofgren)といえば、有名なところではブルース・スプリングスティーンのEストリート・バンド(E Streat Band)でしょうか。いやいや、ニール・ヤングのアルバムやクレイジー・ホースのアルバムに参加していた頃でしょうか。それともグ…

この人の、この1枚 『カーヴド・エア(Curved Air)/Airconditioning』

カーヴド・エア(Curved Air)は今でこそプログレッシブ・ロックの範疇に入れられているようですが、当時はアートロックなどと呼ばれていたように記憶しています。 イギリスで結成されたこのグループは5人のメンバーから成り立っています。バンド名はクラシッ…

この人の、この1枚 『ドン・ニックス(Don Nix)/Gone To Long』

1941年、テネシー州メンフィス出身のドン・ニックス(Don Nix)はシンガー、プレイヤーとしてだけではなく作曲家、プロデューサーとしても名の知れた人物です。 彼は幼少の頃からR&Bに熱中し、ハイスクール時代には同じ趣味のドナルド・ダック・ダンや…

この人の、この1枚 『ボブ・シーガー(Bob Seger)/The Distance』

フランキー・ミラーの記事を書いていたら、ボブ・シーガー(Bob Seger)を思い出しました。さらに彼についてはまだ何も書いていないことに気が付きました。 ということで、今日はボブ・シーガーについて書いてみたいと思います。といっても、私が彼を聞き始め…

この人の、この1枚 『フランキー・ミラー(Frankie Miller)/Full House』

今日はロッド・スチュワートにも、ポール・ロジャースにも、ジョー・コッカーにも引けを取らない、ソウルフルなシンガー、フランキー・ミラー(Frankie Miller)です。 フランキー・ミラーは1949年にイギリスはスコットランドのグラスゴーで生まれました。…

この人の、この1枚 『ザ・ブルース・バンド(The Blues Band)/Brand Loyalty』

何とも単純なバンド名のザ・ブルース・バンド(The Blues Band)は1979年にマンフレッド・マン(Mnfred mann)にいたポール・ジョーンズ(Paul Jones,vo,harp)とトム・マクギネス(Tom McGuinness,g,b)、それにジョン・ダマー・ブルースバンド(John Dummer Blu…

この人の、この1枚 『アンドリュー・ゴールド(Andrew Gold)/Andrew Gold』

アンドリュー・ゴールド(Andrew Gold)は1951年にカリフォルニア州バーバンクで生まれました。 父親のアーネスト・ゴールドは作曲家で1960年の映画『栄光への脱出』でアカデミー賞を受賞しました。母親は歌手で多くの女優の吹き替えをしていました。 …

この人の、この1枚 『アーロ・ガスリー(Arlo Guthrie)/放浪者の子守唄(Hobo's Lullabye)』

アーロ・ガスリー(Arlo Guthrie)は自身の体験を歌った、18分に及ぶ曲『アリスのレストラン』がヒットし、それを基にアメリカン・ニューシネマの生みの親、『俺たちに明日はない』のアーサー・ペン監督が映画『アリスのレストラン』を制作し、そこで主演・…

この人の、この1枚 『ブルース・マグース(Blues Magoos)/タバコロード』

ブルース・マグース(Blues Magoos)は先に紹介したブルース・イメージ(Blues Image)と同じようにブルースをベースにしてロックやフォークを演奏するいわゆるガレージ・バンドの奔りでした。ウェストコーストのサイケデリックバンド達のライトショウをまねした…

この人の、この1枚 『ブルース・イメージ(Blues Image)/Open』

ブルース・イメージ(Blues Image)は1960年代後半にフロリダ州タンパで結成されました。 当初のメンバーはマイク・ピネラ(Mike PInera,vo,g)、マニュエル・バーティマッティ(Manuel Bertematti,ds,vo)、ジョー・ララ(Joe Lala,ds,perc,vo)の3人でしたが…

この人の、この1枚 『リンディスファーン(Lindisfarne)/Fog On The Tyne』

フェアポート・コンベンションやスティーライ・スパン、ストローブスなどと並んでイギリスを代表するフォークロック・バンド、リンディスファーン(Lindisfarne)です。 もともとの始まりは、1969年にニューキャッスルで『ブレスン(Brethren)』というバン…

この人の、この1枚 『アティテューズ(Attitudes)/Attitudes』

『アティテューズ(Attitudes)』はジョージ・ハリソンのアルバム『Extra Texture』のレコーディングに参加していた、デヴィッド・フォスター(David Foster,key)、ジム・ケルトナー(Jim Keltner,ds)、ポール・ストールワース(Paul Stallworth,b,vo)の3人にダ…

この人の、この1枚 『キングフィッシュ(Kingfish)/Kingfish』

キングフィッシュ(Kingfish)はグレイトフル・デッドのギタリスト兼ヴォーカリストのボブ・ウェア(Bob Weir)が参加したことで有名になりますが、結成はもっと古く、1973年のサンフランシスコに遡ります。 マシュー・ケリー(Matthew Kelly,g,harp,vo)がグ…

『ジェイムス・ギャング(James Gang)』とジョー・ウォルシュ(Joe Walsh)

アメリカのハードロック・バンド『ジェイムス・ギャング(James Gang)』の結成は古く、1966年オハイオ州クリーブランドで結成されました。メンバーチェンジが激しく、1969年のファーストアルバム『Yer' Album』をリリースしたときには、ジョー・ウォ…

この人の、この1枚 『ジョ・ジョ・ガン(Jo Jo Gunne)/Jo Jo Gunne』

1971年、スピリット(Spirit)を脱退したジェイ・ファーガソン(Jay Ferguson,vo,key)とマーク・アンデス(Mark Andes,b,vo)はマシュー・アンデス(Mattew Andes,g,vo)とカーリー・スミス(Curley Smith,ds,vo)を誘ってジョ・ジョ・ガン(Jo Jo Gunne)を結成…

この人の、この1枚 『キンキー・フリードマン(Kinky Friedman)/Lasso from El Paso』

キンキー・フリードマンは1976年のボブ・ディランのローリング・サンダー・レビューのツアーに参加したことで日本でも知られるようになりました。 それ以前にも、1973年にファーストアルバム『Sold American』、1974年にはセカンドアルバム『Kin…

映画『すばらしき映画音楽たち』を観る

今日のキネ旬シアターは『すばらしき映画音楽たち』でした。 監督:マット・シュレーダー 主演:映画音楽関係者たち 制作:アメリカ 2017年公開 この映画は映画音楽の作曲家や監督、さらには心理学者などのインタビューを交えながら、映画音楽の歴史、映…

この人の、この1枚 『エル・チカノ(El Chicano)/レヴォリューション(Revolucion)』

先日、映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』を観たら、ラテン・ロックを聴きたくなって、何があったか思い出してみました。サンタナ(Santana)以外はなかなか思い出せません。サンタナは時々聴いていますので、その他に何かなかったかなとレコード棚を漁…

この人の、この1枚 『アメイジング・ブロンデル(Amazing Blondel)/Evensong』

今日のこの1枚は、『アメイジング・ブロンデル(Amazing Blondel)/Even Song』です。 アメイジング・ブロンデルの3人のオリジナルメンバーの内、テリー・ウィンコット(TerryWincott,crumhorn,recorders,tabor,pipeorgan,flute,harmoniums,lute,harpsichord…

『ザ・ストロークス(The Strokes)』見つかった

ホワイト・ストライプスの解説を読んでいたら、ザ・ストロークスの名前が出て来ました。「ホワイト・ストライプスと並んでガレージ・ロックを代表するバンド」云々が書いてありました。 ん、まてよ。ストロークス、昔買ったような気がすると、探し始めました…

この人の、この1枚 『オーディエンス(Audience)/The House On The Hill』

今時このバンドの名前を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。 『オーディエンス(Audience)』 1969年にロンドンで結成されたプログレッシヴ・フォークバンドというカテゴリーでしたが、そう簡単にカテゴライズできるバンドでもありませんでした。 …

『AC/DC 』 追加購入

先日購入したAC/DCの『悪魔の氷(Black Ice)』で本当に久しぶりにAC/DCを聴いて、やっぱりいいな、と思いもう少し聴きたくなって、比較的新しめのを探し歩いて、2枚ほど格安で購入しました。意外とAC/DCの中古盤はあまり出ていません。 lynyrdburitto.hatena…

『ホワイト・ストライプス(The White Stripes)』を聴く

ブラック・キーズを聴いていたら、急にホワイト・ストライプス(The White Stripes)が聴きたくなって、CD棚を漁って探し出しました。2枚ほど出て来ました。もう少し別なものを聴きたくなってCD漁りに行ったところ、格安物件を2枚ほど見つけ、買ってしま…

相次ぐ訃報!!

歌手、女優の訃報が相次いでいます。 5月17日に歌手の西城秀樹氏の死が報じられました(5月16日死去)。63歳。 翌日、女優の星由里子さんの死が報じられました(5月16日死去)。74歳。 そして今日、朝丘雪路さんの死が報じられました(4月27…

『ブラック・キーズ(The Black Keys)』まとめて3枚

なぜかブラック・キーズ(The Black Keys)がいたく気に入ってしまい、まとめて3枚も買ってしまいました。 このバンドは凄い、まさに現代版ガレージ・ブルースロックです。 lynyrdburitto.hatenablog.com まず1枚目は2003年発表のセカンドアルバム 『Thi…