Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

オランダのメロハー『テラ・ノヴァ(Terra Nova)』

オランダ発のメロハー・バンド、『テラ・ノヴァ』です。間違いなく日本人好みのバンドでしょう。 1992年に結成された『テラ・ノヴァ』のメンバーは フレッド・ヘンドリックス(Fred Hendrix,vo,g) ジェスイーノ・デローザス(Gesuino Derosas,g,vo) ラーズ…

ハイトーンヴォイス 『ダークネス(The Darkness)』

2003年に彗星のごとく現れ、イギリス中を席巻し、のみならずアメリカでも衝撃を与えたバンド、『ダークネス』です。そのAC/DCばりのド派手な出で立ちとアクションで世間をあっと言わせました。イギリスの首相(当時)ブレアもファンだったというのも有名…

ブリティッシュロックの再来 『ロードスター(Roadstar)』

レコード・CD棚探し、今日見つけたのは『ロードスター』の『Grand Hotel』でした。『グランド・ホテル』といってもプロコル・ハルムじゃありません。 発売が2007年ですから比較的最近(私にとっては)買ったはずですが、経緯は憶えていません。 このバン…

スウェーデン・メタル 『マスカレード(Masquerade)』

『マスカレード』は1988年にスウェーデンで結成された4人組のバンドです。 メンバーは トニー・ヨハンソン(Tony Yoanson,vo) トーマス・Gソン(Tomas G:Son,g) ヘンリック・ルンドベーリ(Henrik Lundberg,b) マルコ・タパニ(Marco Tapani.ds) です。 北…

悲しみの果てに 『バッド・ムーン・ライジング(Bad Monn Rising)』

元ライオン(Lion)のカル・スワン(Kal Swan,vo)とダグ・アルドリッチ(Doug Aldrich,g)が1990年に結成したバンドがバッド・ムーン・ライジング(BMR)です。 ただ結成までには苦難の道のりがありました。マネージャー、レコード会社との対立、さらには盟友マ…

この人の、この1枚 『フォガット(Foghat)/フォガットⅡ(Foghat)』

フォガットはイギリスのブルースバンド、サヴォイ・ブラウン(Savoy Brown)から分裂した連中が、1971年に結成したバンドです。 サヴォイ・ブラウンについては以前の記事で少し触れていますので参考までに。 lynyrdburitto.hatenablog.com 1971年、サ…

ウェストコーストロック最後のスーパー・グループ 『サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド(The Souther-Hillman-Furay Band)』

以前、若干ですが記事で触れた『サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド』のアルバムを取り上げてみます。 lynyrdburitto.hatenablog.com 『サウザー・ヒルマン・ヒューレイ・バンド(SHF)』は1973年、アサイラム・レコードのデヴィッド・ゲフィンが勢力…

映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』を観る

今年早くも3作目。今日のキネ旬シアターは『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』でした。 監督:ジャック・ドワイヨン 主演:バンサン・ランドン、イジア・イジュラン 制作:フランス、2017年公開 見始めてからちょっと後悔しました。オーギュスト・ロダ…

この人の、この1枚 『ポコ(Poco)/カントリー・ロックの貴公子・ポコ誕生! (Pickin' Up The Pices)』

今日はウェストコーストロックを語るにはどうしても外せないバンド『ポコ』について書いてみたいと思います。ポコについては以前の記事で若干触れていますので参考までに載せておきます。 lynyrdburitto.hatenablog.com バッファロー・スプリングフィールド…

映画『僕のワンダフル・ライフ』を観る

今日のキネ旬シアターは『僕のワンダフルライフ』でした。 監督:ラッセ・ハルストレム 主演:デニス・クエイド、ペギー・リプトン、ブリット・ロバートソン、K・J・アパ 制作:アメリカ合衆国 2017年公開 この映画、原題は『A Dog's Purpose』といい、…

シスコサウンドの最高峰 『モビー・グレイプ(Moby Grape)』

1966年、ジェファーソン・エアプレインの初代ドラマーだったスキップ・スペンス(Skip Spence,vo,g)がドラム担当であることに不満でバンドを脱退し、放浪しているときにジェファーソンのマネージャーだったマシュー・カッツに新バンドの結成を促され、ス…

この人の、この1枚 『ファイアーフォール(Firefall)/ファイアーフォール(Firefall)』

1976年、イーグルスが『ホテル・カリフォルニア』を、ドゥービー・ブラザースが『ドゥービー・ストリート』をそれぞれリリースした年、ウェストコーストロックは全盛期を迎えたようで実は既に衰退の時期に入っていたのではないでしょうか。 ザ・バーズは…

この人の、この1枚 『ダグ・サム(Doug Sahm)/ダグ・サム&バンド(Doug Sahm & Band)』

ダグ・サムと言えばテックス・メックスの第1人者で知られていますが、アメリカン・ルーツ・ミュージックにも精通しており、カントリー、ブルース、R&B、ロックンロールなど幅広い音楽を取り上げています。 バンド活動も『Sir Douglas Quintet』、『Doug …

映画『ヒトラーに屈しなかった国王』を観る

今年最初のキネマ旬報シアターは『ヒトラーに屈しなかった国王』でした。何故かヒトラー関連が多いです。但し、題名にヒトラーと付いていますが直接ヒトラーが出てくるわけではありません。第二次世界大戦時のノルウェー国王の決断を描いた映画です。 監督:…

『ジャニス・ジョプリン』 あるいは『ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニ―(Big Brother & The Holding Company)/チープ・スリル(Cheap Thrils)』

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 正月三が日、酒飲んでしっかり休養しました。 今年最初の記事はジャニス・ジョプリンにしました。といっても、ジャニスについてはとっくに書いていたものと勘違いしていました。調べたら…

今年の映画、ベスト5 並びに御礼

今年もいよいよ今日で終わります。ということで、今年劇場で観た約60本の映画の中で記憶に残っている映画を5本ほど選んでみました。テレビ放送やDVDは除きます。映画はやはり劇場で観たいですね。 なにしろ記憶力の低下が著しく、感動しても次々と忘れてい…

ブリティッシュロックの正統後継者 『オーシャン・カラー・シーン(Ocean Colour Scene)』

1989年に結成された『オーシャン・カラー・シーン(OCS)』は、それ以降のブリットポップ界をリードしたオアシス(Oasis)やマニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers,マニックス)とともにブリティッシュロックの正統派そして後継者とし…

アメリカ的なイギリスのバンド 『デラミトリ(Del Amitri)』

イギリスはグラスゴー出身の、オルタナバンド『デラミトリ』です。1980年代の中ごろにデビューし、アメリカのカントリー、フォークミュージックを積極的に取り入れた、当時のイギリスではちょっと変わった存在でした。以前にちょっとだけ触れています。 …

オアシスのライバルだった『シェッド・セヴン(Shed Seven)』

1994年、『ニルヴァーナ』のカート・コバーンの自殺によって、グランジブームの終息を迎え、ブリットポップブームが到来し、ブラー、オアシスが一気にイギリスロック界の頂点に昇りつめようとしていた頃、オアシスの強力なライバルとして登場してきたの…

この人の、この1枚 『テン・イヤーズ・アフター(Ten Years After)/イン・コンサート(Undead)』

1960年代末当時、超速弾きギターで一世を風靡したアルビン・リー率いるテン・イヤーズ・アフター(T.Y.A)を憶えている人はどのくらいいるでしょうか。ウッドストック・フェスティバルの映画でもそのギター速弾きの雄姿は観れました。 彼らの2枚目のアル…

この人の、この1枚  『よしだたくろう/青春の詩』

吉田拓郎が「よしだたくろう」と名乗っていた頃のアルバム。実質的に彼のファーストアルバムになります。正確には自主制作盤『古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう』がありますが、名義は広島フォーク村になっていますので、よしだたくろう名義…

この人の、この1枚  『五つの赤い風船/フォークアルバム第1集』

高校生の頃、当時流行っていた政治集会なるものに参加すると、必ず歌われた歌があります。今でも憶えているのは「We Shall Overcome」、「友よ」、そして「遠い世界に」でした。その「遠い世界に」を歌っていたのが、西岡たかし率いる「五つの赤い風船」(以…

この人の、この1枚 『高石友也フォークアルバム第2集/高石友也』

フォーク・クルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」と高石友也の「受験生のブルース」を聴いた時の衝撃は忘れられません。高石は立教大学の学生でした。 まだ中学生だったと思いますが、深夜放送で聴いた時は、翌朝学校で評判になっていました。その後次々と…

この人の、この1枚  『高田渡/ごあいさつ』

高田渡を初めて聴いたのは確か「自衛隊に入ろう」という曲でした。1960年代も後半、学生運動華やかなりし頃、高校生だった私は、高石友也、岡林信康、五つの赤い風船などの反戦歌、いわゆるプロテストソングをよく聴いていましたが、この高田渡の「自衛…

映画『ドリーム』を観る

今日のキネ旬シアターは『ドリーム』でした。 監督:セオドア・メルフィ 主演:タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・L・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナー 制作:アメリカ、2017年公開 この映画は東西冷戦の中、宇宙開発競争で米ソがし…

映画『野生のエルザ』を観る

昨日の自宅シアターは『野生のエルザ』でした。またまた懐かしい映画で恐縮です。これも高校生の頃、当然ロードショウではなく2番館で観たと思われる映画で、若干記憶に残っています。当時、動物映画をわざわざ観に行くはずもなく、何かとの同時上映だった…

アメリカン・メロハー 『コート・イン・ジ・アクト(Caught In The Act)~ギルド・オブ・エイジス(Guild Of Ages)』 そして『アックス(Axe)』

アメリカでは珍しいメロハー・バンド、『コート・イン・ジ・アクト』です。オルタナ・グランジブームがまだまだ健在だったころにデビューし、日本やヨーロッパでも結構な人気を得たバンドです。 メンバーは ダニー・マルティネズ(Danny Martinez,g,vo) アン…

『マイケル・モンロー(Michael Monroe)』と幻の『エルサレム・スリム(Jerusalem SLim)』

今日CD棚から見つかったのは、1980年代に活躍したフィンランドのHM/HRバンド、ハノイ・ロックス(Hanoi Rocks)のヴォーカリスト、マイケル・モンローがハノイ・ロックス解散後に結成したバンドが『エルサレム・スリム』です。 これを買ったのは、確か…

映画『シェルブールの雨傘』を観る

今日のキネ旬シアターは『シェルブールの雨傘』です。 もう何度観たかわからないくらい観ている映画を、またまた観てしまいました。 なんとキネ旬シアターで上映したのです。どういう風の吹き回しか、ジャック・ドゥミ―とカトリーヌ・ドヌーヴの特集をしてい…

アメリカン・ハードロック 『ウィンガー(Winger)』

1980年代の末頃、アリス・クーパーのバンドにいた、キップ・ウィンガーとポール・テイラーが中心となって結成されたバンドです。 正式メンバーは キップ・ウィンガー(Kip Winger,vo,b) ポール・テイラー (Paul Taylor,g,key) レブ・ビーチ(Reb Beach,g) …