Flying Skynyrdのブログ

映画や音楽、本についての雑文

読書

『インタビュー・イン・セル:殺人鬼フジコの真実』を読んで

『殺人鬼フジコの衝動』の続編である『インタビュー・イン・セル:殺人鬼フジコの真実』を読了しました。本編は殺人鬼フジコの二女・美也子が藤子の育ての親である叔母(母親の実妹)下田茂子とその友人小坂初代に藤子についての真相を聞きに行くところで終わっ…

『殺人鬼フジコの衝動』の読後感は

最近、イヤミスなる言葉を知りました。「読んだ後にいやな気分になるミステリー」だそうです。知るのが遅かったですが。 このところ読む小説といったら女流作家が圧倒的多く、たまたまそうなのか、意識して女流作家を選んでいるのかは自分でもよくわかってい…

音楽雑誌のことなど

本棚を整理していたら、いろいろ懐かしい雑誌が出てきたのでちょっと取り上げてみたいと思います。 まずは、『ニューミュージックマガジン』(NMM)。これは1969年4月の創刊だそうです。私は当時高校生で洋楽に嵌りだした頃でした。この翌年から買い始め…

高校時代の読書について

昔のことを書いていると、いろいろと思い出されることが多く、回顧録のようになってしまいますが、それはそれでまあいいかと思い、頭に蘇るまま書き綴ることにします。 今日は高校時代にどんな本を読んでいたかを思い出してみます。まず頭に浮かぶのは、大学…

最近読んでいる本

最近、年のせいか難しい本はさっぱり読まなくなりました。 今読んでいる本は 『思想としての60年代』 桜井哲夫 著 『ゲバルト時代』 中野正夫 著 『祖国と民族を語る』 田宮高麿インタビュー 高沢 皓司 聞き手 これらを並行して読んでいます。ただ単に昔を…